« 檜原村、払沢の滝の10km奥の滝、雨乞いの滝 | トップページ | 非常に間違ったルートで滝山城址公園に向かう不思議な体験 »

発見、日の出町、白岩の滝の上の滝

2012年07月16日 月曜日 (祝日)

連休3日目、今日も良い天気だけど暑いよ、昨日より..

昨日、マウンテンバイクで90km走って檜原の雨乞いの滝まで行って来て、足がパンパン状態なんだけど、この好天ではまた自転車で出かけるしか無いでしょう。

暑いから、また、滝かな...近めで涼しい滝というと、檜原「払沢の滝」か、日の出町「白岩の滝」。

払沢の滝は多分すごい人出でしょう。人の多い観光地に行くか、人の居ない山の中に行くかの選択。

人恋しいような気分の時はお祭り気分の観光地も良いけど、今日は孤独を楽しみに山へ行きます。行き先は「白岩の滝」に決定。

自宅国立から、今日はクロスバイク escape r1 を選択して、多摩サイ→睦橋通り→武蔵五日市駅前、とここまでは昨日と同じ。

ここから、右折して秋川街道を青梅方面へ登り、つるつる温泉入り口を左折。
将門伝説の残る通矢尾根を右に、左に平井川の清流を見ながら進んで、つるつる温泉に至る少し前、

白岩の滝のバス停。ここから左に平井川を渡って、林道へと入って行きます。

P1010871resized
この入り口から約1kmたらずで、滝の入り口に到着。

P1010872resized
自転車を置いて、遊歩道に入ります。

遊歩道を歩いて、すぐ、雨乞い橋という橋があってそこからの眺め。

P1010873resized
これが、日の出町の雨乞いの滝らしいです。
昨日行ったのが檜原村の雨乞いの滝で、それを含めて檜原村には3つの雨乞いの滝があるそうですが、これは多分日の出町なので、その3つの勘定には入っていない別ものだと思います。

昔の人の雨乞いを祈る気持ちと、それが滝に繋がるという連想は恐らくどこにもあって、全国いたるところに、雨乞いの滝はあるのではないでしょうか?

その先を行けば、すぐに「白岩の滝」に到着。

P1010876resized
ここは滝壺の目の前まで降りることが出来て、そこに座ると沢を下って来る風が滝が削った谷間からフ〜と吹いてきて実に涼しいのであります。
これは、天然のクーラだ!って話は実は前にもブログに書いたので、今日は本当はブログの記事にするつもりは無かったのでありますが..

ここからが、実は大発見の話!

人知れずの奥地だったはずの白岩の滝ですが、今日は結構人出があって、子供づれで滝壺で遊ぶ姿が見られたり、
「いや、どうも、そこからこっちに降りられますよ」
なんて他人と会話したりして、いつもと雰囲気が違っていたのですが、

滝の右側に登る山道みたいなのがあって、そこで私がいつも腰掛けておにぎりを食べるのですが、そこから人が降りてきたのです。

なに!これって、人が降りてくるってことは、この上に登れるって事だよね。

よーし、登ってみようじゃないの。登る道はこんな感じで結構、素人目には、道なき道って感じ。

P1010887resized

トレッキングど素人で、山道かなり苦手な私でありますが、とりあえず行けるとこまで行こう。

途中、こんな難関があったが、今回はすっころんで痛い目に会うリスクよりも好奇心が勝って、なんとか突破。

P1010886resized

その先を進むと、完全に白岩の滝の上に出ました。

そして、そこにあったのは!

P1010880resized

滝だ〜!

なんと、上にも滝があった。

今まで何回も来ていたのに知らなかった。大発見だ!

で、先を見ると橋があって、その先に滝見物、特等席的なテーブルとベンチまである。

今度はここでおにぎり食べよ。

P1010884resized

と、いうことは、私が歴史的大発見をした訳では無く、以前からここは「ようこそいらっしゃい」的に整備されていた訳だ。 

しかし、例によって、私の苦手な木の橋がある。橋の左側は沢まで結構な高さで恐いよ。

しかし、幸いにも右側が壁になっているので、最悪すっ転んでも、「全体右にこけるのだ!」と心に誓って無事渡りました。

渡った側から別アングルの一枚。

P1010881resized

いや、実に立派な滝だ。こんなのがあるんなら、下に、「ここを登るとまだ滝があるんだよ」的な案内をだしときゃーいいじゃねえか。ホントまったく。

いやいや、意外な発見があって満足でした。

涼しかったし。

本日の走行距離 63.2km

|

« 檜原村、払沢の滝の10km奥の滝、雨乞いの滝 | トップページ | 非常に間違ったルートで滝山城址公園に向かう不思議な体験 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、
ちょくちょく拝見しております。
いつもご立派だと感心しております。

また私の探索の際に常々参考にさせていただいております。

実は白岩滝その更に上にも巨石の小滝があります。
私も今年の3月初めて行きましたが、
あの遊歩道は比較的歩きやすいですし、
タルクボ線まで20分も歩けば出れます。

この時期は激薮なのでお止めになったほうが宜しいと思いますが、草が枯れた頃に是非行ってみたください。
結構面白いですよ。

貼ったアドレスはパノラミオですが
パノラミオのリンク先にも私のブログがあります。


それではお互い気をつけて探索に励みましょう。

投稿: yokohisa | 2012年7月24日 (火) 15時10分

タルクボ線も冬であれば、見晴らしも良いし、
良い所だと思います。
落石が多いので気をつけて下さい。

滝の名称の解釈は仰るとおりだと思います。

私も手前が雨乞いで、奥が白岩と思ってます。

日の出街のHPも結構いい加減だと何処かのホームページで見ました、、、、。

この時期、林道はダートは激薮だったり、気温は高かったりで
あまり快適には走れませんがお体に気をつけて頑張ってください。

更新楽しみにしております。

投稿: yokohisa | 2012年7月24日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/46348217

この記事へのトラックバック一覧です: 発見、日の出町、白岩の滝の上の滝:

« 檜原村、払沢の滝の10km奥の滝、雨乞いの滝 | トップページ | 非常に間違ったルートで滝山城址公園に向かう不思議な体験 »