« 連光寺周回コース | トップページ | 檜原村、払沢の滝の10km奥の滝、雨乞いの滝 »

絶景の林道 奥多摩 林道小中沢線

2012年06月30日 土曜日

先日登った奥多摩の大丹波ヘリポートの他に、奥多摩には「奥多摩ヘリポート」というのが、氷川(奥多摩駅)の辺りにあるそうだ。
本日はそちらの方に行ってみようと、クロスバイク giant escape r1に乗って出かけました。

自宅、国立から多摩サイで羽村へ。その先奥多摩街道→青梅街道と走って、ようやく奥多摩駅近くに到着。

P1010800resized
どうやら、日原街道は落石の影響で途中通行止めの模様。
今度、日原街道の方にも足を伸ばしてみたいと思いますが、こんな風に通行止めになったりするところが、実に山奥というか秘境というか、天空の集落というか...
普段街中に住んでいる人間にとっては恐れ多い感じがするんだよな。

すでに、国立から45kmも走っております。しかも、青梅街道はずっと登りで予想以上に長く感じた。

しかし、ここからが本番であります。

奥多摩駅をすぎてすぐに、「奥多摩むかしみち」の入り口が右に現れるので、ここを右折。

P1010801resized
むかしみちはすぐ左折だけど、今日はここを直進する。
直進した先はいきなりの激坂の模様。

P1010824resized
行け!

とばかりに激坂に突入したけど、相当な前傾姿勢をとらないと前のタイヤが浮いてしまいそうな超激坂であります。

ちょっと待った!
こんな坂はおじさんには無理であります。

最初の100mであっさり撃沈...自転車から降りて押して登ります。

しかし、今まで数々の激坂に挑戦してきたけど、こんなに早い撃沈は初めて。
大体、甘く見てクロスバイクで来たのが間違いだった。マウンテンバイクならもう少し登れたと思うが...

自転車を押して行こうとすると、立て札付きの立派な杉が 。

P1010802resized_2
というか、ただの杉だよ。立て札の説明を読んだが、別に由緒のあるものでは無いらしい。

自転車を押して登って行くと、ようやくなんとか自転車に乗れそうな斜度に落ち着いて来た。

P1010803resized

私の実力ではクロスバイクの場合、15%が限度。この先少しは乗れたがまたまた、超激坂となって、降りて押す。

乗ったり、降りたり、忙しく、それでもなんとか前進していくと、林道の標識が登場。

P1010805resizedresized

なにこれ?字が消えてて、よめねーじゃねーか。

帰ってから調べたところ、林道 小中沢線と判明しました。

しかし、これだけの激坂なので、わずか数百m進んだだけで、もうこんなに高いとこまで来ちゃってます。

P1010806resized

この道、舗装路ではあるけど、自転車で登るというよりはむしろ登山道並みの斜度。

自転車を押していると、サイコンの表示が22%とか信じられない数字を瞬間的に示したりする。

どうやら、自転車乗りよりもハイカーに有名な道なようです。

この後も、根性を発揮して乗ったり降りたりしていくと、分岐点が登場。ここが、多分、入り口から3km前後行ったところ。

P1010810resized

予習が足りなく、どっちに行ったらいいかわからない?
右は東京農業大学の農場とか書いてあるので、「そんなん、ひとんちじゃん」と思って、左に行くことにした。

しかし、実はここが運命の分かれ道で、ホントは右が正解だったんだよねー。

知らずに左に進む...

この分岐点を越すと、とりあえず斜度がゆるんだ。

やった、こうなりゃ勝ったも同然!

と、自転車に乗って快調に進む...がまた、すぐに激坂が始まる。

P1010811resized
しかし、こんな山奥の林道なのに、なんで電線が通じてるの?
イマイチあの電線が興ざめだな。大自然の中というより、ただの田舎道みたいに見えるんだよね。

と、思ったら突然家が現れた。

P1010813resized
ここから上を見上げると、左右に九十九折に道が続いて、上にももう1件あるようだ?

P1010814resized
後で調べたところ、ここは2件の家がある「城」という名の集落だそうです。
2件でも集落というのか?1件なら絶対集落じゃないと思うけど、一応複数だから?
まあ、それはどうでもいいけど、しかし、こんなとこに、よく住んでるよな(失礼)。

なぜ、集落の名前が「城」なのか?ひょっとして北条氏系か三田氏系の城跡か?

いや、私が頻繁に運命的に出会う平 将門に関係があるのかも、と後でネットで調べて見ると、案の定、将門の城跡が由来になっているそうです。

「将門殿、こんなところで、奇遇ですな」

電線があったのはここに集落があるからなのか。

この辺まで来た時点で、なんとなく、この先にヘリポートがあるような気がしなくなってきた。
どこかで、道を間違えた予感がする。←正解

どうしようかな、もう一回ちゃんと道を調べ直す事にしてもう帰ろうかな?
まあ、いいかこの九十九折の上まで行ってみよう。

気を取り直して、また自転車に乗って必死に登る。

九十九折を超えると、なぜか道が平坦になってきた。
坂が緩んだ分、スピードを増してどんどん進む。

しかし、道を間違ったとしたら俺はいったいどこを走っているんだろう、スタート地点ですでに家から45kmも離れていて、さらに知らない道をどんどん進むと言うのは少々心細くなってきた。
だが、この道はなぜか上から車が結構頻繁に降りて来たり、ハイカーのグループとすれ違ったりするので、危険な方向に向かっている訳では無いだろう。第一まだ、あの野暮な電柱と電線は道沿いに続いている。道も舗装路だし。

途中で引き返すキッカケを失ったまま走って行くと突然左側に視界が広がった!

P1010815resized

スゲ〜!

絶景です。ハイカーが来る理由はこれですかね。感動ものです。

サイコンで標高を確認するとすでに700mに迫ろうとしている。

すごい、このまま行くと和田峠の712mを超えそう。

大発見だな。偶然迷いこんだのにこんな景色に出会えるとは...

とりあえず、まだ道は続く...ここで引き返す理由も無い。

P1010817resized

この先は激坂は無くこんな感じで終点となりました。

P1010820resized

で、この終点も絶景ポイントであります。

P1010821resized

標高はたしか、740m以上だったと思います。

P1010822resized

こんな、眺めが良いポイントなんだから、時坂峠みたいに峠の茶屋でも作ればいいのに、と思ったりするが、実はこの絶景のちょうど反対の山側には、大きな別荘らしき建物があります。

後でネットで調べたところ、なんと私の地元を地盤としていたO元国会議員の別荘だそうです。

しかし、この別荘のために、電線ここまで引いて来たんじゃないの?

いや、この道の終点の先を見ると、こんな感じで、物資運搬用のモノレールが上に向かって伸びています。

P1010819resized

と、いうことは、このさらに上で働いている人も居る、という事らしい。

これだけ登って来て、地の果てに到達したかと思ったら、まだまだこのあたりは秘境でもなんでもないんだね。

しかし、予想通り、目的のヘリポートには到着しなかったけど、思わぬ大発見で満足でした。

入り口から終点までのルートです↓


より大きな地図で 林道小中沢線 行き を表示

この道、自転車乗りの間ではまったく話題にならない道だけど、激坂大好きなヒルクライマーにおすすめだけどね。

きのこセンター(風張林道)並みの激坂ながら、ロードバイク乗りの話題にならない理由があるとすると、

  1. 舗装路ながら道が結構荒れている
  2. 車の往来が少々ある
  3. あまりにキツい激坂が所々ある

と、いったところか。

こんど、近いうちにマウンテンバイクで、今度は間違えずにヘリポートの方に行ってみたいと思います。

本日の走行距離 101.9km

 

|

« 連光寺周回コース | トップページ | 檜原村、払沢の滝の10km奥の滝、雨乞いの滝 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/46078533

この記事へのトラックバック一覧です: 絶景の林道 奥多摩 林道小中沢線:

» 東京多摩地区自転車ガイド:林道小中沢線(三ノ木戸林道) [東京多摩地区自転車ガイド]
奥多摩駅から奥多摩むかし道に入る道を直進。その先約5kmあまりのピストン林道。途中絶景ポイントあり。終点の地点も絶景。終点の標高745m。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 19時13分

« 連光寺周回コース | トップページ | 檜原村、払沢の滝の10km奥の滝、雨乞いの滝 »