« 檜原村、林道入間白岩線で藤倉から数馬へ完抜 | トップページ | 清流と森の道 小津林道 »

林道大入線で精霊の蝶に会う

2012年08月05日 日曜日

今日も良い天気の日曜日なのだが、朝から自宅のPCをいじっていて時間を潰してしまった。
もう、10時を回ってしまった。今から出かけるとするとあまり遠くにはいけないな。

どこに行こうか考えているのも時間の無駄なので、とりあえずマウンテンバイク xtc4に乗って、自宅国立を出ました。

実は内心、浅川経由で小津の方に行こうかと思っていたのだが、気がついたら多摩サイを走っていたので、しょうがない、このまま福生南公園まで走って、その時の気分で、五日市方面か青梅方面かを決めよう。

それで、決めました。
軍畑から梅の木峠です。
理由は、

  1. 高い所の方が涼しそう
  2. 峠を超えて、つるつる温泉から秋川街道に行く下りの道が緩い下りで心地よい

多摩サイを羽村まで走って、奥多摩街道から青梅に向かい、青梅街道を走る。

軍畑駅前から、軍畑大橋を渡って対岸の吉野街道に入り、少し登ると、左側に林道に向かう分岐点がある。

そこを入って500m程行くと、林道大入線のゲートに到着。

P1020017resizedresized

一応、林道関係者以外は入るなと、なっておりますが、以前私は、ここで困っている林道関係者を中に入っていって助けた事がありまして..←たまたまだけどね

もはや、林道関係者と自負しておりますので、ゲートの右の隙間から、よっこらしょ、と自転車を入れて先を進みます。

峠まで、ゲートから約4km。標高600m級の峠なので、結構激坂。

特に、前半が15%級の坂が続く、また、最後の最後あたりもキツかったかな..

しかし、キツい斜度があまり長くは続かないので、私の脚力でも問題なく登れます。

特に今日はマウンテンバイクなので、楽です。

P1020019resized

しばらく登ると、こんな広い空間に遭遇。

P1020024resized

ここは、山火事等の際に使う非常用のヘリポートらしいです。

しかし、今日は良い天気だ。青空の色がキレイ...

大分高度を上げて、峠も近くなった頃、

P1020031resized

最後のキツい坂をギリギリと登っている私の右後ろから、黒い蝶が現れました..

あ!あの蝶だ...

山の中で一人きりで居る時に限って現れる不思議な色の蝶。

私は、この蝶は、

もう死んでしまった誰かが、蝶に姿を変えて私に会いに来ている...

と信じています。

坂をジリジリ登っている私の自転車の前に回って、調度私の走る速度に会わせて、まるで、私を先導するように飛んでいます。

「こっち、こっち、ガンバレ、ガンバレ」

といっているように...

この蝶とは何度も遭遇しているのに、後から思い出すと、何故か羽の色が良く思い出せなかった。

紫のような、ブルーのマークが入っていたような、緑色のイメージもあるような...

今日は目の前を同じ速度で飛んでくれたので羽の色をじっくりみることが出来た。

それは、不思議な色だった。

遠目にみるとまったくの黒に見えます。ただ、羽を広げて、それを動かすと、色が紫になったり、ドキッとするような綺麗なブルーが現れたり、あるいは緑の部分が現れたするのです。

キラキラと見る角度によって色が変わる...思い出そうとしてもわからない、不思議色の蝶です。

蝶は、少しの間、私を先導するように飛ぶと、現れた時とは逆の左後方へと消えていきました。

一瞬というよりも、もっと長い時間だった。また、会えて、また励ましてくれた。

今年は、大丹波ヘリポートで出会ってから2度目。通算では恐らく6度目か7度目。

あなたは、誰なんだろう...死んだ友達の顔が思い浮かぶ。

精霊の蝶に元気をもらって、無事に峠に着きました。

P1020038resized

良い天気で、良い眺め

P1020033resized

下りのつるつる温泉から秋川街道への道は、気持ち良かった。

「ありがとう、また、山で会おう」

本日の走行距離 71.2km

|

« 檜原村、林道入間白岩線で藤倉から数馬へ完抜 | トップページ | 清流と森の道 小津林道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/46668968

この記事へのトラックバック一覧です: 林道大入線で精霊の蝶に会う:

« 檜原村、林道入間白岩線で藤倉から数馬へ完抜 | トップページ | 清流と森の道 小津林道 »