野球

ヤクルト戸田球場企画チケットを見てました

2013年05月05日 日曜日 祝日

今シーズンからヤクルト戸田球場で土日にイースタン・リーグのヤクルトのホームゲームがある場合、チケットが発売されることになりました。
なんでも、選手とキャッチボールもできるらしいので、草野球おじさんとしては、ちょっと萌え、て感じなので、様子を探りに行って来ました。

自宅から自転車で戸田グラウンドまで約30km。すぐ隣に彩湖があったりして良い場所なので、スポーツ自転車おじさんの私は、年に数回自転車でやって来ます。

さて、そのチケットですが、こんなメニューになっております。

picasa photo

チケットを買うと、数少ない観覧用の席が優先されるのと、それプラス色々オプションがあります。

一番、お手軽なのが、ベースランニング参加券付きチケットで500円。

段取りは以下のようになっております。

picasa photo

試合開始直前に、みんなでグラウンドを走るんだよ。楽しそうだね!

今日は子供の日ということもあって、親子で走ってます。

picasa photo

お〜まだまだ走ってる。こんだけチケット売れたら、もう満席だね。

picasa photo

この企画チケットですが、経営者的観点から見ると、まあ、100枚くらいは売れてるとしても、とりあえず運営費が出る程度で、とても利益は出ないと思います。

ヤクルト球団も、純粋にファンサービスの観点で2軍を活用する気になったのかな?

素晴らしいんじゃないでしょうか。

で、観覧席の方はこれがネット裏席↓

picasa photo

これ、ちょっと前までは、すごい安普請で今にも崩れそうだったけど、かなり補強したんだね。
で、一塁側席がこれ↓

picasa photo

こんなのは去年まで無かった。

さて、草野球おじさん的に萌えるのは選手とキャッチボール権付きチケットなんだけど。キャッチボールの相手が貼りだされています。

picasa photo

お〜飯原がいるじゃない。これはキャチーボールしながらバッティングのアドバイスもしてやろうか!

「君ね、外に逃げる球を無理やり引っ張るからショートゴロにしかならないんだよ!わかるかな〜」

なんて感じで。
と、思っただが、段取りを見ると↓

picasa photo

一球終わると列の後ろにならんでって感じでやるようです。これじゃ選手と会話できない。まあ、そうだろうね。
キャッチボールと、ノックは試合後にやるようなので、チケット売ってるおねーさんに

「キャッチボールのチケットは今からでも買えるのでしょうか?」

と聞くと、買えますとの事だったので、遅れて来ても買えるようです。
一瞬、じゃあ買おうかと、思ったが、今日は試合終了までいる時間が無いので断念。←グローブも持ってきてないしね

ただ、遅れて来てチケット買った場合、もう観覧席はいっぱいで座れないかも。

なお、さらに詳細に聞いたところ、キャッチボールは公式球で、ノックは軟式球でやるそうです。いずれもグローブは自分で持ってくる必要があります。

チケット買わない派の方々は概ねこちらの、戸田名物、土手アルプススタンドから観戦します。

picasa photo

土手からの眺めはこんな感じ。

picasa photo

本日の走行距離 61.8km

P.S.この企画の様子の動画が投稿されましたのでシェアします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が軍健闘するも力わずか及ばずサヨナラ負け

2012年09月08日 土曜日

自転車ファンの皆様には申し訳ありませんが、今日は野球ネタであります。

と、いうのも、我が社の野球チーム、このところブログのネタにもならないようなアホらしい試合ばかりをしておりましたが...

今日の試合は久しぶりに頑張りました! スゴイ! ホメちゃう!

というわけで、野球ネタであります。

本日は、11時より光が丘公園野球場にて試合、という事で、9時過ぎに自宅、国立を自転車で出発、1時間半程で到着。片道、約24km。

Dsc_0016resized

本日の対戦相手は、セントルイス・カージナルス風のユニホームのその名も「埼京カージナルス」

P1020302resized

着いてから気がつきましたが、このチームは主に手話でコミュニケーションしている、耳の不自由な方中心のチーム。

以前、試合をした記憶がありますが、非常にミスのないチームで、対照的に大雑把な野球の我がチームは、前回の対戦で手も無くひねられたでありました。

監督からの情報によると、今季、一試合も負けていないらしい。

言っときますが、うちのチームなんか、今季、一試合も勝ってないもんね!←堂々と言うな

このところ、我がチームの投手陣は、監督のサウスポー「ザッキー」以外は、どいつもこいつも、四球連発という、投手陣壊滅状態のため、今日は、助っ人「山ちゃん」を先発お願いしちゃいます。

P1020303v01resized

この人、見た目は、ガリ勉でスポーツ出来ない、へなちょこ野郎が人数合わせのために無理やり連れてこらされて、やらされている...という風貌ですが...

実はピッチャーもキャッチャーも含めて、全ポジションをこなせて、しかも、その全てのポジションで他の誰よりもウマイ! と、いうスーパー・ユーティリティプレーヤーなのです。

残念ながら、我が社の社員では無くて、他のチームに所属しているため、助っ人の位置づけですが、もはや、自社社員だけではチームが成り立たない現状で、とっくに純血主義は捨てている我がチームなので、すでにそんな事にこだわる必要も無いようにも思えます。

と、いうわけで、我が軍先攻で試合開始。

相手ピッチャーは、サイドスローの軟投派投手。

初回、タイミングあわず、我が軍0点

その裏、先頭バッターのセンターへの飛球を、二日酔いでセンターを守っていたヨシダが目測を誤って、頭を越されて早くもピンチ。←まあ、記録上は2ベースにしておく

後続を粘りで打ち取るも、1点先制される。

その後は両軍スコアボードに0を並べる息詰まる、投手戦....

いや〜、山ちゃん、堂々たるピッチングだよ!

時折、ヒットでピンチを向かえるも風貌に似合わぬパワーピッチングで三振を奪取。

守備陣も堅実なプレーで隙を見せない。

まるで、名古屋ドームの中日戦のような地味な展開で6回の表を向かえる。

この回、少々疲れの見えた相手ピッチャーからようやくチャンスを掴んだ我がチームは、2アウトから、6番、助っ人、ホシノの友達君←ゴメン、名前知らない が、レフトへ痛烈なヒットで待望の1点を取ってついに同点。

なおも、ランナー二人を残して、バッター、俺!

そこで、相手チーム監督、タイムを要求。すでに、ブルペンでは剛球投手の投球練習が佳境に入っていた。

おっと、ここで投手交代のようであります!

どうやら、この場面でついに、エース投手を投入して来るようだ。

まさか、うちのチームごときにエースを投入するまで追い込まれるとは、予想外であったろう...

しかし、選手層厚すぎない?

大体、エースを温存してしかも、自チームの守備中にブルペンで受けるブルペンキャッチャーもいるんだから。

うちのチームなんかいつも人数ギリギリなので、守備中のベンチはもぬけの殻...当然、女子マネージャーなど居る筈もない。←女子マネージャー募集中

↓こんな見た目の混成チームであります。ヨシダは元トラック運転手だし..←それは関係ない

P1020305resized

こんな環境に差がある弱小チームが、強豪チームのエースを引きずり出す展開!

いや〜、よくあるスポ根ドラマのネタになってきたね...

普通、この場面に現れるバッターには色々な過去があったりして、それが伏線としてドラマが盛り上がるんだよね。

で、今回バッターに立つ私ですが、このチームの会社の社長、チーム最年長の現役選手、趣味は自転車...←伏線としてはつまらん

さて、交代した、相手ピッチャーの投球練習を見ると、さすがにビュンと早い球を投げて来ているが、私は、若い頃、府中の草野球リーグで、速球投手に少々揉まれた経験があるので、むしろそこそこ速い方がタイミングが合うんだよね。

審判が、プレイをコールして試合再開。

一球目はストレート、低めにボール。

初球はいつも通り狙っていたけど、低すぎ。速いけど、全然イケる感じだ。

その後、カーブとかも交えて2球見逃しで2ボール1ストライク。

この審判は低めに相当甘い。プレート上に来たら低めでも手を出さざるを得ない。

で、次に来た低めのストレートを打ったが、残念つまってファーストフライだった。

ボールが低い分、バットの出が遅れて食い込まれてしまった。

チェンジとなって、ドラマは、先に持ち越し....

6回の裏、7回の表も地味に0点となり、7回裏の守備。

軟式野球のルール上7回が最終回。しかし、この地味な展開の試合でグラウンドの制限時間にはまだ余裕があるので、7回の裏を抑えれば延長戦となって、まだ我が軍逆転勝利のドラマの可能性はある。

最終回、7回の裏

あっという間の出来ごとでよく覚えていないのだが...多分、先頭バッター

山ちゃんの投げたボールをバッターが鋭く叩いた球がレフトへと飛んだ!

「あ〜」という情けない我が軍レフトの声が聞こえたので、これは抜かれた、と、セカンドベースのカバーに入ると(いい忘れましたが私の守備位置はセカンドです)

ボールは光が丘公園野球場独特の敷居の低い土手をきわどく超えて消えて行った..

なにこれ、これって、ひょっとしてホームラン?

サヨナラホームラン!

山ちゃん、マウンドでうずくまる...←うずくまる写真はありません

いや、山ちゃん良く投げたよ。なんと、6回0/3無四球、完投だよ。

我がチームも、失策0という、混成、どこの馬の骨軍団としては今季最高の内容だったと思います。

P1020299resizedresized

いや、敗戦とはいえ、次につながるいい試合だった。←6回にあんたが打ってりゃ勝てたのに←それをいっちゃーおしまいよ

本日の走行距離 49.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズンも現役選手で第1戦

2012年04月21日 土曜日

今日は、自転車に乗って片道30km走って、我が社の野球チームの試合に行って来ました。
しかし、内容の無い試合でホントはブログに書く程のネタは無いんだけどね...
チームのみんながきっとボクのブログを心待ちにしているだろうからね~
なんとか書きます。

30km走って着いたところが、戸田市笹目公園野球場

P1010404resized

しかし、そもそもくじ運の悪い監督がちっともグラウンド申し込みの抽選に当たらないし、なんとかグラウンドを確保できた日に限って雨が降る...と、すでに野球の神様に見放されている感のある我がチーム。4月の半ば過ぎになってようやくシーズン第1戦とは、なさけない。
しかも、練習無しのぶっつけ本番。久しぶりにボールを握ったと思ったら、

「ベンチ前!」

と、審判の声がかかって、「もう試合かよ..」って感じ。

しかも、今日は八方手を尽くしていろんなツテから助っ人を集めてようやく9人になったという状態で、ベンチスタートでサボるという手もつかえない。

などと、グチを言っていてもしょうがない!
さて、元気を出していきましょう!
とりあえず、口は達者な我がチームのキャッチャー吉田↓

P1010403resized
先発は、若手No.1の星野

↑う~ん、なかなかのへなちょこ球だな。

さて、試合がはじまり、先攻のわが軍は思ったとおり3社凡退。そのうら、満塁のピンチを向かえるも、最小失点の1失点に押さえる。

2回わが軍の攻撃は特にチャンスらしいチャンスもなく0点。そのうら、またも満塁のピンチを向かえるも、またも最小失点の1失点に押さえる。

3回わが軍の攻撃は、どうだったか覚えていない程度の攻撃で0点。そのうら、またまたピンチを向かえるも、最小失点の次の2失点に押さえる。

4回わが軍の攻撃は、全然覚えていないがとにかく0点。そのうら、またもドタバタのピンチを向かえるも、最小失点の次の次の3失点に押さえる。

5回わが軍の攻撃は、とにかく0点。そのうら、またもピンチを向かえ...て、

もう忘れたよこの先は。

とにかく、先発星野は回を重ねるにつれ指数級数的に四球を重ねて自滅。

みかねて登場した左のエース兼くじ運の悪い監督、ザッキーも指数級数的以前の問題で最初っから四球を重ねて自滅。

まあ、チーム全員、今日の試合やりながら野球のやり方をようやく思い出してきたかな?っていう状態で今日はウォーミングアップと考えて、次からちゃんとやりましょう。

もっとも、ボクもバッターボックスから見てどの辺までバットが届く範囲だか思い出せなくて、2三振、1ピッチャーゴロと、全然ダメだったしね。

なんとか、守備機会はヘロヘロ状態ながらこなしたが。

しかし、2打席目に、結構タイミングが合ってきた感じもあるので、今後に期待してください。

本音を言うと、自転車で走ることに関しては、まだまだ元気だけど、野球に関しては1年ごとホントに衰えを感じるようになってきました。

しかし、人数ギリギリのチーム状態から考えてもまだまだ引退するわけにはいかないのだ...ガンバリます。

本日の走行距離 67.2km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

城北中央公園で試合

2011年10月01日 土曜日

いつも、くじ運の悪いウチの会社の野球チームの監督が久しぶりに大当たりして、今日は城北中央公園のグランドを3コマ分(1コマ2時間)も抽選で当ててしまったそうだ。

よりによって、なんで同じ日に3コマ当てるんだ。

さすがに、体力が持たないので、1コマはキャンセルして、試合と練習ということになりました。

いつものLCリーグのチームは都合がつかないという事で、監督がネットで公募して、フューチャーズさんというチームとの対戦。

LCリーグの連中とはそこそこ良い試合するのだが、たまにネットで公募して来たチームって、大抵めちゃくちゃうまい連中だったりして、つりあわない場合が多いんだよね。

で、今日の相手は...
試合前の練習を見て唖然...若いし(大学生という噂も)スピードが全然違う...

すでに「今日は10点差以内の負けなら勝ちとみなそう!」という声がベンチに挙がる。

さて、先週の試合で謎の中国人「錦」がつれて来た謎のスウェーデン人デビットが、先週の野球初体験でハマってしまったらしく、今週もジャージ姿で現れました。
しかも、さらに友達の謎のアメリカ人、ビルを連れてきた。←ますます、ややっこしくなってきた

今日のグランドは城北中央公園。

100_0460resized

デビットがつれて来たビルはアメリカ人だから、少しは野球が出来るのだろうか?

「Have you ever played baseball?」

と英語で聞いたら、

「うん、14歳のころ、やってたことあります」

と日本語で応えた。

なら、デビットよりマシかな..とおもったが、ビルの打席↓

100_0461resized

結局、デビット以下のド素人だった。

しかし、ド素人外人二人のハンディを抱えつつ、この強敵チームに対戦するということは、先が思いやられる。

相手のピッチャーは若さでぐいぐい押してくる。

LCリーグにはあまり居ない、100km/hr以上は優に出ている我々のレベルでは速球投手。

それに対して、我が軍の先発は、最近好調の右のエース「星野」が欠席なので、左のエース、超低速範囲の緩急が持ち味の監督、ザッキー

勝ち目の無いゲームに思われたが、先発のザッキーは、いやに低めを取る審判を見方に付けて絶妙のコントロールで好投しました。

しかし、いつも彼は、相手のチームのレベルに関係なく、押さえるような、打たれるような..

多分、今日、我がチームでは本格派の星野が先発していたらメッタ打ちされていたのではないかと思います。

しかし、打線の方がまったくふるわない..3回あたりまで、パーフェクトに押さえられ、5回にようやく四球と相手エラーで、1点を返すが、ヒットは未だに出ない。

その後、四球のランナーが2、3塁に進んで、2アウトで私の打席。

正直、先週の超遅球の錦に比べれば、今日のピッチャーの方が私にとっては打ちやすいんだよね。

何故かというと、歳を取って目が悪くなってるけど、この位のスピードだと昔経験したタイミングに近いので、若い頃身についたカンだけで、バットが反射的に出る。

この打席、カンで出したバットで打った打球はセカンド正面への低いライナー。

相手セカンドはあまりの強烈な打球に←本当はあまりにへなちょこな打球でタイミングが合わず...グラブに当てるも、後逸してランナー生還!

貴重な2点目を叩き出しました。

相手セカンドはこの打球の処理で突き指をしたらしく、途中退場。

しかし、記録はセカンドのエラー?

我がチームの公式記録員の見解です..

セカンド強襲ヒットじゃないのー?相手選手、俺の打球で怪我してるんだぜー。

でも、やっぱりエラーだそうです。

さて、10点差以内の負けなら勝ちとみなそう、と、悲壮感一杯で臨んだゲームですが、終わってみれば、2-4の接戦負け↓

100_0462resized
監督、落ち込んだ表情ですが↑この結果は勝ちに等しい健闘ですよ。

結局、我がチームは2点は取ったものの7回やって、一本もヒットが出なかった。

そういう点でも、僕のセカンドライナーヒットにしておきましょうよ、だってノーヒット負けじゃ屈辱でしょ。僕のが一番ヒットっぽかったし。他にろくな当たり無かったんだしー。

と、食い下がったがダメでした。

このあと、監督の当てた2コマ目は、相手チームの若人と共に練習しました。

サード、ショート、セカンド、ファーストと、各人の守備位置に順番にならんでノックを受ける守備練習は、最初、デビットとビルには何をやっているのかさっぱり理解出来ない様子。

「練習だよ、練習! わかる? プラクティスだよ、プラクテイス!」

この後、片言の「日本語」で練習のシステムをなんとか教えて、デビットは嬉々としてやっていたけど、ビルの方は「付き合いきれない」という感じ。

デビットが、「これ毎週やってる?」

「やってないよ、練習なんか1年に2回ぐらいだよ」

「ゲームは毎週やってる?」

「毎週じゃないよ」

なんだか、次回は謎の中国人「錦」に代わって、謎のスウェーデン人「デビット」がウチのチームのユニホームを着ているような予感がする...

本日の走行距離 56.5km ←自転車でグランドまで通ってますので。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の中国人「錦」の送別試合

2011年09月25日 日曜日

いつの頃からか、うちの会社の野球チームに謎の中国人「錦(ニシキ)」という選手が居る。
むろん、我が社の社員では無いのだが、なぜか居る。
その錦がこの度、日本人の女性と結婚して、なぜかカナダに帰国するとの事なので、今日は錦の送別試合をやることになりました。

場所は、二子玉川の河原のグランドなので、自宅国立から、自転車で多摩サイ一本で行ける。
最近の週末の多摩サイは、下流に向かうと混んでいてまともに自転車で走れないね。

100_0453resized
さて、グランドに到着。

100_0454resized
これが錦です↓

100_0455resized
横に居る金髪は、錦の友達のスウェーデン人のデビット。スウェーデンには野球などという物は影も形も無いそうで、今日が野球初体験。

まずはウォーミングアップのキャッチボール、ということで、我がチームの監督兼左のエース。ハエが止まるストレートで相手を翻弄するザッキーです。↓


今日の対戦相手は、錦がウチのチームに参画する前から居候しているチームです。つまり、錦はウチと相手のチームと両方のメンバーという事なのだが、錦は相手のチームのメンバーとして出場するとのこと。←それは有利かも..

それで、今日の主役ということで、相手の投手は、先発ピッチャーこれが最初で最後、という錦。

100_0457resized

私の方は、この試合、初めてのクリーンアップ昇格の5番で先発出場したのだが、錦の超遅い球にタイミングが合わず、4打席連続ピッチャーゴロを含む5打数無安打に終わった。

一昨日、100円バッティングセンターで75km/hのスローボールを打つ練習をしたのに、錦の球はそれよりさらに遅かった。

試合の方は、我が軍このところ好調の右のエース、星野がなんとかゲームを作って、8-6の勝利でした。

100_0458resized

ドヤ顔の監督↑それは良いけど、どこを見てるんだ←目が寄ってる

最後に、錦の前途を祝して、胴上げ↓

中国人の錦には最初、胴上げの意味がわからなかった模様だが、いい体験になったでしょう。

それでは錦くん、お幸せに。

ちなみに、スウェーデン人のデビットは今日の初体験でセンター前ヒットを一本打って、野球にハマってしまったらしく、次週のゲームにも来ることになるのです...

なお、帰りは、夜になってしまったので、真っ暗な多摩サイを走るのは以前の経験で懲りているので、今日は府中街道の方に回って帰りました。府中街道は意外にも走りやすくて、暗くなった際の多摩サイの代替としては良さそう。

本日の走行距離 49.2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は特打ち:100円で打てるバッティングセンター

2011年09月23日 金曜日(祝)

せっかくの休みなのに、予想に反して今日は朝から曇り空であまり天気が良くない。
どうしようかな、と考えながら家で「Google+に参加」とか、やっていたら昼を過ぎてしまった。
自転車で出かけるにも、もうあまり遠くには行けないな..
そうだ、明後日、会社の野球チームの試合もあることだし、発想を転換して今日はバッティングセンターに行って打撃練習をしよう。そうだ、そうしよう。
と、いう訳で、目指すは前から気になっていた小金井街道沿いで見かけた

100円で打てるバッティングセンター!

自転車で脇を通過する度にデフレを感じつつ、いつか寄って見ようと思っていた所。

いつものようにサイクリングジャージを着てクロスバイクGiant Esacpe R1に乗って出かけました。

小金井街道はひどい渋滞

100_0433resized
この道は、北に行くにつれ狭くなるのに交通量が減らないから、このあたり(清瀬市)では都内でも最悪級の走り難さ。
しかも、行きの道はルートを間違えて、この都内最悪道路大賞ノミネート級の道を6kmあまり走る事になり、フラストが溜まった状態でようやく到着。ここです↓

100_0432resized
でかでかと「バッティング100円」という看板が気になるでしょう...
自宅国立から清瀬のここまで、約16km。すぐ近くかと思ったら、結構距離がありました。
バッティングセンターに行くのに、自転車で片道16kmかけて行く奴は普通居ないと思いますが、自転車で走るのが私の趣味なので、本当はもっと走りたい気分。

中に入って見ると、15球で100円というシステムのようです。それでも安いよね。

さて、見栄を張っていきなり135km/hのゲージに入りたいところだけど、そんな球投げるピッチャーは我々のリーグには居ないので、まずは現実的なところで、95km/hのゲージに入る。

うーん、これでも全然早すぎるね。たまにこの位の球投げる奴が居ない訳じゃ無いけど...

次、85km/hのゲージで打つ。

これ、かなり、リアリティある感じ。しかし、ポンポン良い当たりが出て楽勝に打てます。

なぜ、この当たりが試合で出ないのか? と、じっくりベンチに座って考えて気がついた!

そーだ、実際の相手ピッチャーは、

この球速よりもさらに遅いからではないか?

そこで、このバッティングセンター最遅の75km/hのゲージに挑戦。

あれ、このゲージ短めのバット1本しか無いよ。ひょっとして、子供しか使わない事を想定している?いかんね、バッティングセンター君。現実のおじさん野球のレベルを認識しないと。顧客のニーズを理解していないよ、まったく...

などと、ブツブツ言いながら、隣の85km/hのゲージから大人用バットを拝借して挑戦。

スピードの感覚はまさに、現実の試合の感じか、いや、これでもまだ早い位だよ。もっと遅い球投げるピッチャーはいくらでも居る。実際、うちのチームの左のエースなんかもっと遅い!
結果は予想通り85km/hに比較して、全然打てない。

やはり、仮説は正しかった。と、いうことはこのゲージでじっくり練習すれば良いわけだ。

ところで75km/hということは150km/hのちょうど半分って事だよね。プロの速球投手は今打っているこのボールがベースに届く頃には往復しちゃう位の早さが出るって事か..

まあ、そんなピッチャーとは一生対戦する事は無いので、考えても意味が無い。

と、いうことで、この後はこの最遅ゲージでじっくり打ち込み。
15球で1ショットというのは、1ショットが短いので、おじさんにとっては、休み休み打てて良いシステムだ。16km走ってわざわざ来た甲斐があった。

ちなみに今回偶然気づいたのですが、自転車用のグローブ↓

100_0434resized
これが、バッティング用のグローブとして十分使えるという、大発見!
おかけで、何百円打っても手にマメが出来ない。

試合でも使おう。違反じゃないよね。

さて、打っているうちに、遅い球を打つコツが解ってきた。
ポイントは二つ。以下備忘録として書いておきます。

1.遅い球は球道をはっきりと見極める余裕があるので、ボールの来る角度を見たうえでバットスイングの軌道をボールの来る角度に正確に合わせる事を心がける。つまり、レベルスイング。これにより、タイミングがズレてもバットで捉える確率が上がる。

2.タイミングがズレてバットが先に行き過ぎると、左手一本の片手打ちになってしまうので、意識して、右手でボールを捉えるイメージで打つ。

なかなか、収穫の多い練習になりました。

本日の走行距離 31.4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LCリーグ 北区中央公園野球場で試合

2011年09月03日 土曜日
この日は、16:00より我が社の野球チーム、エンジェルスの試合の予定であります。折しも、台風12号がこの日、日本列島を直撃という事で数日前から、この日のゲームは、

絶対中止!

と、チーム全員が思っていたはずですが、朝起きてみると、雨は降っていない。

しかも、中止の連絡もない。

そうこうしているうちに、昼過ぎになって

決行!

という連絡が来た。

うーん、一度、中止と決めつけていた所、決行となると気持ちの切り替えが難しい。しかも、いつもどんなに遠くでも、はりきって自転車に乗って出かける私ですが、今日は台風の強風が危惧されるので、大事を取って電車で行く事にしたので、益々、気分が盛り上がらない。

ともかく、電車で現地に到着すると、グランドに水が浮いているところが、数ヶ所ある。なんでも、1時間前くらいにザッと降ってきて、こうなったらしく、それまでは、コンディションは上々だったようだ。

仕方がないので、トンボを使って取りあえず、水を散らす。大体こうなるとみんな、真っ先に自分の守備位置周辺を直しに行くよね。普段ノウハウが無いので、トンボなんか扱わない私も自分の守備位置セカンドの周辺を一生懸命直しました。↓

100_0363resized

ともかくも、なんとか試合開始。

今日の我が軍の先発は、2年連続チームMVPの若手No.1、ホシノ。

前回の試合で好投した、左のエースのザッキーが、ハエの止まるようなストレートと、蚊も見放すカーブの緩急で←どんな緩急だ!勝負するタイプなのに対して、今日のホシノは力で押さえに掛かる。

100_0364resized

相手が女だろうと、容赦ないパワーピッチング(相手チームに女子選手がいました)で、外野にボールを飛ばさない。

守備も、エラーでランナーを出しても、5-4-3のダブルプレーでカバーする等、固い守りで、3回までノーヒットノーランに押さえる。

一方、攻撃は相手の守備のミスも絡んで猛攻を仕掛け、3回終了時点で、14ー0と圧勝ムード。

私は、左手人差し指の亀裂骨折の影響でまだ指が痛いので、DHスタートで守備に付かなかったが、4回からセカンドに出場。

ここで、守備陣形が変わった影響もあって、バランスが崩れて相手に1点を与える。

5回、ホシノは相変わらず、女子選手にも容赦ない力勝負で挑むが、センター前に痛烈に打ち返される。しかし、センター、ヨシダは対女子選手用、超前進シフトで難なくキャッチ。

しかも、10点以上リードしているのに、1アウト2塁3塁から内野前進バックホーム体制を取るなど、血も涙も無い鬼のようなゲーム運びで、その後も相手の攻撃をシャットアウト。

しかし、格上のチーム相手の時も今日の様な鬼のような勝負強さを見せてほしいよな...相手が強いとすぐ自滅する。

攻撃の方は、相手ピッチャーがより遅い球を投げる選手に代わって、タイミングが合わなくなって、レベルダウン。

我が軍は6回から、2番手、タムラ投手にスイッチ。外野にボールを飛ばされるも、外野の守備も固く。無難に押さえる。

ここで、時間切れ、試合終了。

結果、18-1の大勝でした。

100_0365resized

↑写真の選手は今日は目立たなかった、監督件左のエースの超軟投派投手、ザッキーです。

わたしの方は、今日は4打数1安打。相手のピッチャーを思えばもっと打てていいような気がしたけど、まだまともにバットが握れない状態だからしょうがないかな...

チームの皆さんお疲れさまでした。

100_0366resized

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LCリーグ 怪我から復帰戦

2011年07月02日土曜日
本日は会社の野球チームの試合であります。
4月末にマウンテンバイクのスクールでしごかれて、左の人差し指を亀裂骨折した関係で、前試合を欠場していた私ですが、なんでも、私が抜けた穴は大きく、前試合は特に守備に破綻をきたして大敗したそうです。

しょうがないなー、まだバットがまともに握れない状態だけど、みんなの期待に応えて出場するか~、ということで出かけました。

ここ2週間ほど、週末、家でずっとコードを書いていたので、久しぶりに自転車に乗りました。

目的地は、光が丘公園。久しぶりの自転車なので、余裕を持って、少々早めに出発。クロスバイク Giant EscapeR1に乗って行きました。

自宅国立から光が丘公園までは、五日市街道、青梅街道、仙川通りから北に向かう、以下のようなルートです。↓

より大きな地図で 光が丘公園帰り2011-07-02 を表示

↑もっとも、上のルートは帰りに採ったものですが。

早めに出発した関係で、開場の時間の35分も前に着いてしまった。時間があるので、光が丘公園内を散歩して、写真を撮りました。

100_0110resized

ここは、1970年代まで在日米軍のグランドハイツ(つまり住居)だったところだそうです。

100_0111resized

驚く程の広さでは無いですが、これだけのゆったりとした空間はありがたい感じです。戦後、無計画に乱開発を続けてしまった東京にあっては、米軍からの返還地というような理由が無いと、この程度の公園も存在し得なかったでしょう。

こんな感じの、草陸上競技場みたいなのもあります。↓

100_0109resized

で、我々がお世話になるのは、野球場↓

100_0112resized

まだ、前のコマの時間帯で少年野球の練習中。

さて、ようやく時間になって、ウォーミングアップ中

100_0114resized

先攻の我がチームはいきなり初回に4点を取る好調な立ち上がり!

今日の先発ピッチャーは監督件、左のエースのザッキー。しかし、1回の裏、満塁ホームランを含む2者連続ホームランを打たれて早くも4-5と逆転される。

しかし、ここのグラウンドは、正方形の敷地に4面グラウンドを取る方式で作られていて、それぞれのエリアの境に小さい土手があって、そこを越えるとホームランなので、ホームランが出やすいのだよね。

しかし、その後も我がチームはメゲずに得点を加える。

一方、相手チームは2回以降、37歳←ガイエルと同じ歳熟練の投球術を見せる、ザッキーに抑え込まれ、沈黙。

しかし、セカンドのポジションで見ていても、うちの監督はすっかり、大人のピッチングを身に付けた感じだね。1回こそ、今日の審判のストライクゾーンを探っている過程で、甘い球を打たれたけど、その後は、特に左投手特有の、右バッターの膝下に食い込んでいくスライダーでカウントを取れるので、安心して見ていられた。

今日の審判との相性が良かったのだろうけど、アウトコース低めいっぱいのスクリューみたいなボールもあって、←ストレートが単にシュートぎみに行っておじぎしてただけかも?今シーズン最高の出来だったと思います。正直見直しました。

私の方は、左手の人差し指がちゃんと曲がらないので、バットも指を浮かして握っている様な状態。

この状態で打つとしたら、バットを短く持って当てていくしかない。

イメージ的にはヤクルト、宮本 慎也の流し打ち。意識するポイントは2点あります。

  1. 手首をインパクトまで返さない。つまり、ボールを捉える時点で、バットのヘッドよりも手首の方が前にあるイメージ
  2. スイングスピードは遅くても良いので、バットの芯で捉えることに集中する。

ようやく、3打席目にイメージ通りのバッティングでライト前ヒットを打ちました。

今日はこのヒット以外にも3塁前超ボテボテの内野安打があったので、一応、3打数2安打!。

5回の裏で、6点リードなので、ザッキーもバテバテということで、初の試みで、助っ人に来てくれている選手で一番肩が良い方にリリーフをやってもらったら、大乱調でゲームがグダグダ状態になってしまった。

しかし、ここで、時間切れ、ということで、何とか今日は勝利です。

100_0116resized

これ、5回裏は点が書かれてませんが、2点取られたところで時間切れで我がチーム(A)の勝ちです。←先攻が有利じゃん

最後に、みんなで記念撮影

100_0117resized

一人だけ自転車の、きのこ頭風ヘルメットを被っているのが私です。もう自転車に乗って帰ろうとしていたところなので..

本日の走行距離 50.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練馬区城北中央公園 今度は野球の練習で転倒

2011年05月14日 土曜日
本日は野球部の練習であります。
場所は北区中央公園。11:00より、ということで、例によって自転車(Giant esacape R1)
に乗って出かけました。
行きのルートです。↓

View 北区中央公園2011-05-14 in a larger map

到着してみると、なぜかチームのメンバーが見当たらない。おかしいな?..と、頭に3つくらい?マークを浮かべながら、IS03(スマホ)でスケジュールを確認すると..

「14日土曜日 練馬区城北中央公園

ありゃ、場所、間違えた!北区中央公園は来週だった。「北」と「中央公園」が入っているので紛らわしいよね。

練馬ということは、かなり行き過ぎた感じだけど、そんなに遠くは無いだろう。IS03のGoogleMapの経路機能で確認すると、ここから6km弱で行けるようだ。

まあ、今日は試合じゃないので、遅刻しても、そんなに迷惑かけることも無いだろうから、のんびり行きましょう。

GoogleMapを確認しながら行くと、帝京大学病院あたりから、環七を行けと指示している。

環七?あんな道自転車で走りたくないな、と思って地図を見ると、目の前にある川沿いを走って行けばそのまま、目的地、練馬区城北中央公園まで行けそうに見える。

と、いう訳で帝京大学病院前から川沿いルート走って行きました↓


View 帝京大学病院から城北中央公園2011-05-14 in a larger map

ところで、この川はなんという名前の川なのだろう。←石神井川でした

川沿いの道というのも橋の度に左右を確認しながら走ったりしなければならないので、スピードが出なくて疲れるね。

で、ようやく到着。

100_0073resized

しかし、グローブを付ける時、改めて思い出したけど、先日マウンテンバイクで転倒して、左手の人差し指を突き指してるんだよね。はたしてボールをキャッチできるのだろうか?

さっそく、練習に加わり、内野ゴロのノックを受ける。

この練習の場合、守備位置で並んで待っていて、順番でノックを受ける訳ですが、自分の順番が回って来ると、ノッカー(バッター)が守備位置の選手に「オイ!」と声を掛ける。

これに、守備位置の選手が「オー!」てな感じで、応えて、ノックのボールが飛んで来る、という段取りになっている訳ですね。

そういう、体育会系のしきたりを知らない私は、守備位置で黙ってボールを待っていたら、ノッカーが何度も「オイ!」と言っているので、「こいつ、何言ってんだろう?」と不思議がっていたのですが、ようやくそれに気づいて、文科系的に「オ!」と応えたら、みんなに笑われました。

ノックを受けているうちに、体の右側に強めのゴロが来た。

横に走ってバックハンドで見事にキャッチ!したまではよかったのだが、ここで本当は右足をタイミング良く踏ん張って体を止めなければならないのだが、そんなに器用に体が動かない。

体の勢いのまま、そのまま、2、3歩走ったが、若い頃とは違って、足が自分のイメージ通り前に出てこない。上半身だけが勢いのまま前に進むので体がどんどん前に傾いて行く訳だよね。

「あ、こりゃだめだ!体が吹っ飛ぶ」と頭で冷静に意識した次の瞬間!

なんと予想したイメージ通り、体が飛んで右の胸から落ちました。←なんで、コケるときはイメージ通りなんだ!

またもや、みんなに笑われるも、なんだが、スポーツやっていて転倒するのは、子供の頃に帰ったようで、めちゃくちゃ楽しいのです。でも、かなり痛いけど。←子供の頃はコケても痛くなかったのに..

さて、突き指の影響は実はバッティングの方の影響が大きくて、バットをまともに握れない。

結局、今日のバッティングはほとんど外野にボールが飛ばなかった。←選手諸君、ホントは私のバッティングの実力はこんなものでは無いのだよ..

練習後は、グラウンド整備↓

100_0072resized

今日は、大して距離走っていないのに激しく疲れた。右胸が痛いし..

本日の走行距離 65.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸田で斎藤佑樹を見る

2011年04月10日 日曜日
今年のプロ野球開幕は、節電のためまだ始まっておりませんが、実はファームの公式戦はすでに予定通り開幕しているのです。←電気使わないしね
贔屓のスワローズは今日、戸田でファイターズと試合のようなので、自転車で出かけることにしました。
自宅国立から行きは秋ヶ瀬橋を目指して彩湖沿いの道を走って到着のルートで行きました。

より大きな地図で 戸田行き2011-04-10 を表示

↑全生園を過ぎて小金井街道に左折する前に手前で左折してしまいUターンして戻った。

その先、小金井街道から右折して柳瀬川通りに入ってから志木市役所までの間は、交通量も少ないし信号待ちもあまりないので、私の知っている限り、街中の道としては最も快調に走れる区間です。

ところで、小金井街道沿いに「100円」と看板が出ているバッティングセンターがあったのが気になる。このデフレで100円のバッティングセンターが登場したのであろうか。ひなびた感じだったけど。(尤も、バッティングセンターというのは大抵ひなびた感じなのだ)

今度行ってじっくり練習しようかな..

彩湖公園に到着。いつになく人出が多い。

Photo

ここから彩湖を囲むサイクリングロードは、毎年アマチュアの自転車の記録会が開かれるほど広くて贅沢な道です。でも今日は人出が多くてスピードが出せなかった。

ようやく、ヤクルトの戸田グラウンドに到着したら、いつもと雰囲気が違う?少なくともいつもの3倍位の人が集まっている。ブルペンの横も人が多くて近づけないので、とりあえず、土手から見よう、と土手の方に行っても、こんなに人がいます。

Photo_2

去年の夏行ったときの写真と見比べてくれればその差が歴然だと思います。

やっぱり、一軍が開幕しないので、みんな野球が見たくて急にイースタンリーグの人気が上がったのであろうか?いや、こういうケースは大抵、超有名人が来てるとかそういう理由なのでは?

ひょっとして、と、ファイターズのピッチャーを見ると、あ、やっぱり、斎藤佑樹君です。

Photo_3

なにしろ、人が殺到していて近づけないので遠目の写真しか撮れない。

スコアボードを見ると..

Photo_4

斎藤君、先発だったのかな?だとするともう5点も取られてる。

土手の人ごみの中にとりあえず場所を確保して、こんな感じの角度から野球見物。遠いな..

Dscf2596

斎藤君のピッチングの方は、私が来てからの2イニング(6回、7回)は高井 雄平君のピッチャー強襲内野安打1本に抑えて、無失点でした。当目から見る感じでは、ボールの威力は、2軍でも並程度かな..コントロールは良さそう。

この後、試合の方はスワローズのリリーフ、一場、佐藤 賢の不甲斐ないピッチングもあって、逆転されてしまいました。

一場は相変わらずノーコンだね。リリーフに出てきて、フォワボール、ワイルドピッチ、フォワボールで交代だったかな。

時間も無くなってきたので、9回の裏を見ないで、帰路に向かいました。帰りは幸魂大橋を渡って朝霞経由で帰るルート。この方が2k程短く30km弱で行けます。

より大きな地図で 戸田帰り2011-04-10 を表示

新小金井街道は広くて自転車レーンもあって良いのだが、信号が多すぎる。

本日の走行距離 61.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)