« 日の出町、尾根づたいの林道、なかなかオススメ | トップページ | 天空の道は、やはり涼しかった 奥多摩周遊道路 »

暑い日には涼しいところへ、入山峠から五日市、沢沿いの道へ

2013年07月15日月曜日 祝日

今日も天気が良いから自転車で出かけましょう。
暑いから涼しげなところに行きたいね。
涼しげなところといって頭に浮かんだのが入山峠。最近行って無いから久しぶりに行きましょうか。
なんで、入山峠が涼しいのかという話は後ほど,,,

自宅、国立から、浅川サイクリングロード、陣馬街道と走って、夕やけ小やけふれあいの里で一休み。

picasa photo

俺には思い出がある...

俺がむかし、夕やけだった頃、弟は小やけだった.. 

<中略>

でも、こりゃ、おもいで〜。わかるかな〜わかんねえだろうな...by 松鶴家千とせ

↑ぜんぜん、わかんねえ

、ウケるウケないは別として先に進む

この先陣馬街道は左折するが、そこを直進してしばらく行ったところに入山峠への林道、盆堀線の入り口が右に現れる。

picasa photo

この道、しばらく走ってなかったので、どんな展開なのか良く覚えて無いけど、ともかく行く。

picasa photo

入ってすぐは斜度10%前後の結構な激坂が続く。登る、登る。

picasa photo

2km程登るとようやくちょっと景色が開けて来た。

picasa photo

このあたりは、随分と伐採したようだね。

picasa photo

入り口から3km弱登る、でた、入山トンネル。

picasa photo

トンネル恐怖症の私から見ても、このトンネルは実際あまり怖くない。

なぜだろう?やっぱりデザインが良いような気がします。おどろどろしく無いです。

入って、先を見ると新たな展開が...

picasa photo

パッと視界が開けた!

picasa photo

俄然、山岳コース風になる。

picasa photo

峠はまだまだ先だけど、ここまで来てしまえば後はさほどキツイ登りには無いです。

picasa photo

で、入山峠に到着。入り口から4.8km程。標高差は280m程かな。

picasa photo

なんか、さらに新しい林道を作っているようです。

picasa photo

しかし、峠と言いながら景色が開けるわけでも無く、「だからなんなの」感いっぱい。

picasa photo

で、こちらが五日市側の降り口ですから、こちらを行きます。

picasa photo

今度はぐんぐん下るよ。

picasa photo

ぐんぐん下ると..

picasa photo

こんな感じで、沢沿いの道になって、涼しいよ〜

picasa photo

実に涼しい。こんな感じの涼しい森の道が緩い下り坂で結構長く続くので、暑い日にはオススメ。

あ〜しあわせ、て感じ。

picasa photo

ところで、この沢沿いの道、この辺りは未舗装だったと思ったが、最近舗装されたようです。

picasa photo

なんだ、そうとわかっていれば、クロスバイクで来たのに。

これで、全線舗装路になったので、余計、ロードバイク乗りにも敷居が低くなったと思います。

本日の走行距離 71.4km

|

« 日の出町、尾根づたいの林道、なかなかオススメ | トップページ | 天空の道は、やはり涼しかった 奥多摩周遊道路 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

相変わらずのActiveさに驚きました。
まさかこの連休中に二回も出かけられるとは!
しかも猛暑の中を、、、。

盆堀のあきる野側の金堀沢の辺りは涼しそうですね

やはり夏は沢沿いの道がいいですね

私の昨日行った所は乾いた山だったので
焼け死ぬ程の暑さでしたよ

投稿: タマチャリン | 2013年7月15日 (月) 21時17分

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

投稿: フェラガモ 靴 | 2013年7月28日 (日) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/52461354

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い日には涼しいところへ、入山峠から五日市、沢沿いの道へ:

» 東京多摩地区自転車ガイド:入山峠 [東京多摩地区自転車ガイド]
八王子、ゆうやけこやけの里の先、盆堀林道から登ると、五日市側に抜ける標高600m級の峠。全線舗装路です。 [続きを読む]

受信: 2013年7月15日 (月) 18時19分

« 日の出町、尾根づたいの林道、なかなかオススメ | トップページ | 天空の道は、やはり涼しかった 奥多摩周遊道路 »