« 天空の道は、やはり涼しかった 奥多摩周遊道路 | トップページ | 時坂峠の茶屋から林道瀬戸沢線 »

図らずも宮ヶ瀬ダムの中に入るの巻

2013年7月28日 日曜日

自転車ファンの方々には恐縮ですが、ちょっと、宣伝。

私は実はアマチュアの歌手もやっておりまして、来る8/17(土曜日)国立リバプールビートルズディに出演致します

で、昨日は珍しく、家にこもって
「デアフタデ〜 アロ〜ナヒール」←The Fool On The Hill by the beatles
などと歌いながら、ギターの練習などやっておりました。

その分、今日はスカッと自転車で走り回って来よう、と、いうわけで今日は宮ヶ瀬湖方面に向かいました。

重ね重ね、自転車ファンの方々には恐縮ですが、今日は意外な展開となりまして、自転車ネタというよりは社会科見学ネタのような内容とあいなりました。

自宅国立から、浅川サイクリングロードを経由して、まずは津久井湖に到着。

picasa photo

ここから、宮ヶ瀬湖までの道は、かなりアップダウンがあります。

最難関の激坂に挑もうとしたら、なんと、夏祭りのお神輿が行く手を阻む。

picasa photo

残念ながら、というか、幸いというか、この激坂はお神輿を見物しながら自転車を押して登ることに。

お祭りのおじさんが話しかけてきた、

「自転車でどこに行くの?」「え〜と、宮ヶ瀬湖」

「あ〜、もうすぐだよ。どこから来たの?」

「国立です」「そりゃ遠いな」

「いや〜、片道40kmくらいかな」←ホントはそんなに遠くない

「あんた競輪選手?」「まさか、遊びで走ってるだけです」

「遊びで走ってるだけって、カッコが競輪選手みたいじゃない」

サイクリングジャージ着てヘルメット被ってると、一般人から見ると競輪選手に見える。まーそうかもしれない。

激坂を登ると、こんな良い感じの尾根道を走ります。

picasa photo

で、服部牧場の横を抜けて、ここから下るとダム下のあいかわ公園に着くが、今日は脇の道↓から、ダム上に出る道に右折した。

picasa photo

ここからの道が、距離は長くないが、結構な激坂です。特にダム上直前の坂は斜度15%級です。

しかし、自転車乗りっていうのは、なんで好き好んで坂を登りたがるのかね〜。

まさに、フール・オンザヒルだね。

ダム上に到着。

picasa photo

ダム上にある、この管理施設ですが、いつも閉まっているのに今日は開いていて、「ご自由にお入りください」と書いてあるので、ちょっと入ってみようかな。

picasa photo

お、なかなか乙な感じで湖が眺められる空間。

picasa photo

こんな感じの眺め。←さっきの眺めとあまり変わらないが..

picasa photo

そうこうしていると、なぜかここに人が集まって来た。

なにかと思ったら、実は今日は年に一回の「ダムの中に入れる日」だそうです。

あの〜、「ダムの中」の意味がわからないんですけどお〜。

別にここで、泳ごうってわけじゃないらしい。←水着持ってきてないし

その、ダムの中の見学会が今から始まるって事なので、競輪選手のカッコでメチャクチャ違和感あるのを承知で、飛び入り参加することにしました。

参加される方はアンケートにご記入くださーい

えーと、このイベントをどこで知りましたか?

「たまたま来たらやっていた」に ◯

「では、参加の方はこちらに〜、これから階段を200段程下りますで、ゆっくり進んでくださいね〜」

picasa photo

ちょっとまって、嫌な予感が...わたしゃ高所恐怖症なんだよね。

これって、すごい怖い階段じゃないの、ダムってことは...

picasa photo

ぎょえ~、怖いよ〜!

picasa photo

ダムの中、と言いながら、全然外じゃない!約束が違う。

picasa photo

と言いながら、こうやって、一般大衆の列に加わって粛々と降りて行くと意外に怖くないね。前の人に着いて行けばいいだけだから。

これが一人で降りろと言われたら相当怖いと思うよ。

picasa photo

この先、途中から約束どおり、ダムの中に入りました。

picasa photo

最初に登場したのが、この月着陸船風、モノレール。

picasa photo

これが、こんな急角度で上昇したりしながら移動するそうです。

picasa photo

ウルトラ警備隊の基地っぽいね。ワンダバダバダバ。

そう言えば、さっき、案内の人が言っていましたが、最新?のウルトラマンの放送で、この基地、じゃないダムがロケ地として使われていて、円谷プロ的CG合成の元ネタになっているらしい。

この先、何があるのだろう...

picasa photo

次に、登場したのがこれ。

これは、ダムの傾きを測定するために重りをぶら下げている装置だそうです。

picasa photo

随分と地味なものを出してきたな。
続いて登場したのが、水門を開け閉めする装置。

picasa photo

ふ〜ん、て感じ。

で、これで、見学は終わりです。
物足りない、というよりは、元々動機付け無しで入って来たので、そろそろ飽きてきて外に出たいなと思っていたのでちょうど良かった。

で、本日のブログは特にオチもなくこれで終わりです。

本日の走行距離 68.5km

 

|

« 天空の道は、やはり涼しかった 奥多摩周遊道路 | トップページ | 時坂峠の茶屋から林道瀬戸沢線 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

神宮行きましたよ
残念でした
日大三高のピッチャー凄すぎでした

投稿: タマチャリン | 2013年7月28日 (日) 20時02分

タマチャリンさんってひょっとして、日野高校出身ですか?
実は私は都立昭和高校出身です。

投稿: IT社長 | 2013年7月29日 (月) 17時22分

娘が日野高3年です。
決勝は都立で1980年の国立高校以来の快挙だったので見に行きました。
日野高関係以外の応援も多かったみたいです。
神宮は全部埋まってました。

社長さん野球チームも持っていらっしゃるので
見に行ったかなぁと思いました。

投稿: タマチャリン | 2013年7月29日 (月) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/52643307

この記事へのトラックバック一覧です: 図らずも宮ヶ瀬ダムの中に入るの巻:

« 天空の道は、やはり涼しかった 奥多摩周遊道路 | トップページ | 時坂峠の茶屋から林道瀬戸沢線 »