« 発見、日の出町、白岩の滝の上の滝 | トップページ | 檜原村、林道入間白岩線で藤倉から数馬へ完抜 »

非常に間違ったルートで滝山城址公園に向かう不思議な体験

2012年07月21日 土曜日

天気がパットしないので、山に行くのはやめてどこか近場に出かけようかな。

前に行った八王子城址に続いて、城址シリーズ、今日は八王子の滝山城址公園に行くことにいたしました。

とりあえず、目的地の地図を印刷しておいて...
今日はマウンテンバイク giant xtc4 を選択して、自宅国立を出発しました。

多摩サイ、拝島橋を渡って...目的地は対岸のすぐ西側あたりなので、橋を渡ってとりあえず、右に入る道を探す。

地図によると、最初の右折ポイントでそちら方向に向かう道があったので、そこを右折して走ると...意外にもこんな感じの道になりました。

P1010893resized
市街地から一本入っただけで、こんな山道風のいい感じの道があるとは驚きだね。
この先を行くと..

P1010894resized
おお、なんか立派なグラウンド設備が登場。
地図的にはここの左あたり何だけどな..左に行く道無いかな...と直進して行くと。

P1010895resized
なんか、田んぼ道になっちゃいました。
これって、絶対行きすぎてるよな...もどろ。

と、またグラウンドに戻ってきて、駐車場の前。

P1010897resized
地図の位置関係からすると、あの正面の山の上あたりが目的地なんだけど。
そうか、武田信玄の猛攻にも耐えた滝山城なんだから、そう簡単に到達できないようになっているんだろうな。こっち側から行く道は無さそう..

と、いうわけで、とりあえず、16号まで戻って、もう少し先まで行って右に入れそうな道を探す。

すると...

ありましたよ!16号の右側の歩道から、そのままズバリ。滝山城跡入り口。

P1010898resized
向かった道は結構激坂。最大斜度15%。

P1010899resized
て、やんで〜とばかりに登って行くと。

なに、これ...

P1010900resizedresized
数百mも行ったところで道が無くなってます..

約束が違う!

おかしいな..そういえば道に入ってすぐの所に階段があったな。そこまで戻ってみよう。

P1010901resized

ここを登れって事かね?

だったら、なんでこの先に道があるんだ!

しかし、自転車を担いで登るのもちょっとね...

仕方がない、この入り口は断念して、他を探そう。

と、いうことで、16号に戻り、その先、右に入れそうな道を探す。

すると、その名も「滝山街道」という道が現れたので、そこを右折する。

位置的にいうと、さっきの階段の先あたりに向かうとすると滝山街道からさらに右折して山に登って行く道があれば良いのだが...と探すと。それらしい道が...病院に向かう道だけどね。

P1010902resized

ここを登った先が、ちょうどさっきの階段を登ったあたりになるはず。
行ってみましょう。

どうでもいいけど、すごい激坂だよ。最大斜度18%もあったよ。
ヒーヒー言いつつ、登りきると、病院の駐車場。

P1010903resized
ここから、山の方に入って行く道は...

あった、あった、これに違いない。きっとここだ。

P1010904resized
この道を入って行くと..

P1010905resized
なにこれ!また行き止まりだ。

う〜ん。さすが難攻不落の滝山城。戦国武将の怨念が近づくことを拒んでいるとしか思えん。

だが、ここであきらめたらブログのネタにならんしな..

ようし、それならば、より確実な方法を選択しよう。
さっきの階段は滝山城址へ向かっていることは間違いないのだから、とりあえず階段の所まで戻って、自転車を置いて徒歩で向かおう。目的地の公園に着いたら、自転車で到達出来る道もすぐ見つかるだろう。

と、いうわけで、一旦先ほどの階段まで戻り、自転車を置いて、階段を登ってみました。

登った、先は...森の中の山道だ。

P1010906resized
なにあれ、こんなところで子供が一人でこっちを見てる...

P1010907resized
どうやら、等身大の人形のようだが、なんでこんな物があるの?恐いよ...

手前には一輪だけ白いユリの花が揺れてるし。

そういえば、滝山城址というのは心霊スポットとしてもネット上で噂されているところらしい。

やはり、戦国武将の恩怨か..

しかし、この道、都立公園へ向かう道とはとても思えない。
そもそも、こんな市街地の真ん中にこんな不思議な森の道がある事自体、ちょと信じられない。

と、思って歩いて行くと、今度は目の前に倒木が。

P1010908resized
いや〜、来たね。図らずもアドベンチャー感覚満点になってきたね。
写真に戦国武将の幽霊とか写ってない?

しかし、歩いても、歩いても道が続く。気がつくとこんなミステリアスな森の中に入っていた。

P1010910resized
もう、1km以上は歩いてるよ。なんなんだこの道は...
変な夢を見ているような気分になってきた。おれはいったいここで何をしているんだ?
しかし、道はまだ続く。おれは道に吸い込まれるように歩くのみ..

P1010911resized
すると、道の左側にガイドの看板が現れた。

P1010912resized
ありがたい、この看板のおかげで今自分がどこにいるのかが分かった、と同時に現実的な思考も回復。

この地図によると、目的の滝山城址はまだ結構先だ。
ただ、滝山城址へは滝山街道の滝山城址下バス停から道が通じている事が分かった。
このまま徒歩で滝山城址へ向かっても、結局は自転車を取りに、今来た道を徒歩で戻らなければならない事を考えると、ここからすぐに自転車を取りに戻って、自転車で滝山街道を走って、滝山城址下バス停から公園へ向かうのがベストの選択だろう。

と、いうわけで、歩いて戻りましたよ、今来た長い長い、不思議の森の道を歩いて。
しかし、なんで歩いて何kmも先にあるのに、堂々と「滝山上城跡入り口」って書いてあるわけ?

まあ、先が何キロあろうが行き着くなら「入り口」かも知れないが。

で、階段の下に止めていた自転車に乗って16号を走り、再び滝山街道へ。
滝山街道をしばらく走って行くと、ありました、滝山城跡入り口。

P1010913resized
しかし...
後から分かった事ですが、この入り口の看板も、実は戦国武将の怨念が造った罠です。
本当の入り口は、ここより先の滝山城址下バス停から登る道です。

私は怨念に幻の看板を見せられたと思ったのだが、でも、こうやって写真に写っているんだから現実にある看板なのかもしれない。
いずれにしろ、後で地図で確認しましたが、八王子すみれ幼稚園の入り口の道は滝山城址公園に繋がる道では無いです。ご注意を。

間違えて入ると、今日の私にように恐ろしい目に会います...

いずれにせよ、私はこの看板を信じてこの道を入りました。
右側にはなぜか竹林。

P1010914resized

この先を行くと突き当たり。

P1010915resized

ここを右に行くと、他人の敷地で立ち入り禁止。

目の前も、幼稚園の駐車場で立ち入り禁止。

残りの選択肢は?というと、左に行った先にある、この林道風の道です。

P1010916resized

今考えると、このあたりで、どう考えても都立公園に向かう道じゃない、と気づくべきだった。

しかし、私は、武将の怨念の罠に吸い込まれように、この道に向かってしまった。

しかも、マウンテンバイクの本領発揮!とばかり嬉々とし向かって行ったのであった。

行った先はこんな感じのいい感じの道です。

P1010917resized

先を行くと、ダブルトラックがシングルトラックに変わった。右側はなぜかとうもろこし畑。

P1010918resized

その先を行くと、シングルトラックどころか、けもの道みたいになって、しかも倒木が行くてを阻む。

P1010919resized

これって、本当にバス停から都立公園に向かう道なの?←そんなわけないだろ!

うわ、もうジャングルだ!でも、道はかろうじてあるので意地でも先を進む。

P1010920resized

なにこれ、こんな坂じゃ、自転車押し上げるのも困難。

P1010921resized

ここに至って、さすがに考えた。

このまま、自転車担いで突き進むと、その先が奈落のそこになっていて、戦国武将の怨念の思うツボ、って事もありえる。

そこで、ここに自転車を置いて、徒歩でこの先を偵察に行くことにしました。

しかし、この山には不思議なことに、所々に白いユリが点在して花を咲かせているのです。

P1010927resized

いちりん、いちりん、ばらばらに点在している。

こんなけもの道のような所に咲いているのだから野生のゆりなんだろうね。

形を整える人の手も無いせいか、みんな下を向いている。

それが、私には戦国武将の墓標のように思える..

先を歩きました、結構ね。さすがにさっき歩いた程じゃないけど。

で、その先にあったのが。

P1010922resized

これは、恐らく、さっき階段から歩いた不思議の森の道の延長線上の道に合流したようだ。

しかも、、道標に滝山城跡の表示もある。道は間違って無い!←間違ってたんだよホントは..

そうとなれば、自転車を取りに行かなければ。

で、戻りましたよ歩いて、歩いて。そこから自転車押して、押して。ようやくこの道まで、愛車を引きずるようにやって来ました。

この先の道は、久しぶりに自転車に乗って走れる道。知らない爺さんがジョギングしている。

P1010923resized

先を行くと道が、舗装路になった。

P1010926resized

ようやく俗世間に戻ってこれた...

今、私が来た道はこちら。

P1010929resizedresized

これ、林道関係車両をのぞく進入禁止、て事は、やっぱり相当アウトローな道を来たってことだ。

で、ようやく到着、確かに都立公園だ。

P1010930resized

こんな感じで多摩川を挟んで対岸が見渡せるところもあります。

P1010935resized

結局、帰りは、 こんな感じの激坂を下って難なく滝山街道のバス停まで降りていけました。

P1010953resized

しかし、今日は不思議な体験をした。

あの不思議の森やけもの道に咲くユリの花は現実だったのだろうか?

夢の中の出来ごとのように思えるけど...

でも、こうやって写真があって、ブログを書いているって事は現実なんだろうな。

これも全部夢だったりして.....

本日の走行距離 40.4km

|

« 発見、日の出町、白岩の滝の上の滝 | トップページ | 檜原村、林道入間白岩線で藤倉から数馬へ完抜 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。
今回のこれは最高です。何度も笑いました。
社長が身を挺してくださったからこの笑いがあるのですね。感謝感謝です。

投稿: HAMAちゃん | 2012年7月21日 (土) 22時21分

いつもブログを拝読しています。私も滝山城址公園には数回行きました。運動公園を過ぎたところ、畦道の手前で左折するとすぐに公園への入口があります。その舗装道路を進めば楽々と公園のほぼ真下まで行き着きます。最後の上りは段々なので自転車を押す必要があります。また、拝島橋を渡って直進した右手にある入り口ですが、最初の階段さえ上れば、あとは、MTBなら尾根伝いに楽々と公園まで行き着きます。ご参考になれば幸いです。

投稿: BINAN | 2012年7月22日 (日) 19時37分

BINANさん、情報ありがとうございます。
私も、帰りに、滝山街道の反対側から入れる道もあるのを確認しました。
あと、森の道も、おっしゃるとおり、MTBなら走るのに良い道だと思いました。ただ、あの階段を自転車を担ぎあげるのが大変なので、行くとしたら公園側からだけど、林道関係車両をのぞく進入禁止かな。

投稿: 本人 | 2012年7月23日 (月) 10時35分

林道タマチャリンの横尾です。
コメント有難うございます。

小津林道いいですよ!是非行って見て下さい。

ちょっと距離が短いので物足りないかもしれませんが、
林道迄の景色もいいですし、入山川も綺麗です。
小津川は普段ほとんど枯れているのですが、
給水所を過ぎ上流に向かって行き上流端を過ぎ、入山川になった頃には復活しますので、御安心を、、、。
私は明日大入線を走ろうかと思ってます。
梅の木線は走ったのですが、
その先の青梅側へはまだ行ったことがありません。途中の支線の三門口線と桧岩線もかなり気になるのですが、情報が殆ど無いのと、あってもちょっと不気味そうな雰囲気なので躊躇してます。
暑いのでお互い気をつけましょう
ではでは。

投稿: yokohisa | 2012年7月31日 (火) 22時22分

偶然検索していてこちらにきました。40代男性です。滝山城跡は、小学生の頃の一時期、比較的近くに住んでいましたので、大変懐かしく、楽しく読ませていただきました。有難う御座います。

ところで、小学生の頃、その国道16号線から入っていく山道(★ハイキングコースと言ってください!きれいな道でしょ?(笑))で写真を何枚か撮ったのですが、その中に、そこに武将の顔のように見える青白い光のようなものがいくつか写った写真があったのを覚えています・・。心霊好きの友達に見せて一緒に騒いだのがとても懐かしいです。懐かしく思い、今、家で昔の写真を漁ってるんですがどうしても出てきません。恐らく捨てちゃったんだと思います。ホントにすんげえごっつい武将の顔っぽい感じでした・・・・。武田信玄との戦いは本当にすさまじかったらしいですからねぇ。

投稿: 匿名です。すみません | 2013年7月 9日 (火) 22時02分

匿名さん、心霊写真の件、ちょっと背筋がぞっとしました。
戦国武将の怨念はホントにあるのかも。

投稿: 本人 | 2013年7月11日 (木) 12時51分

滝山城跡をグーグル検索してみたところ、こちらのブログに辿り着きました。
 写真と文章、構成が上手で見る側も一緒に行っている気分になれました。行き止まりのシーン、彷徨うシーンどれも目的地に到着するまで、こちらもドキドキ(笑)
とても楽しめました。
気付くと 二年前のブログなのですね。
 滝山街道・・・私も過去何十年も前にはよく行きました。
あのあたりは山道で 本当に訳の分からない場所ですが
でも とても都内とは思えないほどに 良い場所だったと記憶しています。
 偶然に見つけたページでしたが 楽しく過ごさせて頂きました。有難うございます。

投稿: linca | 2014年4月17日 (木) 03時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/46410233

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に間違ったルートで滝山城址公園に向かう不思議な体験:

« 発見、日の出町、白岩の滝の上の滝 | トップページ | 檜原村、林道入間白岩線で藤倉から数馬へ完抜 »