« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

2013年走り初めは多摩湖から狭山湖

2013年01月01日 元旦

寒いのは苦手なので、12月から2月までは自転車は休み..なのですが、年賀状の返事を出しに外に出たら、今日は風も無く予想以上に温かい。

これなら自転車で出かけるのもあるな..もうお昼も過ぎたので、遠くへは行けないけど、多摩湖、狭山湖をぐるっと回ってくるコースなら、自宅国立から行って帰ってきても40kmくらいなので、今からでも楽に回って来られるだろう。どうする?行くか

と、いううわけで、急遽マウンテンバイクに乗り出かけました。

いつもゴチャゴチャと混んでいる立川通りも今日はガラガラ。いつもと風景が違う。

picasa photo

武蔵大和駅西交差点で多摩湖周遊道に合流。

ここから、左折して左回りに多摩湖と狭山湖の周りを一周します。

右側の細い舗装路が多摩湖の自転車道↓。多摩湖は自転車道の右側の森の奥にあります。しかし自転車道は狭いので、私はこのあたりはいつも左側の車道を走ります。

picasa photo

ジリジリとした登りをしばらく走って、この「うかい鳥山」が見えて来たら、立体交差に乗るために、車道から自転車道に乗り換えます。

picasa photo

ここから、多摩湖の中央の堤防を走る一般道を越すための立体交差へ入ります。

picasa photo

さらに進んだこの箇所、ちょとわかりにくいけど、多摩湖自転車道が右に旋回する手前にある小さな公園の入り口。ここから、多摩湖自転車道と別れて狭山湖方面へ向かいます。

picasa photo

公園から一般道を渡るとカブト橋の入り口になります。

picasa photo

ここが、私が2年連続でコケたカブト橋。秋で落ち葉が多い頃の雨の日の次の日、という条件が重なると、この橋はスケートリンクのようにつるつるに滑る。

一応「すべりやいため、走行注意」と書いてある。

もう、怖いから絶対ここは降りて通るもんね。今日は滑らなかったけど。

picasa photo

カブト橋を渡ると、オフロードとなります。今日は落ち葉がいっぱいで路面の状態が良くわからないので注意。

picasa photo

ここは道標の指示にある番太池方面へ左折。

picasa photo

すると左側にあるのがこのあたりに伝わる巨人伝説、「ダイダラボッチの井戸」。

ダイダラボッチの足跡がこの大きさだとすると、ゴジラ並みの巨人だと思われる。

picasa photo

で、その先のこれが番太池。この池をぐるっと右回りに囲むようにUターンします。

picasa photo

Uターンした先にあるのが狭山名物、自転車道トンネル。

picasa photo

ここからまっすぐトンネルが3つ続く。

トンネルを抜けて一般道に出たら、その道を右折。左側に武蔵村山市営温泉カタクリの湯を見て、

picasa photo

その先の給食センターの横から、狭山湖の周遊道へ入る入り口のゲートがあります。

picasa photo

ゲートを入って、グッと登ると、その先からはいい感じのダートの道となります。

ここから先は、狭山湖をぐるっと周って堤防に出るまで右側の柵(柵の奥に湖があるはずだが実はなかなか見えない)沿いに右へ右へと行けばよいだけです。

picasa photo

あえて、逆光で撮った六地蔵。これは、たしか明治時代にこの地方で発生したコレラの大流行で亡くなった人の慰霊碑だそうです。

picasa photo

ここから先は六道山公園まで、登り基調のダート。

picasa photo

六道山公園に到着。

picasa photo

いつも、不思議に思う、六道山公園のトイレの前の道標。

なんで、トイレの真ん前に520m先の別のトイレの案内があるのだ!

次のトイレまで我慢できるか判断するためか?←ガマンしてどうする!

picasa photo

 

六道山公園の見晴らし台。このあたりがこのコースの最高地点だと思う。

picasa photo

もっとも、コース全体の標高差は100mも無いだろうけど。

六道山公園を抜けると、トトロの森方面へ向かう森の中の長いダートとなります。

このコース、当然、反対の左回りでも回れるのだが、ここの長いダートを下り基調で走れるのが右まわりを選択した理由です。

ここから、狭山湖の堤防手前まで5km程、森の中の道が続きます。

picasa photo

実はここのダートの左側には森の中に入る入り口が幾つもあって、本当のマウンテンバイク乗りたちはそこを入ったシングルトラックを走って楽しむらしいのだが、おじさんはもうパワーもテクニックも無いので、この安全な周遊道のダートをのんびり走るのが丁度良いのです。

周遊道の方はママチャリでも十分走れる安全な道であります。

ここのダートは森の中のいい感じの道が5kmも続く。5kmって結構長いよ。

このコースのメインはここだ。しかし夢中になって走っていて写真を撮るのを忘れたので、ブログ的にはあっさり狭山湖の堤防前の公園に到着。

picasa photo

堤防から、湖面に映る夕日が綺麗。何度も来てるけどこんな風景初めて見た。

picasa photo

あれ、ちょっとまてよ、気がついたらもう日が沈みそうじゃない!

まだ、多摩湖に戻ってもう半周しないと帰れない。ちょっとのんびり走りすぎた、というか冬は日が短いのを忘れていたというか...ちょっとペースを上げるべし。

picasa photo

公園を抜けて一般道からこの横断歩道を渡って、

picasa photo

舗装路の多摩湖周遊道に戻る。すぐ横には、千体観音堂の入り口。

なんか、いつもより人が多いなと思ったら、そうか初詣なんだね。

しかし、ここって初詣に来るようなとこなのか?一度だけ中に入ったことあるけど、派手な割に意味不明なんだよね(失礼)

picasa photo

そのまま自転車を右回りに進むと、先程の立体交差と丁度多摩湖の反対側にあたる立体交差を通過。

早く行かないと日が暮れちゃう...

picasa photo

左側に西武ドームを見て...

picasa photo

その先が狭山公園となって、多摩湖の堤防。ここで一周完了、ゴール!

多摩湖の堤防から夕焼けと富士山のシルエットが美しい。

picasa photo

ちょっと引いた感じで撮ると、こんな幻想的な風景に...

picasa photo

と、いうわけで、なんとか日が沈む前にゴールに着きました。

シーズンオフの最中に今までに見たことのなかった湖畔の風景を見られて得した気分であります。

ちなみに、このコースの全容はこちらを参考にしてください↓


より大きな地図で 狭山周遊2011-04-16 を表示

本日の走行距離 42.4km

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »