« 足慣らしその2、時坂峠 | トップページ | ヤクルト戸田球場企画チケットを見てました »

おじさんの限界、有馬峠

2013年05月04日 土曜日 祝日

日曜昨日、足慣らしもしたし天気も良いから、そろそろ本格的に走りに行くよ。

有間峠

今シーズンの目標のひとつ。名栗湖の先をまっすぐ行けば着くらしい。ロードバイクで行ったというブログがあるので、道は安全らしい。名栗湖まで、自宅から40km。その先結構ある。
でも、今日はいい天気で、昨日に比べれば体調も良い。風も無い。
今シーズン中に挑戦したいと思ってたんだけど...

で、いつ行くの?

今でしょう!

という事で、出かけました。

多摩サイから奥多摩街道で東青梅。ここから成木街道に入って、小沢峠の手前で、お腹が減ったので、成木の家に寄って、一休みしておにぎりを食べました。

picasa photo

ここはKFCという団体が運営している、自転車乗りや登山ランナーの休憩施設です。

picasa photo

誰でも気軽に立ち寄って良いそうで、私は3回めかな?

picasa photo

当日担当の、救護班、斎藤さんとお話して、写真を撮らせていただきました。

picasa photo

今後ともよろしく、という訳で、小沢峠を超えて名栗湖到着。

picasa photo

ここまで、自宅から40km。もう、ここまでは何度も来た。

いつもはここがゴールなんだけど。今日はここがスタート地点。

湖畔の道を走って、山を目指します。

picasa photo

とりあえず、湖畔の道から川を上流に辿る道を行けば良いらしいので、あとはひたすら登るだけ。

あまり情報調べずに来たんだけど、このおじさんの能力の限界も考えて、この名栗湖のダムを起点に、とりあえず6km程を登るのを当面の目標としよう。

帰りの分の余力も考えておかなきゃなんないし。

川沿いを上流に行くとあるのが、有間渓谷観光釣り場。

picasa photo

えらい、混んでます。なにやら行列作ってます。家族で釣り楽しむのも大変だね。

こっちでは、楽しそうに釣ってます。

picasa photo

ここまで、名栗湖のダムから約3km。

picasa photo

ここに、林道の入り口がありました。「広河原逆川線」。

そうそう、ぎゃくがわ線ね、ブログで見たからこれで間違いない。←「ぎゃくがわ」じゃなくて「さかさがわ」

ここから斜度が上がって本格的な登りがスタート。

picasa photo

横に流れる清流ですが、まだ釣り場の勢力範囲らしい。

picasa photo

さらに登ると、人が居なくなってきた。

picasa photo

道は、どんどん登る。斜度10%程度が続く。もうダムから4km以上来た。

picasa photo

道がワインディングしてきた。でも明るくて走りやすい道だ。

picasa photo

清流が脇を流れる。これが、ぎゃくがわ、だっけ。←さかさがわです

picasa photo

脇からちょっとした滝が流れ込んできたりして。

picasa photo

あの〜もう大分登ったんですけど。目標の名栗湖ダムから6kmに達しちゃうんですけど、標高も600m超えたんですけど。

眺めも良い感じになってきた。目標達したけど....

まだ有間峠のはまだまだ先のようなので、さらに登るのだ。

picasa photo

だいぶ疲れてきたので、気分転換に

ここで、謎かけをひとつ

有間峠とかけて、「ボクシング」と解く。そのこころは....

なぐり、が前提です。

picasa photo

すみませ〜ん、ちょっと、よく、わからないんですけどお〜。

、それはともかく、先に進む。

こんな感じの別の林道への分岐点もあったりして、

picasa photo

この辺りので、標高700m。標高600m地点からちょうど1km走って100m登っている。平均斜度10%ってことだ。

picasa photo

さらに進むと、ダムから8kmを超えて標高も800mを超えた。

あの〜、桜咲いてるんですけどお〜。

picasa photo

さすがにこの高度になると、今が桜の季節なわけね。

どうりで寒いわけだ。おじさん寒いと腰に来るんだよね。イテテ!

景色もこんなに良くなっちゃいました。

picasa photo

道の感じも、上に見える山があまり高さが無くなって来たので、ようやく峠が近いように思えます。
で、スマホで写真を撮って、Facebookに、

「有間峠、標高800m超もうすぐ峠なう」

とコメント入れて投稿したけど電波が届かなくてアップロードエラーになった。

でもね、ホントは全然もうすぐ峠じゃなかったんだよ。

まだまだ続く10%の激坂。

picasa photo

正確に1km進むと100mずつ上がる。ダムから9km。標高900mを超えた。

まだ坂は登る....

picasa photo

標高900mを超えると、一転道が下りになったりするので、「峠は超えたか?」などと思うのだが、その先また明らかに登りになっているので、やっぱり峠はまだ先のよう。

ちょっと〜。まだなの〜

しかし、当面の目標を大幅に超えてもまだ登るおじさんの根性は我ながらすごい。

ちょと下ってまた登るという展開が続いて、ダムから10kmを超え、標高も1000mを突破。

800mあたりで、峠はもうすぐと思ったのは甘かった。

なにが、「もうすぐ峠なう」じゃい!

Facebookアップロードできなくて正解。

釣り場から7kmあまりで標高差700mを一気に登った。こんなの奥多摩周遊道の風張峠よりキツイよ。

おじさん、よく頑張った!おじさんの限界を超えてる。

はなから、そうとわかってりゃ、絶対こんな道来ないけどね。今回は情報が無かったので、その分ガンバレたわけだ。

先にはこんな景色が。

岩、でか!

picasa photo

この岩を、無理やり引き裂いて切り通しにしている道。

picasa photo

しかし、こういうデカイ岩というのは、隕石とかがお互いの引力で引き合って合体して出来た地球創世記の時代に、煮えたぎるような物質の溶解状態から生まれた岩が地中奥深くにあって、それが長い歴史の中で、なんかの拍子に隆起してきたんだろうね。
土が堆積して出来るようなもんじゃないだろうから。
などと、ちょっとアカデミックに宇宙論に思いを馳せる。←空気が薄くなったせいだろ

標高1000mを超えた景色は宇宙論的だ。

picasa photo

一度、ホーキング博士に見せてあげたい。

picasa photo

それはともかく、まだ道は続くんですけど。お〜い峠はどこだ。

picasa photo

ここで、問題発生。

水が切れた!

おにぎりと一緒に買ったトマトジュースが背中のバックパックにあるけど多分それもほとんど残って無いと思える。

そもそも、ダムから6kmのつもりだったのが、もう11kmも来ているので、しょうがないよね。

この先を見ると、まだ上の方に道がみえるので、もうひと頑張りしないと最終目標の峠には到達出来ない感じだ。

あと、多分もう少しなんだろうけど、この先、水なしで更に行くのは、行って帰って来る事を考えるとダブルでリスクが上がる。

しょうがない、水が切れたのが良いキッカケなので今日はここで引き返します。←腰もイタイしね

今度、あとどのくらいで峠だったのかを分析して、再度挑戦します。

最後に、標高1000m超の景色をもう一枚

picasa photo

本日の走行距離 101.5km

|

« 足慣らしその2、時坂峠 | トップページ | ヤクルト戸田球場企画チケットを見てました »

自転車」カテゴリの記事

コメント

kfc成木の家斉藤です。
あの後名栗の奥まで行かれたんですね、私もオフロードバイクですが今度、秩父浦山ダムに続く林道とメンバーに聞かされたので挑戦しようと思っています。こちらに来られましたらご遠慮なくご利用ください。

投稿: 成木の家 | 2013年5月 5日 (日) 23時13分

斎藤様
早速のコメントありがとうございます。
こないだお話した東京多摩地区自転車ガイドのページはこちらです。
http://www.swtaira.com/adSearch/re/%E6%88%90%E6%9C%A8%E3%81%AE%E5%AE%B6/a0510000003OLyNAAW/
先日撮らせていただいた写真を追加しました。
今後共お世話になると思わいますが、その節はよろしくお願い致します。

投稿: sweetie | 2013年5月 6日 (月) 16時27分

社長さん凄いですね。
私もビビって避けていたエリアですよ!
しかもかなり奥まで行きましたね。

この先ずっと行くと奥多摩の日向沢に向かって行くんですが、道は途切れたままなんですよね。
もう迷路みたいな林道で、ずっと気になってますが
今だに行ってません。
全線走ると30km超えそうですし、一人で行く人はいないでしょうね。

社長さんのブログで勇気を貰いました。
いずれちょこっと行って見ようと思います。
全線は無理そうですので、、、

投稿: タマチャリン | 2013年5月26日 (日) 10時42分

はじめまして。
MATSUと申します。私もおじさんです(笑)。
管理人さん(といえばよいのでしょうか)が走りに行かれてから、遅いコメントで失礼します。
本日(6/22)走りにいき、「標高はどのくらいなんだろう」と思い、ググッてみたらこちらにたどり着きました。
今日は生憎の天気で、イマイチの眺めでした。
とてもきつい峠でした。管理人さん惜しかったですね、引き返されたところからあと5~10分程度走れば峠でしたよ。あそこまで行かれたのなら、目標達成間近ですね。
私と走るエリアが重なっているので、どこかでお会いしているかもしれないな、なんて思いました。
駄文・長文で失礼しました。
お互い、楽しく安全に自転車を楽しみましょう。

投稿: MATSU | 2013年6月22日 (土) 17時37分

MATSUさんはじめまして。
今日、いかれたんですかあ!
天気はどうでした、ブログにも書きましたが私は奥多摩に行って雨にふられて帰ってきました。
またよろしく!

投稿: sweetie | 2013年6月22日 (土) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/51502120

この記事へのトラックバック一覧です: おじさんの限界、有馬峠:

» 東京多摩地区自転車ガイド:若駒の郷 [東京多摩地区自転車ガイド]
林道 西の入り・ホオバ沢線の峠にある。梅ノ木峠からの、林道梅の木線の出口の目の前。 [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 19時53分

« 足慣らしその2、時坂峠 | トップページ | ヤクルト戸田球場企画チケットを見てました »