« 今シーズンも現役選手で第1戦 | トップページ | 将門伝説の尾根を走る その2 林道台沢線 »

将門伝説の尾根を走る その1 林道梅ノ木線

2012年04月29日 日曜日

ゴールデンウイークも始まって、今日は良い天気。
いよいよ、自転車で山に行くぞ!と、いう訳で、今日は日の出町、梅ノ木峠から林道を走る計画であります。

山に行くということで、マウンテンバイク登場。
どこへ行くにも、自転車で自走して行く主義の私なので、マウンテンバイクは軽快に走るハードテイルでないと、というわけで、ジャイアントのxtc4というのに乗っています。

自宅国立から多摩サイで上流に。タンポポの花が一面に咲いて可憐です。

P1010406resized

多摩サイ→睦橋通り、と走って行くと途中でロードバイクの一団に抜かれたので。そのまま後ろに付いて走る。ハードテイルのマウンテンバイクならロードバイクのスピードにも着いていける。そのまま、25km~30kmのスピードを維持して武蔵五日市駅まで引っ張ってもらった。

一人で走っていたらこんなスピードは出さないけど、後ろに付くと楽にガンガン走れるんだよね。風除け効果というよりは、やっぱり前に目標があるので、それだけ追っかけて集中して走れるという気持ちの問題だろうね。

おかげで、快調に武蔵五日市駅まで来れた。

ここから、左折して檜原方面に向かうロードバイクグループと分かれて、右折して日の出町方面に向かう。

つるつる温泉入り口の信号を左折して、三ツ沢方面へと登る。

この平井川の沿いの道の右側に走る尾根が平将門が青梅に逃走する際に越えたという「通矢尾根」です。

将門を狙った矢が越えて行ったので「通矢尾根」と言うそうです。

武蔵五日市駅から8km程でつるつる温泉。その前の激坂を登って先に進むと林道入り口。

P1010407resized

林道大入線。ここを進むと梅ノ木峠。この峠は、反対側の軍畑方面から登るのに対して、こちらから登る場合は、距離も2.8kmと短く、斜度もクロスバイクのミドルでも登れる程度...と前にブログに書いた記憶がある。

ましてや、今日はマウンテンバイクなので、楽勝で登れるでしょう...

と、お気楽ムードで登り始めたのが間違いだった!

なんだよ、いきなり激坂の連続じゃないか!サイコンによるとなんと最大17%もある!

気が付くとマウンテンバイクのインナーローでヒーヒー言いながら登っている。

前にクロスバイクのミドルで登っていた自分はどんだけ好調だったのだろうか...

しかし峠まで2.8km中の2kmを過ぎるとあとは斜度が緩んで楽になります。で、梅ノ木峠到着。

P1010411resized

標高630mであります。

P1010412resized

さて、こちらがこれから走る予定の林道梅ノ木線

P1010413resized

入り口は断崖絶壁の上を走る山岳コース風。ここから先ほど走って来たつるつる温泉に向かう道を戻る方向に向かって、遥か天空、通矢尾根沿いを走って行くってわけ。

とりあえず峠で一休みしておにぎりを食べていると、続々とマウンテンバイクのライダーが登って来た。

どうやら、みんな同じグループの一団らしい。ふーん、マウンテンバイク乗りもこんな風に徒党を組んで走る場合もあるんだ。

私は自分のペースで気ままに走りたいので、いつも一人だけどね。

さて、ハイカーのおじさんグループが、梅ノ木林道に入って行ったのをきっかけに、「よし、オレも行くか!」と私もゲートを潜って、林道に入りスタート!

マウンテンバイクグループの連中の「あれ、そっちの道行っちゃうの?」という目線を背中に感じつつ断崖絶壁上を快調に滑走する。

しかし、私も最初にここを入って行った時は、入り口の断崖絶壁感がかなり恐かったんだけど、実はこの道、未舗装の林道とはいえ、かなりイージーで安全な道なのです。梅ノ木峠からだと下りだしね...

尾根を走る割には、山岳っぽいのは入り口だけで、あとは森の中の道なので、見晴らしが良い訳ではないのが少々残念。

P1010417resized

まあ、新緑の森の中を森林浴って感じで、のんびり行きましょう。

なぜか、こんな所に桜を植える計画があるらしい。

P1010415resized

景色が開けるのは2ヶ所のみ、最初は右側。

P1010424resized
遥か、下に見えるのは、さっき走っていたつるつる温泉に向かう道だ。

P1010423resized

そして2ヶ所目は反対の尾根の左側。

P1010429resized

こちら側は将門が逃げた青梅の町だね。

もっとも、将門がこの尾根を越えたのはここよりずっと先にある、通称「将門坂」と言われる「間坂峠」です。これは、この先走る予定の林道台沢線にあります。

この先に、杉の苗を育てている風のところがある。

P1010430resized

前に来た時から随分順調に成長している様子。しかし、なんでまた杉なんだろね。かわいい苗だけど、花粉症の私には複雑な心境。

とか、考えてながら走っていると、林道 西の入り・ホオバ沢線にぶつかって終点。着いたところは乗馬クラブ「若駒の里」です。

P1010431resized

林道、梅ノ木線のルートはこんな感じでした。


より大きな地図で 林道梅ノ木線 を表示

これから、さらに林道 台沢線に入って、さらに通矢尾根をを進みますが、それは次回の記事に...

|

« 今シーズンも現役選手で第1戦 | トップページ | 将門伝説の尾根を走る その2 林道台沢線 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 職場のマナー | 2012年5月 9日 (水) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/45068838

この記事へのトラックバック一覧です: 将門伝説の尾根を走る その1 林道梅ノ木線:

» 東京多摩地区自転車ガイド:林道梅ノ木線 [東京多摩地区自転車ガイド]
梅ノ木峠から入る、未舗装の貫通林道。約4.8km。尾根沿いを進む森の中の道。初心者でも走れる安全な道です。 [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 21時36分

« 今シーズンも現役選手で第1戦 | トップページ | 将門伝説の尾根を走る その2 林道台沢線 »