« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

津久井湖を左回りに一周するのだ

2013年06月23日 日曜日

最近、天気予報があてにならない。
昨日も奥多摩で豪雨にやられたし、今朝は晴れてますが、どうもあてにならない。

今日は危険なところには行かない。のんびり津久井湖をぐるっとまわって来ることにしました。

クロスバイクの方を選択して、地元国立から浅川サイクリングロードへ乗る。

湯殿川沿いに分岐して、八王子みなみ野経由で、津久井湖(城山ダム)に到着

城山高校前から、津久井湖を左回り回るべく、県道に入った。

picasa photo

ここから、登る、登る。

まあ、最大斜度で10%ちょっと程度なので、大したことはないけど、ともかくのぼる。

picasa photo

だいぶ登ると、こんな感じで景色も開けて、いい感じ。むこうに見える橋は三井大橋。

今日はあの橋はわたらない。あの橋の脇を抜けたあたりから、いい感じの道になるので、その先の橋をわたります。

picasa photo

で、さっきの三井大橋を渡る道に入らずにその先を行くとこんな感じで、林道風の道になります。

picasa photo

ここから先も、また登る、登る。最大斜度15%位あるけど、本格的な林道の登りのような厳しい道じゃないので、お気楽に登る。

自動車一台やっと、通れるような細い道のわりに、突然対向車が現れたりするので注意。

だいぶ登ると、名手橋が見えてきた。あの橋をわたります。

picasa photo

林道風の道が終わって、急旋回、最大斜度15%の激下りをおりると。名手橋。

picasa photo

車一台通れる程の、乙な橋です。

名手橋からの眺め。

picasa photo

わたって、振り返った図↓

picasa photo

津久井湖周遊で乙なのは、ここまで。

名手橋をわたって激坂を登った先は、交通量の多い県道を車に遠慮しながら湖の南側を走って、ようやくダムまで戻って来る。

津久井湖観光センターでひと休み。

picasa photo

しかし、相模湖なんか、完全にひなびた感じで昭和レトロ感あふれてるけど、ここも来るたびにひなびた感じになってきたような気がする。

picasa photo

本日の走行距離 62.2km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

どしゃぶりの梅沢林道

2013年06月22日土曜日

台風4号は温帯低気圧となり、行ってしまいましたので、今朝は晴れ。
さーて、自転車でどっかに行きたいね。

とりあえず、青梅街道方面に行ってみようか。
前に行った川井の大丹波ヘリポートまでまた登ってみようかな?
それとも、一度も行ったことの無い、奥多摩の海沢林道とか。

まあ、走ってみて遠くまで行くほど元気が無いと思えば、軍畑から梅の木峠というオプションもある。

なんとでもなるように、マウンテンバイクの方に乗って、地元国立から多摩サイを走る。

picasa photo

羽村から、奥多摩街道、さらに青梅街道に入って、快調に走ってファーストオプションの軍畑から梅の木峠はパス。先に進む。

川井に着きました。

picasa photo

ここを右折して、山に向かえば大丹波ヘリポート方面だけど、このセカンドオプションも今日はパス!

よーし、海沢まで行っちゃおう。ちょっと、天気が怪しくなってきたのが気になるが,,,,

途中、鳩の巣の手前に「将門」というバス停がある、

そのすぐ先にあった将門神社の看板。

picasa photo

平将門が「平親王」を旗揚げした地、と書いてあるようだ。

このあたりにを自転車で走ると、将門にまつわる遺跡や言い伝えの類がたくさんあります。
私は、あちこちで「将門」に遭遇するので、将門が自分に縁があるような気がして、色々本を読んだりして、そこそこ「平将門」を研究しております。
この「平親王」は「平新皇」のことを言っているとすると、旗揚げした地がここだというのは、それは恐らく事実じゃ無いです。

将門は京都の天皇に対抗して関東地方で新たな天皇
「平新皇」を宣言しますが、それを行った地は彼の本拠地近くの今の茨木県のあたり。
本物の将門は実はこのあたりにはあまり縁が無いのです。

では、なぜ、このあたりに将門の伝説が多く存在するのかというと、それより後の時代にこのあたりを支配した「三田氏」が将門の末裔と称していた事によるのではないかと思われます。

この将門神社も三田氏の建立ではないでしょうかね?

このあたりの話は更に調査を進めた上で、追々ブログで話したいと思いますが、とりあえず海沢を目指します。

目指す地は、白丸駅を過ぎた先の海沢大橋を左折して渡った先、なのだが、ここに来てポツリ、ポツリと雨が降ってきた。

台風が過ぎた後というのは、台風一過といって、天気は一方的に改善に向かうと思っていたのが甘かった。
雨はあっという間に、ザーザー降りに....

なんとか、海沢大橋に着いた。

picasa photo

さて、この先初めて行く道なので、不案内だが、たしかアメリカ村とかいうのを、とりあえず目指せば良いと記憶しております。

で、とりあえず、アメリカ村に着きました。

picasa photo

なんか、雨は更に激しくなって、どしゃぶりなんですけどお...

アメリカ村の中では、屋根のある所でバーベキューかなんかやっている様子。

picasa photo

「すいません、通りすがりのものですが、ちょっとだけ雨宿りさせてください..」.と、中に入ろうかな、と思ったが。

まあ、お金払って楽しんでいる人のなかに、このように寝れ鼠状態の自転車おじさんが入って行くのもご迷惑でしょうから、やめました。

大丈夫! このおじさんは強いのだ! 林道は続くので、豪雨の中を前進するのだ!

picasa photo

先に進むと、ギョ!おれの苦手なトンネルだ

picasa photo

「海沢隧道」と書いてあります。

中は照明なし、先が見えるので通過するにはそんなに怖くなさそう。

と、いうより、

雨宿りに丁度いいじゃない! 

と思ったが、こんな山の中で暗いトンネルの中に人がじっとして居るなんて...怖すぎる。

それが、自分だと思うと...超怖すぎる!

おじさんは実はすごく臆病なのだ。

と、いうか〜 もう雨が強烈で、林道が川みたいなんですけどお。

わかりました、もう今日は帰ります....

と、言う訳で帰って来ました。

帰ってきたら、国立は晴れてやがんの。

無駄にマウンテンバイクで90km以上走ったって事?

いやいや、いい運動になりました。

本日の走行距離 94.0km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »