« 国体ロードレースのコースで九頭龍の滝 | トップページ | 吉野梅郷へ ペダルが重い »

快晴の神戸岩、それから名も無き滝

2013年10月27日 日曜日

台風一過で快晴なので、今日も自転車で出かけます。

多摩サイ->睦橋通り->檜原街道と走って、払沢の滝入口。
ここを通過して、今日は神戸岩の方に行きます。

picasa photo

途中、都道際にある、茅倉の滝
昨日の大雨の影響か、轟音とともに豊かな水量で水が流れ落ちてます。

picasa photo

いつもは、あんまり存在感の薄い感じの滝だけど、今日はなかなか立派なお姿。
先に進みます。
神戸岩入り口バス停。ここを右折。

picasa photo

この先は、登りがきつくなって、林道風の道になります。

picasa photo

右折してから2.7km、払沢の滝入り口からだと5kmくらいで神戸岩到着。
青空と白い雲に映えて、実に立派であります。

picasa photo

いい眺めなので、もう一枚。

picasa photo

岩の下には沢の横を通って向こう側に行けるアドベンチャールートもあるよ。

picasa photo

おじさんはこういうとこには行かない。

神戸岩の下を貫通している恐怖のトンネル神戸隧道。

picasa photo

ここまで来て、調子が良ければ、ここを抜けて鋸山林道->大ダワと走って、奥多摩まで行こうかと思ったのだが、それは次回にして、今日は戻ります。

と、いうのも手前のロッジ神戸岩の直前に林道の入口があったのを見つけたのであります。

ちょっと気になるので今日はそちらを探索してみようと思います。

ここが入り口。

picasa photo

実に、林道探索でお馴染みの、タマチャリン君のブログ的展開ですが、ここを行ってみます。

沢沿いを行く道。

picasa photo

林道 水の戸線という道であります。

picasa photo

道は斜度を上げ、12%の激坂となる。道が荒れてます。杉の枝が散乱。

picasa photo

さらに、先に進むと路面に水が流れて、杉の枝とか苔とかが一体になって、路面が滑る。

picasa photo

これじゃあ、怖くて自転車に乗れない。

横を流れる沢は清流。

picasa photo

タマチャリン君、この道知ってるかな?

まあ、林道のオーソリティで、沢好きのカレのことだから当然知っているだろうが。

滑る道を恐る恐る自転車を押して登ると、道が未舗装になった。

picasa photo

むしろ、この方が自転車に乗れる感じ。

さらに進むと、また滑る舗装路になったりするが....

picasa photo

ここで、道の右側に沢へと落ちる滝が出現!

picasa photo

なかなか立派な滝じゃない。

案内板とか無いので、檜原村、滝シリーズに含まれているようなものでは無いようだ。

ひょっとして、大雨の翌日のみ現れる滝だったりして。

いずれにしても、大発見!とまでは言わないが、ありがたく拝見いたします。

で、先に行くとこんな感じ。

う〜ん、よくあるタイプの草むら林道だな。

picasa photo

この手の道は、先に行ってもなんにも無くて、唐突に行き止まりになって終わるパターンがほとんどなんだよね。

でもまあ、ここまで来たんだから、一応先がどうなってるのか見てみましょうか。

これって、完全にタマチャリン君ブログのパターンだな。しかし、行き止まりまで確認したくなるカレの気持ちがよくわかる。

無理に自転車乗るの面倒になってきたので、自転車置いて徒歩で先を偵察してみます。

picasa photo

先を進むと、予想通り行き止まりに。

picasa photo

さらに先を見ると、あそこにあるのは橋だろうか?だとすると、この先登山道はあるのかも。

picasa photo

全長1.5kmくらいかな。実に走りにくい林道でしたが、途中滝を発見出来たのが収穫であります。

本日の走行距離 78.9km

P.S. 帰り道の秋川沿いの道

秋川に注ぐ水路が溢れそうになってた。

picasa photo

|

« 国体ロードレースのコースで九頭龍の滝 | トップページ | 吉野梅郷へ ペダルが重い »

自転車」カテゴリの記事

コメント

水の戸線でしたっけ
途中まで行きましたが
その日は鋸山を超えようと思ってたので
引き返しました
あの道の先にあの様な滝があったとは驚きですね
秋川も水量が多いですし、
あの滝は雨期限定の流れ込みですかね?
冬場の水量が少ない時に確認に行ってみたいですね

投稿: タマチャリン | 2013年10月27日 (日) 20時22分

そうですか、タマチャリン殿も未確認の滝でしたか。
確認できたら、またブログで報告ください。
期待しております。

投稿: IT社長 | 2013年10月27日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/53739887

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の神戸岩、それから名も無き滝:

« 国体ロードレースのコースで九頭龍の滝 | トップページ | 吉野梅郷へ ペダルが重い »