« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

大垂水峠から、相模湖南側の山の道へ

2012年09月16日

例によって、東京多摩地区自転車ガイド「相模湖」のページの写真が少ない事に気づいて、今度は大垂水峠を超えて相模湖に行くことにしました。

ついで「大垂水峠」の写真も撮ってこよう。

自宅国立から石田大橋→浅川サイクリングロードと、走って、高尾から甲州街道に入り大垂水峠を目指す。

しかし、どういう訳か、甲州街道の下りがえらい渋滞状態。
なんで?と思ったら、どうやら圏央道の高尾インターチェンジが開通した影響で、そちらに向かう車で渋滞しているようだ。
しかもインターチェンジ付近の道は、これ、絶対自転車乗りの立場考えてないよね、てな感じで渋滞している車の横を抜けることもできず、身動きか出来ない。

開通して、我々自転車愛好家に良い事は一つも無いって事か...

そこを抜けて、ようやく渋滞も無くなり、「ごん助」のあたり..

P1020379resized

このあたりから、坂も峠道風に少々キツくなる。
と、言っても、ここから峠まで多分3kmも無いでしょう。10%を超えるようなところも無いのでのんびり登ればどうって事は無い。

P1020382resizedresized
↓今、通りすぎたこの歩道橋みたいなやつを抜けると峠です。

P1020387resized
峠にある、わき水ラーメンの富士屋

P1020389resized
この店の横にこんな道標があるの知ってた?←今日発見した

P1020431resized
このすぐ横からの眺めも以外と絶景。

P1020432resized
峠を超えて、ここからは下りとなり、相模湖を目指します。

この峠は、坂の斜度があまり無いので、下りは長くて気持ち良いよね!
しかも、制限速度30kmなので、車とタメの速度で充分走れるので、車に追い抜かれるストレスが無い。

くだりでぇ〜い!

と、景気良く滑走して行くと...

あれ?また渋滞かよ..

相模湖まであと3kmの地点で、また渋滞でスピードダウン。

これ、30km前後で走っていたから良かったけど、調子に乗って激走していたら、前の車に激追突、という恐れもあった。

充分ご注意を諸君! 制限速度は守りましょう。

なんだかんだで、相模湖のダムが見えて来た。

P1020390resized
で、到着しました。相模湖

P1020396resized
実にひなびた 、湖畔の風景。

P1020397resized
さて、ベンチに座って、コンビニで買ったカレーパン等を食べて腹ごしらえ。

よし、せっかく来たんだから、相模湖をぐるっと一周してこよう。

私は去年の夏休み、ここを一周するコースを思いついて、実際走った事があるのだ。もっとも湖の南側は湖畔に道が無いので、かなり大回りに山の上を走るんだけどね。

この山の上の道が実はいい道なんだよ!交通量も少なくアップダウンがあって...

自転車乗り諸君におすすめ!

では、相模湖一周、約17kmの旅に行ってまいります。

まずは、あの渋滞している甲州街道に戻って、大月方面へ走る。

途中、トンネルの手前で、相模湖ローヤルが閉鎖されているのを横目で確認しつつ、走る。

相模湖ローヤルはともかくとして、吉野の信号までは忍耐です。ともかく走る。

吉野の信号を左折すると世界が変わります。

P1020401resized

まさに地獄から天国への境目。交通量が圧倒的に減るのだ。

この橋を渡って、突き当たりを右だ。

ここから、しばらく田舎道を走ります。途中、丁字路があってそこを左。道は単純なのだ。ここから先は丁字路に遭遇したら全て左なのだ。そうすれば相模湖を一周して戻ってこられるから安心してはしるのだ。諸君!

おっと、ここは例外。ここを見逃すと、あさっての方向に行って一生戻ってこられません。

ここを左に入って、山へと向かいます。

P1020403resized

ちなみに、電信柱に書いてあった「愛ちゃんキムチ、左入り3km先」の表示。見逃しておりません。キムチは好物なのだ。

愛ちゃんキムチ! ナイスなネーミング。 買っちゃおうかな...

などという雑念を一蹴させる、結構タフな登りが始まります。

P1020404resized

↑こんな、感じで 最大斜度12%の登りが2km程続く。

ようやく、峠を超えたか...

P1020408resized

下りになって快調に、ダウンヒルを走ると...

出た! 愛ちゃんキムチ

P1020410resized

いや〜。予想以上にわかりやすい登場の仕方だったね。これなら見逃しようが無い。

山の中にポツンと1件、こんな感じの店です。

P1020411resized

韓国ネイティブな店。

店に居たのは、なかなか美人の割には無愛想なおばさん。

白菜キムチを買いました。

家に帰って、今ブログを書きながらビールのつまみに食べてますが、期待通りおいしいです。

あのおばさんが、愛ちゃんなのかな?卓球の愛ちゃんとえらいイメージ違うな←無愛想だし...

などという雑念を再び一蹴させる、、結構タフな登りがまたも始まります。

P1020412resized

この先、行きなり斜度12%の激坂に突入。ジリジリ登っていくと、森の中の林間コースとなる。

P1020414resized

峠を超えて下ると、プレジャーフォレスト(旧相模湖ピクニックランド)の正門のところで、県道に合流。

P1020416resized

ここからは、再び天国から地獄、というわけで、俗世間の一般道を走ると、相模湖公園に到着して一周完了であります。

参考のために去年の夏休み走った時のMy Tracksの記録が↓です。


より大きな地図で 相模湖周遊2011-08-10 を表示

しかし、愛ちゃんキムチウマイな。今度はキュウリのキムチも買おう。

本日の走行距離 90.7km

| | コメント (0) | トラックバック (1)

のんびり名栗湖一周

2012年09月09日 日曜日

私が主催している「東京多摩地区自転車ガイド」の名栗湖のページの写真が少ないのに気づいた。

それじゃ、今日は写真を撮るのも兼ねて、成木のあたりをスカっと走って名栗湖まで行ってみようか。

と、いうわけで、今日は名栗湖を目指して、クロスバイク escape r1 に乗って出かけました。

自宅国立から、多摩サイ→奥多摩街道 と走って、東青梅駅前に到着

P1020307resizedresized

ここから成木街道に入る。

成木街道に入ると、交通量も減って俄然、いい感じで走れるようになる。登りだけどね。

しばらく登り基調で走った先、一旦600m程の坂を下ると、また吹上峠への登りとなる。

現在の吹上峠は、新吹上トンネルで抜けられる。

P1020308resized

トンネルの嫌いな私は出来れば、長いトンネルは避けたい。

実はこのトンネルの入り口の右側から旧道の入り口があって、旧吹上トンネル経由で向こう側に行ける。

そちらは、自動車は入って来れないので、そっちの道を行きたい気持ちは山々なのだが、なにしろ、旧吹上トンネルは最近、照明が消されてしまって、ただでさえ恐ろしい心霊スポットがもはや臆病な私には近寄りがたい恐怖ゾーンになっているので...

しかたがない、この新トンネル、左側にガードレール付きの歩道があるから、ここをのんびり行こう。

トンネルを抜けるとすぐに分岐点。

P1020309resized

これ、右が成木街道の続きです。しかし、実は左に行ってもその先で合流するルートがあるので、どっちから行っても良い。

左から行った方が少し近道なので今日は左から行きます。

ここからの道は、交通量も少なく、山間の実にいい感じの道です。登りだけどね。

こんな感じのジリジリと登る道をしばらく走る。

(↓この写真は登って来た道を振り返って見てます)

P1020310resized

すると、右に入る道が現れる。

P1020311resized

ここを見逃して、まっすぐ行ってしまうと青梅街道の軍畑駅のあたりに合流してしまいますのでご注意を。

ここを右折です。

と、その前に。ここで、史跡を発見。

P1020313resized これが、佐藤塚?

P1020312resized

史跡の説明によると、滅亡した北条氏系の人がこの地で石灰産出事業をはじめたとの事。

秀吉軍の攻撃により八王子城が落城して北条氏は滅亡した。とはいえ、北条氏に仕えていた人々はこのあたりには沢山居た訳で、彼ら、失業状態となって苦労しただろうけど、心機一転、石灰生産事業を起こしたって訳だ。

そういえば、このあたりから日の出町、奥多摩にかけて石灰生産工場が多いよね。今走って来た道の左側にもそんな設備があったよ。

そのルーツを語る史跡って訳だ。

なるほど、などと江戸時代初期に思いを馳せつつ走っていると、でた、またトンネル。

P1020314resized
これも、そこそこ長い松の木トンネル。

このトンネル、車やバイクの音が反響してうるさい!特に後ろから近づいてくる音が異常にでかくて、恐怖の大王が舞い降りて来るようでキライです。

と、文句を言いながらなんとか突破。

トンネルを出ると、すぐに先ほどお別れした成木街道に再び合流。

P1020315resized

合流したすぐ先に、分岐点。

P1020316resized

青い標識の、左折した先の行き止まりとなっている道が、東京ヒルクライム、成木ステージという自転車レースのコースになっている林道常磐線です。

その林道の手前には、なちゃぎり林道の入り口があって、高水山の頂上前まで登れますが、こちらは未舗装路なので、マウンテンバイクがおすすめ。

その手前には成木の家という自転車乗りの集う施設がある、といった具合で、ここは自転車おすすめスポットの宝庫。

今日は、直進して小沢峠に向かいます。

直進した先、小沢峠成木側。こちら側は先に見える小沢トンネルまで直線路。そこそこ侮れない激坂です。最大斜度12%位かな?

P1020317resized

登り切ると、小沢トンネル。

P1020318resized

ちなみに、この橋の手前の橋の名前は、欄干の文字によると、ひらがなで..

かみなりきばし

雷鬼橋?

なかなか乙な名前。これは、この地方の雷伝説に由来するのかと思いきや、反対側の欄干に漢字で書いてありました。

上成木橋

そりゃそうだよな...←地名です

小沢トンネルを超えると、反対側は約1.5kmのワインディングロードとなって下ります。

P1020320resized

降り切った後は、入間川沿いを走る道となって、そこを進むとY字路分岐が現れそこを左へ。

ここからが、名栗湖へ向かう最後の登り。

途中の、さわらびの湯の入り口を過ぎるポイント。

P1020321resized

この先が、本日最大の激坂となります。と、言っても最大斜度で15%程なので、なんとか頑張れば登れる。

で、到着しました。自宅国立からちょうど40km。

P1020324resized
あ、いい忘れましたが、名栗湖の正式名称は有馬ダムです。

「蟻マダム」ではありません。←なんじゃそれは

なんか、随分水、減ってない?

P1020323resized

この夏は、関東地方は晴れ続きで水不足と言われていますが、その通りで、どーも頼りない状況だなと思っているとこんな看板が。

P1020326resized

これによると、この季節、水が少ないのは、台風に備えるためで、

わざとやってんだよ!

という、強気のお言葉。

なら、私は別に文句はありません、おまかせします。

さて、写真を撮っちゃうよ。まず、周りに道があるので、ぐるっと一周しましょう。

一周4.4km程で、特にアップダウンも無いし、嫌いなトンネルも無いので気楽に回れます。

こんな感じの道をのんびり周回しながら...

P1020336resized

時々、止まって写真をパチリ。

P1020337resized

自転車で走るには実にいい道です。ただ、一部細くて見通しの悪い箇所もあるので、あまり激走りをすると、出会い頭に自動車に激突、という恐れもあるのでご注意を。

まあ、車もあんまり走ってはいないけど。

ダムのちょうど反対側で源泉となっている川の上流側を見ることが出来ます。

P1020339resized

後で調べたところ、その名も有間川という川らしい。

なかなか清流の良い川だね。川遊びでもしたいぐらいだ。

だけど、そんなに大きい川ではないので、ダムの水をいっぱいにするには随分とかかりそう。

さて、名栗湖一周を終えて、帰り道、今度は逆側から小沢峠を越えなければならない。

小沢峠に向かう手前の交差点、ここを右折すると小沢峠

P1020346resizedresized

看板に、「また来さっしゃあ」の文字が...

ぜひ、またきしゃります!

で、いいのかな?←多分違う

本日の走行距離 85.4km

| | コメント (0) | トラックバック (1)

我が軍健闘するも力わずか及ばずサヨナラ負け

2012年09月08日 土曜日

自転車ファンの皆様には申し訳ありませんが、今日は野球ネタであります。

と、いうのも、我が社の野球チーム、このところブログのネタにもならないようなアホらしい試合ばかりをしておりましたが...

今日の試合は久しぶりに頑張りました! スゴイ! ホメちゃう!

というわけで、野球ネタであります。

本日は、11時より光が丘公園野球場にて試合、という事で、9時過ぎに自宅、国立を自転車で出発、1時間半程で到着。片道、約24km。

Dsc_0016resized

本日の対戦相手は、セントルイス・カージナルス風のユニホームのその名も「埼京カージナルス」

P1020302resized

着いてから気がつきましたが、このチームは主に手話でコミュニケーションしている、耳の不自由な方中心のチーム。

以前、試合をした記憶がありますが、非常にミスのないチームで、対照的に大雑把な野球の我がチームは、前回の対戦で手も無くひねられたでありました。

監督からの情報によると、今季、一試合も負けていないらしい。

言っときますが、うちのチームなんか、今季、一試合も勝ってないもんね!←堂々と言うな

このところ、我がチームの投手陣は、監督のサウスポー「ザッキー」以外は、どいつもこいつも、四球連発という、投手陣壊滅状態のため、今日は、助っ人「山ちゃん」を先発お願いしちゃいます。

P1020303v01resized

この人、見た目は、ガリ勉でスポーツ出来ない、へなちょこ野郎が人数合わせのために無理やり連れてこらされて、やらされている...という風貌ですが...

実はピッチャーもキャッチャーも含めて、全ポジションをこなせて、しかも、その全てのポジションで他の誰よりもウマイ! と、いうスーパー・ユーティリティプレーヤーなのです。

残念ながら、我が社の社員では無くて、他のチームに所属しているため、助っ人の位置づけですが、もはや、自社社員だけではチームが成り立たない現状で、とっくに純血主義は捨てている我がチームなので、すでにそんな事にこだわる必要も無いようにも思えます。

と、いうわけで、我が軍先攻で試合開始。

相手ピッチャーは、サイドスローの軟投派投手。

初回、タイミングあわず、我が軍0点

その裏、先頭バッターのセンターへの飛球を、二日酔いでセンターを守っていたヨシダが目測を誤って、頭を越されて早くもピンチ。←まあ、記録上は2ベースにしておく

後続を粘りで打ち取るも、1点先制される。

その後は両軍スコアボードに0を並べる息詰まる、投手戦....

いや〜、山ちゃん、堂々たるピッチングだよ!

時折、ヒットでピンチを向かえるも風貌に似合わぬパワーピッチングで三振を奪取。

守備陣も堅実なプレーで隙を見せない。

まるで、名古屋ドームの中日戦のような地味な展開で6回の表を向かえる。

この回、少々疲れの見えた相手ピッチャーからようやくチャンスを掴んだ我がチームは、2アウトから、6番、助っ人、ホシノの友達君←ゴメン、名前知らない が、レフトへ痛烈なヒットで待望の1点を取ってついに同点。

なおも、ランナー二人を残して、バッター、俺!

そこで、相手チーム監督、タイムを要求。すでに、ブルペンでは剛球投手の投球練習が佳境に入っていた。

おっと、ここで投手交代のようであります!

どうやら、この場面でついに、エース投手を投入して来るようだ。

まさか、うちのチームごときにエースを投入するまで追い込まれるとは、予想外であったろう...

しかし、選手層厚すぎない?

大体、エースを温存してしかも、自チームの守備中にブルペンで受けるブルペンキャッチャーもいるんだから。

うちのチームなんかいつも人数ギリギリなので、守備中のベンチはもぬけの殻...当然、女子マネージャーなど居る筈もない。←女子マネージャー募集中

↓こんな見た目の混成チームであります。ヨシダは元トラック運転手だし..←それは関係ない

P1020305resized

こんな環境に差がある弱小チームが、強豪チームのエースを引きずり出す展開!

いや〜、よくあるスポ根ドラマのネタになってきたね...

普通、この場面に現れるバッターには色々な過去があったりして、それが伏線としてドラマが盛り上がるんだよね。

で、今回バッターに立つ私ですが、このチームの会社の社長、チーム最年長の現役選手、趣味は自転車...←伏線としてはつまらん

さて、交代した、相手ピッチャーの投球練習を見ると、さすがにビュンと早い球を投げて来ているが、私は、若い頃、府中の草野球リーグで、速球投手に少々揉まれた経験があるので、むしろそこそこ速い方がタイミングが合うんだよね。

審判が、プレイをコールして試合再開。

一球目はストレート、低めにボール。

初球はいつも通り狙っていたけど、低すぎ。速いけど、全然イケる感じだ。

その後、カーブとかも交えて2球見逃しで2ボール1ストライク。

この審判は低めに相当甘い。プレート上に来たら低めでも手を出さざるを得ない。

で、次に来た低めのストレートを打ったが、残念つまってファーストフライだった。

ボールが低い分、バットの出が遅れて食い込まれてしまった。

チェンジとなって、ドラマは、先に持ち越し....

6回の裏、7回の表も地味に0点となり、7回裏の守備。

軟式野球のルール上7回が最終回。しかし、この地味な展開の試合でグラウンドの制限時間にはまだ余裕があるので、7回の裏を抑えれば延長戦となって、まだ我が軍逆転勝利のドラマの可能性はある。

最終回、7回の裏

あっという間の出来ごとでよく覚えていないのだが...多分、先頭バッター

山ちゃんの投げたボールをバッターが鋭く叩いた球がレフトへと飛んだ!

「あ〜」という情けない我が軍レフトの声が聞こえたので、これは抜かれた、と、セカンドベースのカバーに入ると(いい忘れましたが私の守備位置はセカンドです)

ボールは光が丘公園野球場独特の敷居の低い土手をきわどく超えて消えて行った..

なにこれ、これって、ひょっとしてホームラン?

サヨナラホームラン!

山ちゃん、マウンドでうずくまる...←うずくまる写真はありません

いや、山ちゃん良く投げたよ。なんと、6回0/3無四球、完投だよ。

我がチームも、失策0という、混成、どこの馬の骨軍団としては今季最高の内容だったと思います。

P1020299resizedresized

いや、敗戦とはいえ、次につながるいい試合だった。←6回にあんたが打ってりゃ勝てたのに←それをいっちゃーおしまいよ

本日の走行距離 49.0km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android ミニ PC MK802IIは使える

2012年09月02日 日曜日

せっかくの週末なのに、昨日からここ東京多摩地区では、猛烈な集中豪雨が幾度となく襲って来るという状況。

これじゃ、自転車で出かけられない。残念。

そこで、久しぶりにITネタであります。
実は、また、へんな物を買ってしまいました。
これです。↓

Dsc_0012resized
あのね、キーボードとマウスは大きさがわかるように置いただけです。
かわいい、箱でしょ。
こんな小さい箱だけど、この中にPCが入っているんだよ。

で、中に入っていた本体はどんなものかというと、これです↓

Dsc_0014resized
あのね、マウスは関係ないよ、大きさがわかるように置いただけだから。

この、USBメモリーを一回り大きくした程のスティック。これで、PCなのです。

Rikomagic MK802 II といいます。

これを、HDMI端子があるテレビに差すと...

192168045

こんな風に、アンドロイドが立ち上がっちゃいます。

しかもandroid 4.0 あいすくりーむさんどうぃっち

すごい!面白い!この時点でもう買いだ!

で、いくらするの? と、調べてみると、中国の直輸入のサイトで66ドル、しかも日本へ送料タダ。

安い!絶対買いだ! で、納期はどのくらい?2日+15日? そんなに待ってたら新製品出ちゃうんじゃない? なに、15ドル追加するとFEDEXで2日+3日で届く? それ、のった! 15ドル追加で買う!

と、いうわけで、速攻買いして、先日届いたんですよ。

実は、この製品は新製品で、その前のモデルはamazonでも買えるのだが、なんか遅くて使い物にならないという噂があって躊躇していたのだが、今回のはCPUがデュアルコアになって、メモリーも倍の1GBとなったそうなので、先回りしてわざわざ中国サイトから買ったのであります。

しかし、普通のテレビに差して画面を指で突っついても普通反応しないよね、スマホじゃないんだから。

ご安心を...このPCはUSBホスト端子を持っていて、そこにマウスやキーボードを差せばそれで操作できるのだ。

て、ことは、USBの無線キーボード+マウスセットがあると便利だね...と、いうわけで、amazonで買っておきました。エレコムのTK-FBM031BKというやつです。三千円ちょっとで買えました。

使ってみると、おー、家のwifiに難なく繋がった。ブラウザーもちゃんと動く。やった、すごい!

で、これ、何に使うの?

我が家はすでに総数が計り知れない程のPCがあるのだ。また増えた...

しかし、今回はちゃんと目的があるのだ。第一義的目的は..

メディアプレーヤー

我が家の音楽や動画のメディアはすべて家庭内LAN上のDLNAサーバーに蓄積されている。

このPCがあれば、テレビに差すだけでどこのテレビでもそれが見られるようになるはず。

アンドロイドでは、skifaというという無料のアプリでDLNAメディアを扱うことが出来るようなので、早速、Google Playからインストールして見ると、全く問題なく、我が家のサーバーのコンテンツを再生できました。

1921680454

なお、参考のため、述べておきますが、サーバーはubuntu server上で動いているMediatomb。

アンドロイド側には動画プレーヤーとしてMX動画プレーヤー、音楽再生用に、Rock Player lite(これでwmaも再生可能)(いずれも無料)を入れてあります。

これで、メディアを選んで音楽再生、動画再生可能。

1921680453

実に快適だ。

Dsc_0011resized

↑はうちの息子がサーバーに入れた、ジブリの「耳をすませば」を見ています。

ここまでは、期待通りの動きだ。

あとは、HDレコーダーで録画した地デジ番組とかのDTCP-IPで保護された動画を見られたら最高なんだが...

この、DTCP-IPというのが曲者で、ちゃんとしたメーカー製の製品だけが許可を得ている様子で、普通のPCのアプリや、インチキ臭いハードウエアだと、まず見られないんだよね。

しかし、うちの息子は、アンドロイド4.0上で、twonky beam というアプリを動かす事で、DTCP-IPで保護された動画もスマホで見ることが出来る事を発見したのであります。

実際、私のスマホはすでに4.0なので、アプリを入れて試したところ、あっさり見られました。

それならば、この実にインチキ臭い中国製ミニPCでもひょっとしたら行けるかも?

なにしろ、アンドロイド4.0(コードネーム:あいすくりーむさんどうぃっち)搭載だし。

で、やってみました、結果は....

1921680452

アウト〜!

う〜ん、なんで?というか、やっぱり、というか...

これがOKならば、今後の家庭でのメディアプレーヤーはこれで決まり!と言えたのに。

なお、YouTubeなんかは、全然問題なく快適に見られます。

1921680455

ブラウザーはFirefoxでOK。

1921680456

まあ、Firefoxあたりになると、私の最新のスマホに比べると少々動作が重い感じがしないでも無いが...

その辺は、所謂、中華タブレット並みのパフォーマンスと思っていただければ良いようであります。

なお、IMEはshimejiを入れて使っています。Google日本語入力は重すぎてダメだった。

全体の動作が重くなって来たら、TaskControlというアプリで、一旦全てのアプリをバシッと終了させると、復活します。

1921680457

なお、これらのアンドロイドの画面のスナップショットは、airdroidというアプリでPCにwifi経由で繋いで、PCのブラウザーから撮ったものです。

以前は、PC上のandroid sdkと開発モードで繋いでやっと画面のコピーが撮れるという状態だったのに、これはブラウザーで撮れてしまうので非常に便利。

このアプリ、ファイルの交換も簡単だし、なかなか良いです。

さて、このミニPCの使いかたですが、これだけちっちゃいとアイディア次第で、色々使い道はあるのではないかな?

例えば、今後のプロジェクターはHDMI入力は当たり前になるだろうから、このスティックとマウスだけ持って行けば、ノートPC無しでプレゼンやデモが出来るだろうし。プレゼンの原稿はGoogleDocs等のクラウドに入れて置けば良いだろうし。ネット接続はスマホのwifiテザリング経由で繋げばOKだし。

友達の家に持って行って、茶の間のテレビに繋いで、SDカードに入れた動画を見せて自慢するとか..(SDカードスロットももちろんあります)

なお、電源はマイクロusb端子から給電となっているので、usbの電源アダプター(か、PCのUSBに繋いでもOK)は別途必要です。

ところで、一通り使ってみて、充分使える製品という結論ですが、一部気づいた問題点は今のところ以下のようなところ。

  1. 無線で繋いだキーボードの一部のキーが合っていない。例えば、「@」のキーを押すと「[」が出る。この場合は、その文字だけ画面上のソフトウエアキーボードをマウスで押して凌ぐ。
  2. 我が家の茶の間のTVだけ、なぜか画面の色がおかしい。三原色の緑が欠けているのか異常に紫掛かった色になる。

2の問題は実は致命的な問題で、本来茶の間で使おうと思っていたのに、使えない...

これは、テレビにHDMI端子が無くて、なぜかDVI端子があるので、HDMI-DVI変換ケーブル経由で繋いでいて、しかも間にAVアンプが挟まっているという、我が家のテレビ側の特殊事情による問題と思われます。

悔しいので、HDMIをs端子およびコンポジットに変換する機械をamazonでオーダーしてしまった。

LKV381という機械です。

なんだか、本体より、周辺機器の方が高く付いて来た...

本日の走行距離 0km

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »