« 多摩御陵にて昭和天皇を思う | トップページ | もう一方の野川の源を探索する »

癒しの道 野川サイクリングロードを完走する

2012年03月03日 土曜日

少々寒いが、一応天気は晴れなので自転車で出かける事にします。

国立ジャイアントショップに頼んでおいたクロスバイクの修理が予想以上に時間が掛かっていてまだ直らないので、今日はマウンテンバイク xtc4 の方に乗って行きます。
行き先は..

野川サイクリングロード

府中の野川公園付近から二子玉川で多摩川に合流する付近まで川沿いを走れる。
自宅国立から多摩サイで一旦二子玉川まで行って、ここから川沿いを野川公園に向かって遡って行く事にします。

私がスポーツ自転車に乗り始めた6年程前に、1回だけ走った事があるのだが、どんな道だったかまったく覚えていないんだよね。

ネットの情報によると、川鳥が多くて癒されるそうです。

この自動車教習所の手前が二子玉川側の起点↓

P1010045resized
一般道から鋭角にターンしてサイクリングロードに入ると、出だしは予想以上にいい感じの道です。

P1010046resized
暫く行くと、昔懸かっていたという、水道橋の説明書きがあったりする。

P1010047resized
「思ったより良いみちだね..」
などと呟きながら、出だし快調に走っていましたが、段々道がショボクなってきた。

P1010048resized
途中には、こんな感じの乙な道標があったりするものの..

P1010049resized
いわゆる、川沿いの遊歩道で、橋に差し掛かる度に、うざったい車止めがあったり、道を横断するために一回止まって右を見て左を見て、とやらなきゃならない。

段々フラストが溜まって来た。

こんな、道が狭くなっちゃたら横の一般道を走った方がマシです。

P1010050resized
右岸、左岸どちらを走るのが正解なのだろう?
対岸の道が見えるので、「お、あっちの方が良さそう!」とか思って左岸に行ったりまた右岸に戻ったりしましたが、結論的にはどっちも同じです。

野川公園まで12km程の半分を越えたあたりか、ふと川を見ると川沿いの土手のところに道があって、ここを行く事もできるようです。

P1010051resized
しかし、自転車が入れそうな入り口はとりあえず見つからない。
水鳥が増えて来た。

P1010052resized
川面を眺めながらのんびり走るのにはいいかもしれないが..

「こりゃサイクリングロードと言うほどの道じゃないね~」

と、思って走っているとこんな標識を発見!

P1010053resized
調布市はここをサイクリングロードと言い切っている!

その自信はどこから来るのだ...恐れ入りました。

先を進むと、右岸の道が出し抜けに終点になった。

P1010054resized
ここから先は左の一般道を行くか、河辺に降りてオフロードを行くか2者択一を迫られる。

一瞬迷ったが、なんと偶然にも今日は意に反してマウンテンバイクで来ている事に気づいて、オフロードの方に行くことにしました。

下に降りてみると、川が目前にあって、鳥や魚も居てなかなか楽しい。
のんびり走って行くと、複数のカメラマンが望遠レンズを構えて何かを狙っている。
私も、今季からミラーレス一眼を買ったばかりなので、自転車を止めてカメラを構えると、みなさん狙っているのはこれです。

P1010055resized
私のレンズでは一番ズームしてもこれが限界。
くそー、早くも望遠レンズが欲しくなったぞ。

そこに、鴨が通りかかったので一緒に一枚。

P1010056resized
しかし、望遠レンズなんて抱えて自転車で走り回るのは現実的じゃ無いよな...ところであの白い鳥は何て鳥なんだろ?カワセミじゃないよね。カワセミは白く無いもんね..

等と考えながら先を進む。

野川公園が近くなって益々鴨が増えて来た。

P1010057resized
これだけ、近くに沢山居るんだから捕まえて鴨鍋にするというのはどうだろう。

などと、考えているうちに野川公園に到着

P1010058resized

野川公園の先もこんな感じで道は続いているので、野川サイクリングロード完走を目指して先を進みます。

P1010059resized

この先の道は、一時的にいい感じの道になるが、さらに行くとやっぱり遊歩道モードの道。

P1010060resized

完走を目指して先を進むと、保育園と小学校にぶつかり、ここで行き止まり。

P1010061resized

ここに来て突然、6年前走った記憶がフラッシュバックのように蘇った。

そーだよ、前に来た時もここまで来て「ここで終わりだ」と思ったんだよね~。

そ~そ~。

で、ここまでの道のりです↓


より大きな地図で 野川サイクリングロード を表示

これにて、野川サイクリングロード完走です!

 

さて、記憶が蘇ったのだが、6年前はここからどうしたのか全然思い出せない。

とりえず、保育園の脇の抜け道を抜けて先に行って見ると。

P1010062resized

あれ、まだ道がある。

ということは、まだ完走とは言えない?

しょうがね~な。見つけてしまったので、完走目指してまたこの道を行きます。

同じ人間は同じ状態では同じ判断をすると考えると、どうも6年前も「しょうがねーな」と思いつつ、この道を走ったのでは無いだろうか?

あの頃はブログとかまだ書いていなかったので、自分の記憶が無い以上わからない。

自分の記憶の闇を探索するようなサスペンス風な感じになってきた。

すると、ある映像がふと浮かんできた。

民家の間をコンクリートに囲まれた細いドブのような川が行くイメージ..

あれは、ひょっとして野川だったのだろうか。

先を進むとこの橋で道は終わります。

P1010063resized

この先を見ると、やっぱりあの記憶の映像が!

P1010064resized

そうか、やっぱり6年前私は確かにここまで来たんだ。

ようやく、ここで完走!

のはずだったんだけどね..やっぱり先が気になったので、ぐるっと回って先の方に行ってみると。

くそ~まだ道が続いている。

P1010065resized

しかし、こんな道、絶対サイクリングロードじゃねーよな..

と思いつつ、それでも先を進むと、ついにはこんな細くなっちゃいました。

P1010066resized_2

これは、もはや物理的に自転車が入りませんので、いくら調布市でもここをサイクリングロードとは言わないはず。(もっとも、もうここは国分寺市ですが...)

という訳で、ここで野川サイクリングロード完走とします。

お疲れ様でした...

のはずだったのですが、やっぱりこの先も気になって、まだまだ行ったんですよね..

でも切りが無いので、この先は、また次回に

|

« 多摩御陵にて昭和天皇を思う | トップページ | もう一方の野川の源を探索する »

自転車」カテゴリの記事

コメント

始めまして。
あの白い鳥は鷺です。
みんなが狙っていたのは、カワセミのようです。
カモと鷺が一緒に移っている写真の左端にカモの頭くらいの橙と青の物体が写っています。これがカワセミです。

投稿: tomi | 2012年3月12日 (月) 00時44分

tomiさんどうも。
なんと、そうでしたか..
しかし、あんな小さな鳥を良く見つけられますね。

投稿: | 2012年3月12日 (月) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/44364655

この記事へのトラックバック一覧です: 癒しの道 野川サイクリングロードを完走する:

» 東京多摩地区自転車ガイド:浅川サイクリングロード [東京多摩地区自転車ガイド]
日野から高尾まで走れます。日野から長山橋までは左岸、そこから高尾までは橋を渡って右岸を走る。 [続きを読む]

受信: 2012年3月 4日 (日) 20時53分

« 多摩御陵にて昭和天皇を思う | トップページ | もう一方の野川の源を探索する »