« 尾根幹から長池公園へ | トップページ | 2013年走り初めは多摩湖から狭山湖 »

林道醍醐線から和田峠ついでに陣馬山登頂

2012年11月4日 日曜日

今日は良い天気。
秋の晴天というのは、空気の透明度があって空の青さが映えるよね。

今年春にミラーレス一眼レフカメラを買って、写真撮るの趣味になったので、いい天気だと嬉しいのだ。

さて、今日は久しぶりに和田峠に挑戦します。

最近きつい坂は自転車押してばっかりなのだが今日は軽いギアに期待して、マウンテンバイクの方を選択しました。なんとか乗ったまま登りたいよね。

自宅国立から、浅川サイクリングロードを経由してこちらのルートを走り、川原宿の交差点から陣馬街道へ入ります。

しばらく気持ちの良い道をじわじわ登っていくと、ゆうやけこやけの里

P1020633resized

俺がむかし、ゆうやけ、だったころ、

弟はこやけ、だった。

おふくろはしもやけで、親父は胸焼けさ...←by 松鶴家千とせ

さて、

ウケるウケないは別として..とりあえず、さらに先に進むと...

ここが運命の分かれ道!←by 夢路いとし

P1020633resized

左に行くのが陣馬街道の本筋。表和田へとつながる。

直進すると、林道醍醐線方面。こっちからでも結局和田峠に繋がる。

私はいつも、直進します。で、帰りは表和田を降ります。今日も直進を選択。

直進するとまたも、ここが運命の分かれ道!

P1020633resized

ここを右に行くと、入山峠を経て五日市方面。

今日は直進します。

入山峠の分岐点から少しで林道の入り口だという記憶だったのですが、結構入り口まで距離がありました。

2kmもあったよ。しかも結構な登り...体力を消耗しないようにのんびり走りました。

このゲートが林道入り口500m前。

P1020633resized

ここを超えて、林道入り口。

P1020633resized

ここから、いきなり10%超えの激坂となる。

P1020633resized

そのあとは、激坂はあるものの、ずっときつい坂という訳ではないので、まあなんとか乗って登れます。

脇を流れる醍醐川

P1020633resized

峠まで、4kmあまりの登りですが、きついのは中盤の2kmあたりかな..このあたりの道は、ガードレールも無くて、左は結構な急斜面です。

P1020633resized

左に落ちても森なので、どっかに引っかかるかとは思うけど、運が悪いと死にます。

こういう、アドベンチャーな感じは表和田には無いよね。

2km少々登ると、だんだん結構景色が開けて楽しいです。

P1020633resized

さらにじわじわ登る。


P1020633resized

峠の近くにこんな絶景ポイントがあって...

P1020633resized

ちょっと紅葉を味わいながら...

P1020633resized

またしても、こんな激坂を登って来まして...

P1020633resized

ここが峠!標高750m

P1020633resized

ここからは下りになります。

P1020633resized

ただストイックに登るだけの表和田に比べると、こっちの方が大分楽しいと思いますが。

ただ、下りで走るのは私は嫌です。路面が荒れていて、滑って谷側に落ちると結構な確率で戻らぬ人となります。

で、なぜが和田峠直前の100mくらいだけ未舗装となって、和田峠到着。

P1020633resized

和田峠の標高は712m。峠の茶屋にはロードバイク野郎が沢山います。

P1020633resized

さて、今日は天気が良いので陣馬山頂まで行って写真を撮りたいね。

山頂への道はこの峠の茶屋の横から階段の入り口がある。

P1020633resized

あのね、登山で使う筋肉と自転車の筋肉は違うと思います。

陣馬山山頂は標高853m。ここからの標高差は141m。この階段で15分〜20分となっているがこれがキツイ。

ふと、横を見ると平坦コースというのがある。

P1020633resized

平坦コースと言っても目的地は同じなんだから、じわじわと大変なだけだろうな...と思ったが試しに今日はこちら、平坦コースで登ってみます。

平坦コースの行った先はこんな感じ。

P1020633resized

さらに行くと...

P1020633resized

これ、さっきの林道と同様、左側急斜面の崖です。

この先は、平坦コースといいながら...全然平坦じゃ無い登り。

P1020633resized

実に山伏の修行道...難行苦行だ...

P1020633resized

これなら、階段コースの方が距離が短い分だけ楽かも...

などと泣き声を言いながヒーヒー登るってようやく登頂。

P1020633resized

いや〜、苦労したけど、今日はいい天気で眺めも最高!

P1020633resized

このあと、陣馬そばをいただきながら景色を堪能しました。

P1020633resized

帰りは、階段コースから降りて(膝が笑ってたけど)表和田から降りました。

私は山岳コースの下りは怖くて苦手なんだけど、表和田はしっかりした一般道なので、全然怖くないね。

P1020633resized

なかなかごきげんなダウンヒル!と調子に乗って駆け下りていくと、私の行く手のかなり先..

ワインディングの曲がり角に...

年の頃3歳位の女の子の後ろ姿のようなものが見える...

あれ?こんな山奥になんで、あんな女の子がたった一人で居るの?

髪の毛の長い女の子...これって...ひょっとして幽霊?

P1020633resized

自転車は重力の法則にしたがって降りて行く、女の子の後ろ姿はどんどん近づいていく...

彼女を追い抜こうとした直前、

この女の子が振り向いて私の方を見た...

長い髪の毛に、大きな瞳。悲しそうな目で私を見る...

彼女の目線が僕と合う...そのまま追い越す僕を目で追う...


P1020633resized

うわ!ホントに幽霊だ...

自転車に乗りながら背筋にゾクゾクっと悪寒が走る。

生まれて初めて本物の幽霊を見た!

と、思ったんですが...

ワインディングのカーブを曲がると実は彼女のファミリーが前を歩いていて、

「ほら、早くおいで!」 と、お母さんが彼女を呼んでいる姿が見えた。

いや〜この道、上から降りてくると九十九折のカーブの先が見えないので、たった一人で女の子が居るように見えただけなんだよね...

しかも、彼女のキャラが幽霊役絶対オーディション一発合格っていう感じのルックス(失礼)だったのでホントに怖かった。

まあ、断崖絶壁以外にも沢山怖いものがある臆病な私です。

本日の走行距離 73.6km

|

« 尾根幹から長池公園へ | トップページ | 2013年走り初めは多摩湖から狭山湖 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

転倒の怪我は治りましたか?
やはりブログのネタが
自転車ネタですと読者としては嬉しい限りです。

投稿: タマチャリン | 2012年11月12日 (月) 00時30分

ご丁寧に参考のリンクまで張っていただき有難うございます。
埼玉エリアはまるで分からないので
ありがたい限りです。
これからの季節凍結による転倒の危険も出てきますので、お互い気をつけましょう。
ではでは。

投稿: タマチャリン | 2012年11月12日 (月) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/47792878

この記事へのトラックバック一覧です: 林道醍醐線から和田峠ついでに陣馬山登頂:

» 東京多摩地区自転車ガイド:若駒の郷 [東京多摩地区自転車ガイド]
林道 西の入り・ホオバ沢線の峠にある。梅ノ木峠からの、林道梅の木線の出口の目の前。 [続きを読む]

受信: 2012年11月10日 (土) 19時33分

« 尾根幹から長池公園へ | トップページ | 2013年走り初めは多摩湖から狭山湖 »