« 津久井湖を左回りに一周するのだ | トップページ | 日の出町、尾根づたいの林道、なかなかオススメ »

相模湖うら山の峠のハザマにある愛ちゃんキムチ

2013年07月07日 日曜日

予報通り今日は良い天気のタナバタなのだ。
今日は七夕とはまったく関係なく、相模湖まで自転車で行って、裏山を走って、ついでにキムチを買ってくることにしました。

相模湖の南側の裏山の道が、結構激坂があって、アップダウン満点で良い感じでなんですよ。完全舗装路で交通量も少ないし、自転車乗りにおすすめ。

で、地元国立から浅川サイクリングロード経由で、大垂水峠を超えてやって来ました相模湖。

picasa photo

いや〜暑いね。もう夏だね。

わたしゃ、寒いの苦手で夏になると元気になるのだが、どうも今日の暑さはちょっと、タチが悪いね。

picasa photo

なんか、まとわりつくような暑さで、走って風を受けても熱が逃げないような暑さだね。

湖畔から、また国道20号に戻って、少々行くと、吉野交差点。

picasa photo

ここを左折して行きます。ここからは交通量が減って、俄然走りやすいのだ。

picasa photo

橋をわたって、突き当りの丁字路を右折して、ジリジリと登って行くと、日連というバス停のところに左入る道があります。電信柱にある「愛ちゃんキムチ」の広告を確認しつつ、ここを入ります。

picasa photo

ここから、標高差110mの峠を登る。

picasa photo

ブへー、暑いよ〜。途中一瞬下りになって、峠を超えたか?と安心させるポイントが何箇所もあって、しかも峠直前が14%の激坂。心が折れます。

picasa photo

で、峠を超えて激坂を駆け下りたところにあるのが今日の目的地「愛ちゃんキムチ」

picasa photo

天井の上に、唐辛子があるんだぜー。キュートだね。

picasa photo

実はうちの会社は新大久保にあるので、会社の周りの韓国食材店で色々でキムチを買ってみたのだが、僕にとってはここのキムチが一番好みです。美味しいです。

ここは、自家製で、通販とかやってないようなので、自転車野郎としては、こうして激坂を乗り越えて買いに来るのだ。

白菜キムチ、2パックも買ってしまった。
買ったあとになって、相模湖の戻るには、この2パックを背負って、さらに激坂を登らなきゃならないことに気付く。

しょうがない、自転車トレーニングのための「大リーグボール養成ギブス」だと思って激坂を登る。

picasa photo

道の雰囲気は軽井沢の森の道のようで、良いです。しかし、坂は最大斜度10%超。

キムチ重いよ〜。

ようやく、登り切って、ドヘーって感じで、地べたに座って休んでいると、どんどん自転車登ってきます。みんな元気だな〜。

picasa photo

激坂を降りると、相模湖プレジャーフォレストにぶつかる。ここを左折。

picasa photo

で、ぐるっと周って相模湖、湖畔に戻って来ました。

picasa photo

このあと、キムチ2パック背負っての大垂水峠ごえは、さらにキツかった。

自転車はモノの運搬には向かないのだ。

(家に帰って測ったら1パック700gあった。結構重いで〜。これで1050円は安い!)

本日の走行距離 91.6km

|

« 津久井湖を左回りに一周するのだ | トップページ | 日の出町、尾根づたいの林道、なかなかオススメ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

この土日は暑かったですね
私は出かけられず家でずっと仕事でした
きっと皆さん出かけてるんだろうと
思いながら、、、

中々素敵な風景ですね
この辺りは行った事がないですが
行きと帰りの大垂水って結構キツイですね
暑いのでお体にお気をつけてお出かけ下さい

投稿: タマチャリン | 2013年7月 8日 (月) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/52350491

この記事へのトラックバック一覧です: 相模湖うら山の峠のハザマにある愛ちゃんキムチ:

» 東京多摩地区自転車ガイド:相模湖 [東京多摩地区自転車ガイド]
甲州街道大垂水峠を越えると、もうそこは相模湖。 [続きを読む]

受信: 2013年7月 7日 (日) 19時10分

« 津久井湖を左回りに一周するのだ | トップページ | 日の出町、尾根づたいの林道、なかなかオススメ »