« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

国体ロードレースのコースで九頭龍の滝

2013年09月29日 日曜日

朝、8時過ぎから国体のロードレースのUstreamの中継を見ていたら、自分も檜原街道を走りたくなってきたので、出かけます。
いつものように、自宅国立から多摩サイ->睦橋通り、と走って、武蔵五日市駅を左折して、檜原街道に入る。

途中に、あと50kmの標識が残っていた。一瞬、選手の気分。仮想レースモードになる。

picasa photo

檜原村役場前を過ぎ丁字路。このあたりは、沿道の声援を浴びながら、走行であります...と、想像しつつ、一人、仮想レースは、走る。

picasa photo

しかし、檜原街道前半の登りはさほどでは無い、と言いながらレース中継を見てたけど自分で走ると結構キツイね。シロウト的には。

で、上川乗の交差点。ここから先がキツイんだよね。

 

picasa photo

今日はどこまで行くか目的地を決めてないんだけど、数馬あたりまでは行って見ようかね。

で、数馬ヘリポート通過。

picasa photo

その先の数馬の湯。

picasa photo

ここから、都民の森までの5kmで、標高差350mを登る。ここが、このコース最大の難所だね。

で、このおじさん仮想選手はこの難所を行くの?

当然でしょう、行きます。

picasa photo

しかし...

な〜んか面倒くさくなってきたんですけどお。

仮想の沿道の声援もすっかり無くなってきたしな〜。

しかし、こんな激坂を選手諸君はよくもまあ、ダンシングとかしながら登って行ったね。ご苦労さまです。

九頭龍神社を通過。

そういや、九頭龍の滝って言うのがこの辺りにあったはず。神社の中にあるのかな?

走る動機付けが無くなって来たところ、道の右側に案内板を発見!

picasa photo

仮想選手、一時停止。お〜これだこれだ、ちょうどよかった、今日はこの滝を見物して帰ろう。

仮想選手、あっさりDNFであります。

で、案内によると、この道を降りていくようです。

picasa photo

また、先週のように道なき道を行くのであろうか...

 

picasa photo

橋、発見!

picasa photo

と思ったら、橋を渡りながら左を見ると、

あっさり、登場しました、「九頭龍の滝」です↓

picasa photo

う〜ん、檜原村にありがちな、滝というより濁流系の滝だな。

しかし、秋川の最上流だけあって、水は清流です。

picasa photo

家に帰ってから調べたところ、この滝は実は2段になっていて、上に上段の滝があるのです。

なんか上に踊り場みたいのがあったのだが、この時は上に登る道が見つからず、行けず。

picasa photo

帰りの檜原街道は楽ちんだね。下りなのでほとんど漕がなくても走れました。

しかし、選手諸君はどうやって帰ったのだろう?自走して奥多摩駅から輪行かな?

本日の走行距離 98.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと辿りついた、八王子とあきる野の境、金剛の滝

2013年09月22日 日曜日

過去2回ほどあきる野市側からアプローチして行き着けなかったあきる野と八王子の境にある「金剛の滝
今回、八王子側からのアクセスルートがわかったような気がするので、行って見ることにしました。
アクセスルートは新小峰トンネル八王子側入り口手前の道を入るルート。
少々遠回りになるけど、今日は八王子、美山から林道糀谷山入線を通って秋川街道に出るルートで向かいました。

浅川サイクリングロードから、陣馬街道方面に向かういつものルートを走って、河原宿交差点。

picasa photo

ここを左折すると陣馬街道ですが、今日はここを直進。

圏央道のインターチェンジを抜けた先の交差点↓を左折して美山方面に向かう。

picasa photo

しばらくジリジリ登って、美山工業団地の先にある、ここを右に入ります。

picasa photo

ここは、林道糀谷山入線の入り口。この林道は全長1.4km程のミニ林道ですが、斜度は最大20%超という激坂あり。全編舗装路であります。

picasa photo

この林道を抜けると秋川街道。左折して、新小峰トンネルのすぐ手前の道を左に入る。

picasa photo

さて、ここから先が初めての道なので、甚だ不案内。幸い、次の分岐で立て札があって、右に行くと金剛の滝となっている。

picasa photo

先を行くと、このようになっておりまして、ここから先は車は入れない。

自転車は行けるよ。

picasa photo

道の右側にあるのは東京電力新多摩変電所。なんだかよくわからないが、大規模な施設であります。

picasa photo

で、先を行くとここ↓で行き止まり。左に山道があるけど...

どうも、あらかじめ印刷してきた地図の位置と違うな、もっと手前に入る道があるはずだな...

picasa photo

で、Uターンして一旦もどったら、また車止めのとこまで来てしまって、

こりゃ、戻りすぎ、とまた行くと、またさっきの行き止まり地点。

おかしいな、その間に左に入る道があるはずなのだが....

と、右往左往していたが、ハタと気づきました。どうやら、これ↓がその左に入る道らしいです。

picasa photo

う~ん、これは完全に登山道的であります。私の分野ではない。

この先、マウンテンバイクを連れて行っても恐らく私のテクニックでは乗れる道は無いだろうと予測して、自転車はここに置いて徒歩で向かうことにしました。

行った道はこんな感じ。

picasa photo

橋登場

picasa photo

その先こんな道で

picasa photo

2つ目の橋登場

picasa photo

ホントにこの道でいいのかな〜

お、道標があった。

picasa photo

この先、今熊山となっております。どーもよくわからないが、とりあえず先を進む。

すると、次の道標。

picasa photo

お、金剛の滝下となっている。

「下」ってなによ、と右を見ると..

確かに、下に向かう道があるので、金剛の滝に行くにはこの下に向かう道を行けといっているのであろう。

picasa photo

では、下に向かいます。

で、この下に向かう道ですが、写真↓では少々わかりにくいですが、急勾配の階段になっておりまして、これをひたすら降ります。

picasa photo

あまりの急勾配で、あちこちの木の幹とかに手を掛けながら、「おー恐わ」ってな感じで、もう、うんざりするほど降りて、降りて、降ります。

しかし、これ帰りに登るの大変だよな〜。などと思いながら、まだまだ降ります。

(でも、意外に登りの方が降りに比べれば、怖くない分楽でした。疲れたけど)

すると、ようやく...

平地に到着して、金剛の滝0.2kmの立て札が

picasa photo

0.2kmってもう目の前じゃん!やったね!

で、立て札の示す方角は...

picasa photo

あの〜お、こっれって道ですか〜?

どう、0.2kmを行けって言うんじゃ。もっとシロウトにもわかるようにして欲しいよな〜。

で、とりあえず、立て札の指す方向に草を掻き分け、掻き分け行くと..

picasa photo

あの〜お、これって、道じゃなくて明らかに、干上がった川底を歩いてるんですけど〜。

ホントにこれで良いのだろうか?お〜い、もう0.2km歩いたぞ。ちょっと、なんとかしてよ!

オ!

picasa photo

なんか、滝っぽいものが先に見えて来た、やった!ついに発見か。

で、近づいてみると、うーん滝というのには実にしょぼい。

picasa photo

先の道は、一応右の岩の洞窟みたいな穴へと通じている↑

これが、金剛の滝ですが?あんな、思いして階段降って来たのに。

おかしいな、いくらなんでもそれは無いよね。

で、ちょっと左上を見ると..

picasa photo

なんか、微量ながら上の方から水が垂れてます。

うーん、実はこれが金剛の滝で、今日は水量が足りてないってオチかな?

あと、考えられるのは、まだ先に進むとその先にあるって可能性だが、この先進むにはあのショボイ滝の右にある、おどろどろしい穴ぼこみたいなとこを抜けて行くしか方法が無さそう。

しかし、トンネル恐怖症の私にとって、あの、人ひとり這いつくばってやっと通れるような穴に入るのは怖すぎる。

入ったが最後、奈落の底に落ちて帰らぬ人となるような気がすご〜くする。

仕方がない、

今日の金剛の滝は水不足でした、

というオチにして今日は帰ろう。

と、帰途につこうと、歩き出したのだが、ふと気がつくと滝の方から忽然と老夫婦の登山者が現れてこちらに歩いて来る。

「こんにちわ」「あ、こんにちわ」

「金剛の滝っていうのは、あれですか?」

「いや、もう一つ奥ですよ。あの洞窟を抜けた先にあります」

「ほら、これ今写真撮ってきたの、立派な滝ですよ」

奥さんが、デジカメのディスプレイで写真を見せてくれた。

「あれ、そうなんだ! じゃあ、先に行ってきます、どうも!」

なんと、やっぱりあの穴ぼこの先に行かなければならないようだ。

しかし、あの団塊の世代風の夫婦が通過できたのであれば、このおじさんに出来ないはずはない。私は団塊の世代よりも10年若い。勇気を振り絞って、穴ぼこへと挑む。

で、写真を撮る余裕がなっかたのですが...

あの洞窟は、下を水が流れおりまして、こちらから行くと登りになるのですが、左側にチェーンが設置されていて、それを掴んで登って行く感じで、周りはテーマパークによくあるアドベンチャーカーの洞窟風で全然おどろどろしく無くて、結構夢中になって楽しく通過出来てしまいました。これって、元気の良い子供だったら大喜びで登るだろうな..

で、洞窟を出ると、

でた〜金剛の滝!

picasa photo

まさに、洞窟を出たその目の前に忽然と現れます。

すごい!洞窟の手前からは一切姿が見えないのに洞窟を抜けたすぐ先に現れるなんて...なんて神秘的な滝なのだろう。

感動しました。いや〜、立派な滝です。

払沢の滝ほどの規模ではないけど、日の出の白岩の滝よりも美しいように思える。

美しい理由は、光です。見る時間にもよるのかもしれないが、ちょうど太陽の光を受けて、滝が輝いて見えます。まさに、金剛の滝だ!

苦労して来た甲斐がありました。

本日の走行距離 61.0km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日の出町、白岩の滝で避暑、それから精霊の蝶

2013年09月01日 日曜日

9月になったのに滅茶苦茶暑いね。
実は昨日も暑い中、自転車で出かけて、60kmも走らずに帰ってきて、それでもバテバテ状態だったもんね。

今日も寝坊してしまって、遠くには行けないので、日の出町の白岩の滝まで行って涼んで来ることにしました。

多摩サイから、睦橋通りを走って武蔵五日市駅に到着。

picasa photo

ここを右折して、エンヤコラと坂を登って行った先のつるつる温泉入り口交差点を左折。

picasa photo

ここから、平井川沿いの道をじわじわと、登る登る...7or8kmほど登る。

つるつる温泉の手前にある白岩の滝バス停。 ここを左に入って、森の中へと向かう。

picasa photo

道は斜度を上げて10%前後となります。

picasa photo

基本的には、舗装路です。かなり荒れてるけど。

picasa photo

最後の方は一部未舗装。

picasa photo

入り口のバス停から1km弱で白岩の滝前の駐車場に到着。

picasa photo

ここに、自転車を置いて、遊歩道でさらに森の奥へと進む。

picasa photo

途中にある雨乞い橋。

picasa photo

雨乞い橋から見えるこの小さな滝が「雨乞いの滝」だと思います。

picasa photo

遊歩道沿いの沢の流れ。遊歩道の目の前なので、水遊び可能であります。

picasa photo

駐車場から5分も歩かないで、

picasa photo

白岩の滝到着。

picasa photo

家族連れが、滝壺で水遊びしてます。

網持ってるけど、滝壺に魚なんか居ないでしょう普通。

picasa photo

う〜ん、あの家族に滝の真ん前を占領されてしまっている。
あそこに座ると涼しいんだよね。

こういう場合は、滝の右側の道から登って、上にあがります。
実はこの滝は2段になっているのだ。

苦手な山道をヒーヒー言いながら一生懸命登って滝の上に上がると。

じゃ〜ん。上段の滝!

picasa photo

この滝の前にベンチとテーブルがある。

幸い誰も居ないので、この橋↓をわたってテーブルに座って一休み。

picasa photo

ベンチに座って、コンビニで買ったソーセージサンドなんぞ食べていると、山ガール風の登山者が一人登って来た。

「こんちわ」

「この上もあるんですか?」

「あるみたいですよ。こっちに道がるから。僕は行ったことは無いですけど」

こっちの道というのはこれ↓

picasa photo彼女は、この道を登って行きました。

すごいね、女一人で、知らない山道をにどんどん登って行っちゃうんだから。

私は、自分の分野では無いのでこれ以上山道は行きません。

さて、そろそろ帰ろうかな。

picasa photo

で、駐車場まで戻って、自転車に乗って森の中の帰り道。

私の目の前にアゲハチョウが現れた。

この蝶には山の中で何度も遭遇している。

「ア!」

と思って自転車を止めると、私の周りをぐるぐる飛んで、道に止まってこっちを見ている。

いつもそうなんです。この蝶は明らかに私に会いにやって来ているとしか思えない。

ある時から、この蝶は、

「もう死んでしまった誰かが蝶に姿を変えて私に会いに来ている」

と思う事にしました。

今年は何故か一度もやって来なかったけど、

今日会えたね。

その度に、死んだ友達、死んだおやじの事を思い出す。

この蝶、ネットで調べてみたら「カラスアゲハ」という種類の蝶なようです。

この蝶、普通に見ると黒い蝶に見える。でも、羽を広げると角度によって羽の色が不思議なグラデーション模様に光って、青に見えたり緑に見えたりする、すごくミステリアスな蝶です。

先日、ある博物館でカラスアゲハの標本を見たけど、私の記憶にあるようなミステリアスな色ではなかった。

やはり、生きて飛んでいて初めてあの美しさは現れるのでは無いだろうか。

今日も、地面に止まったり私の周りをぐるぐる飛んだりしばらく立ち去る様子が無いので、もしかしたら写真が撮れるかもしれないと思い、カメラを取り出しました。

カメラを見たら逃げてしまうかなと思ったけど、まだ私の周りを飛んでいる。

で、シャッターを押しました。

picasa photo

なんとか撮影成功。

ね、少々小さくて恐縮ですが、実にミステリアスな色をしているでしょう。

カラスアゲハなんで無粋な名前を付けた奴の気が知れね〜。

この後しばらく私の周りを飛んだ後、蝶は別の方向に飛んで行きました。
さて、と思って自転車に乗って走りだしたら、私の走る前方にまた蝶がやって来た。

picasa photo

見送りに来てくれて、ありがとう。
おかげさまで、僕は元気にやってますので、安心してください。
また、山で会いましょう。

本日の走行距離 65.4km

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »