« 時坂峠の茶屋から林道瀬戸沢線 | トップページ | やっと辿りついた、八王子とあきる野の境、金剛の滝 »

日の出町、白岩の滝で避暑、それから精霊の蝶

2013年09月01日 日曜日

9月になったのに滅茶苦茶暑いね。
実は昨日も暑い中、自転車で出かけて、60kmも走らずに帰ってきて、それでもバテバテ状態だったもんね。

今日も寝坊してしまって、遠くには行けないので、日の出町の白岩の滝まで行って涼んで来ることにしました。

多摩サイから、睦橋通りを走って武蔵五日市駅に到着。

picasa photo

ここを右折して、エンヤコラと坂を登って行った先のつるつる温泉入り口交差点を左折。

picasa photo

ここから、平井川沿いの道をじわじわと、登る登る...7or8kmほど登る。

つるつる温泉の手前にある白岩の滝バス停。 ここを左に入って、森の中へと向かう。

picasa photo

道は斜度を上げて10%前後となります。

picasa photo

基本的には、舗装路です。かなり荒れてるけど。

picasa photo

最後の方は一部未舗装。

picasa photo

入り口のバス停から1km弱で白岩の滝前の駐車場に到着。

picasa photo

ここに、自転車を置いて、遊歩道でさらに森の奥へと進む。

picasa photo

途中にある雨乞い橋。

picasa photo

雨乞い橋から見えるこの小さな滝が「雨乞いの滝」だと思います。

picasa photo

遊歩道沿いの沢の流れ。遊歩道の目の前なので、水遊び可能であります。

picasa photo

駐車場から5分も歩かないで、

picasa photo

白岩の滝到着。

picasa photo

家族連れが、滝壺で水遊びしてます。

網持ってるけど、滝壺に魚なんか居ないでしょう普通。

picasa photo

う〜ん、あの家族に滝の真ん前を占領されてしまっている。
あそこに座ると涼しいんだよね。

こういう場合は、滝の右側の道から登って、上にあがります。
実はこの滝は2段になっているのだ。

苦手な山道をヒーヒー言いながら一生懸命登って滝の上に上がると。

じゃ〜ん。上段の滝!

picasa photo

この滝の前にベンチとテーブルがある。

幸い誰も居ないので、この橋↓をわたってテーブルに座って一休み。

picasa photo

ベンチに座って、コンビニで買ったソーセージサンドなんぞ食べていると、山ガール風の登山者が一人登って来た。

「こんちわ」

「この上もあるんですか?」

「あるみたいですよ。こっちに道がるから。僕は行ったことは無いですけど」

こっちの道というのはこれ↓

picasa photo彼女は、この道を登って行きました。

すごいね、女一人で、知らない山道をにどんどん登って行っちゃうんだから。

私は、自分の分野では無いのでこれ以上山道は行きません。

さて、そろそろ帰ろうかな。

picasa photo

で、駐車場まで戻って、自転車に乗って森の中の帰り道。

私の目の前にアゲハチョウが現れた。

この蝶には山の中で何度も遭遇している。

「ア!」

と思って自転車を止めると、私の周りをぐるぐる飛んで、道に止まってこっちを見ている。

いつもそうなんです。この蝶は明らかに私に会いにやって来ているとしか思えない。

ある時から、この蝶は、

「もう死んでしまった誰かが蝶に姿を変えて私に会いに来ている」

と思う事にしました。

今年は何故か一度もやって来なかったけど、

今日会えたね。

その度に、死んだ友達、死んだおやじの事を思い出す。

この蝶、ネットで調べてみたら「カラスアゲハ」という種類の蝶なようです。

この蝶、普通に見ると黒い蝶に見える。でも、羽を広げると角度によって羽の色が不思議なグラデーション模様に光って、青に見えたり緑に見えたりする、すごくミステリアスな蝶です。

先日、ある博物館でカラスアゲハの標本を見たけど、私の記憶にあるようなミステリアスな色ではなかった。

やはり、生きて飛んでいて初めてあの美しさは現れるのでは無いだろうか。

今日も、地面に止まったり私の周りをぐるぐる飛んだりしばらく立ち去る様子が無いので、もしかしたら写真が撮れるかもしれないと思い、カメラを取り出しました。

カメラを見たら逃げてしまうかなと思ったけど、まだ私の周りを飛んでいる。

で、シャッターを押しました。

picasa photo

なんとか撮影成功。

ね、少々小さくて恐縮ですが、実にミステリアスな色をしているでしょう。

カラスアゲハなんで無粋な名前を付けた奴の気が知れね〜。

この後しばらく私の周りを飛んだ後、蝶は別の方向に飛んで行きました。
さて、と思って自転車に乗って走りだしたら、私の走る前方にまた蝶がやって来た。

picasa photo

見送りに来てくれて、ありがとう。
おかげさまで、僕は元気にやってますので、安心してください。
また、山で会いましょう。

本日の走行距離 65.4km

|

« 時坂峠の茶屋から林道瀬戸沢線 | トップページ | やっと辿りついた、八王子とあきる野の境、金剛の滝 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

昨日も今日も暑かったですね。
今晩はちょっと涼しくなって来てよく眠れそうですが、、、
しかしこの暑さの中よく出かけましたね。
社長さんは相変わらず凄いです。

白岩滝もこの時期だと随分鬱蒼としてるんですね。
しかも賑わってるし、、上から降りてくる人がいるなんて、、ちょっとびっくりです。
冬場なら歩くとタルクボ線の終点近くまで出る事ができますが、夏場のあの登山道は嫌ですね。
世の中強者がいますね。

投稿: タマチャリン | 2013年9月 1日 (日) 21時55分

こんばんは

同じ時間帯に?私は檜原村 天狗滝 綾滝におりました 一時凄い降雨でしたが日の出町はどうでしたか?

偉大なる先人タマチャリンさんの助言もあり二つの滝に到達できました。

実は 福生南公園付近にて緑のヘルメットに緑のジャージ姿でエスケープの方を見かけたのですが睦橋方面へいかれたので もしかしたら ニアミスしたのかもしれません。

投稿: alpha | 2013年9月 2日 (月) 20時37分

alphaさん、こんにちは。
天狗滝 綾滝というのは結構山の中を歩くんよね。そんな印象があるので、行くのを躊躇しております。

日の出町は雨は少しパラパラきた程度で、ちょうど涼しくなって良かったです。

なお、緑のヘルメットは私だと思います。
のんびり走ってたでしょう。

投稿: 本人 | 2013年9月 3日 (火) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/53107905

この記事へのトラックバック一覧です: 日の出町、白岩の滝で避暑、それから精霊の蝶:

» 東京多摩地区自転車ガイド:白岩の滝 [東京多摩地区自転車ガイド]
武蔵五日市から約10km。バスでも「白岩の滝」バス停まで行けます。バス停からは森の中に入って1km弱。山道を徒歩3分。夏でも涼しい。 [続きを読む]

受信: 2013年9月 1日 (日) 18時41分

« 時坂峠の茶屋から林道瀬戸沢線 | トップページ | やっと辿りついた、八王子とあきる野の境、金剛の滝 »