« 東大和にある戦争の証拠とグルメ | トップページ | 足慣らしその2、時坂峠 »

足慣らしに梅の木峠まで

2011年04月28日 日曜日

昨日、東大和で日の出町のおばちゃんに江戸っ子風に怒ってましたが、さっそく今日は日の出町に行って来ました。

そろそろ、今シーズンも本気モードで自転車に乗ろうと思っているわけですが、どの程度走れそうか、足慣らしに過去に何度も走って安心領域の梅の木峠に行ってみようと、出かけたわけです。
もう若くは無いので最初からヘビーなルートに挑戦すると危険だ、徐々にペースアップしないと。走って、疲労度を確認しつつ、ステップアップするのだ。

しかし、天気も良いし、山の眺めもいいだろうね。
梅の木林道に回る予定なので、マウンテンバイクの方を用意して。空気圧が大分減っているので、出発前に空気入れ。

正直、空気入れただけで疲れたぞ。←先が思いやられる

マウンテンバイクって、入れても入れても空気圧が上がらないから疲れるんだよね。それに、空気圧が上がらないけど、もっと入れて大丈夫なの?爆発しない?とか思って、精神的にも疲れる。

なにはともあれ、空気を入れて出発。多摩サイから上流を目指す。
で、武蔵五日市駅到着

picasa photo

あれ、今日は軍畑側から梅の木峠に向かうつもりだったのに、考え事しながら、走ってたらいつの間にかここに来てしまった。

なんか、私の本能がここを目指しているようだな。

私が将来ボケて行方不明になったらこの辺りを探してください。多分居ます。

まあ、いいや、つるつる温泉側から登れば良いだけだもんね。でも、この時点で更に疲れたな...

いや、まだ足の方は元気なので、前向きに行きましょう。

駅前を右折して秋川街道から、つるつる温泉入口を左折。平井川沿いの道をジリジリと登る。

picasa photo

右側、ここを入ると将門坂に通じるんだよ。今日は入らず通過。

picasa photo

先を行くと、また右側。ホオバ沢林道の入り口。ここもパスして進む。

picasa photo

結構走ったな、駅からもう10km近く走ったよ、なんて思う頃に、左側に白岩の滝入り口。真夏の暑い時に行くと涼しくて良いよ。今日はパス。

picasa photo

この先、10%超の激坂を登ると、つるつる温泉到着。

picasa photo

家から約31km。ようやくここが今日のスタートライン。しかし、どうも更に疲れたね。

しかし、過去の経験からスタートラインまでは足に負担を掛けないように走る省エネ走法が身についているので、足はまだ元気。峠まで標高差約250m、距離2.8km、早速行きましょう。

こんなかんじで、いきなり10%超の激坂。

picasa photo

すぐに、林道大入り線の起点の標識。

picasa photo

しかし、この道は自転車野郎が多いね、このあと何人のロードバイクに抜かれたか、わからねーよ。おまけに登山客も多いね、なんでこんなに人気なの?

もともと、道の名前が「大入り線」でございます。

picasa photo

ま、ウケるウケないは別として先に進む。

picasa photo

しかし、反対側の軍畑から登るよりは距離が短い分楽だと思うけど、最初の2kmで標高差200mを一気に登る。1.5kmを過ぎたあとの斜度18%の激坂をマウンテンバイクのインナーローでかろうじて突破しました。

で、峠に到着。

picasa photo

以前、今日のルートをロードバイクのギヤを積んでるクロスバイク(escape r1)で楽ちんに登った記憶があるのだが、今日はマウンテンバイクでやっとって感じだった。老化したかな?

いい眺め。電線が邪魔だな。

picasa photo

ここは、林道や登山道の十字路になっている。

picasa photo

こちらの登山道は吉野梅郷に行く登山道らしい。たまチャリンさんが言ってた道だね。

picasa photo

しかし、冒険をする余裕は無いので、今日私が行くのは、こちらの梅の木林道。何度も走った安心領域。

大分疲れたけど、足はまだ元気なので、元気を出して行きましょう!

picasa photo

林道に入った直後は絶景領域。ここは、ゆっくり歩いて通らなきゃもったいない。

picasa photo

梅の木林道側からさっきまで居た峠の地点を見た図です↓

picasa photo

道はすぐに見舗装の砂利系のオフロードになる。

picasa photo

梅の木峠からだと、ずっと下りなので良いけど、上りの砂利系の道ってすごく消耗するんだよね。つるつる温泉の手前を左に入る焼岩林道が砂利の上りで、昔挑戦したんだけど、すぐにギブアップしたのを思い出す。

しばらく行くと、反対側の青梅方面に眺望が開ける。そうそう、ここから多摩川に掛かる赤い橋が見られるんだよ。遠くにあるでしょ。

picasa photo

さらに進むと、杉の木の苗を植林している地域。

picasa photo

私はこの道を3年前ぐらいから年に一回程通るのだが、見るたびに杉が成長しているのがわかる。一人前の木になるのに20年くらい掛かるのかね?林業も大変だよね。高所恐怖症の私には務まりません。

ここまで来ると、もう終点間近。
終点のゲートを出ると若駒の郷の前に出ます。

picasa photo

今日は、白い子馬の調教中。なんだかムチに追われてかわいそうな感じに思えたんだけど、馬の方は実はノリノリだったらしく、調教師が帰ると、その後姿に何度も「ヒヒ~ン」とないて、まるで「もっとやろうよ!」と言っているようで可愛かったです。

picasa photo

しかし、今シーズン初の峠ごえを経験しての感想は意外にも「以前はもっと楽勝に走れたのに」という感じ。これって、老化現象? ともチラッと思ったけど、老化現象なら今年に入って突然現れるのもおかしい気がするので、

まだ、今シーズンは本調子になって無いだけ

と、いうことにしておきます。

本日の走行距離 70.0 km

|

« 東大和にある戦争の証拠とグルメ | トップページ | 足慣らしその2、時坂峠 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

登山道は元気な時に是非挑戦して下さい。
ずっと下りなんで
社長さんのMTBなら余裕ですよ。

投稿: タマチャリン | 2013年5月26日 (日) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/51412808

この記事へのトラックバック一覧です: 足慣らしに梅の木峠まで:

» 東京多摩地区自転車ガイド:梅の木峠 [東京多摩地区自転車ガイド]
青梅軍畑駅付近から日の出町、つるつる温泉に抜ける。軍畑側林道入り口から4.5km。標高600m級。全線舗装路の貫通林道あり。 [続きを読む]

受信: 2013年4月28日 (日) 20時31分

« 東大和にある戦争の証拠とグルメ | トップページ | 足慣らしその2、時坂峠 »