« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

尾根幹を走る

2011年01月08日 日曜日

自転車関係のブログを見ていると良く登場するルート「尾根幹
正直言って、ここは今まで1度も走った事が無い。

と、いうか、存在自体を最近知った。

地図で調べると、矢野口から町田の方に行く道らしいけど、

これって、ただの一般道じゃん。

なんでロードバイク乗りがそんなに有難がって走るのだろう?

寒いので、山に行くのもなんだよね~、と思っていたところなので、ちょうど良い、試しにクロスバイク escape r1に乗って行ってみる事にしました。

自宅国立からだと、多摩サイから矢野口側にアクセスできる。
多摩サイを下流に走って、多摩川原橋に到着。

100_1016resized
この橋の名前「多摩川原橋」ですが、私はスポーツ自転車に乗り初めてから3年の間、ず~と、

たまがわげんばし

だと思っておりました。

正解は...

たまがわらばし

なるほど、そうも読めるけど、だったら「多摩河原橋」と書けよな..

それはともかく、この橋を渡って川崎側に出て直進するとすぐに、川崎街道との交差点。

100_1017resized
ここが、尾根幹の起点となります。ここから終点町田の小山交差点まで、全長16kmあまり。

早速スタート!
ここを、通過してさらに直進。
しかし、やっぱり思った通りのただの一般道だな...ここのどこが面白いのかな?
基本的は町田まで道なりにまっすぐ行けば良いはず。
と、思っていたのだが、2km程行った所で...

100_1018resized
これって、直進?左?
道なりに行けば良いはずなので、直進のような気もするが、ゴールは町田のはずなので、道なりに左という可能性もある。

でも、ゴールは町田なので左だよね!そうだ、そうに違いない。

と、左に向かうつもりで交差点に到着すると、直進方面からロードバイクのお兄ちゃんがやってくる姿を発見!

お~、やっぱり、まっすぐが正解かも?念のため確認しよう...と一旦停車してスマホの地図を見ると...

あ、まっすぐが正解だ!

危うく、最初の2kmで挫折するところだった...

で、まっすぐ方面だけど、なんか登りになってます。

100_1019resized
そういえば、結構アップダウンのある道との評判。
な~に、普段林道の激坂を登っている私にとっちゃあ、こんな一般道の坂なんざ軽い軽い。

あらよ!

と、ばかりに軽快に登って行きます。

登ってすぐのところに、尾根幹を調べる際に見たwikipediaに載っていた看板があった。
と、いうことはこっちの道で間違い無いね。

100_1020resized
この看板を見て初めて気付いたのだが、ひょっとして、尾根幹って、

おねかん

と、読むのが正解?

なんだ、ずっと

おねみき

かと思ってた。

危うく、また3年程、間違った呼び名を呼び続けるところだった...

先ほどの直進した交差点から片側1車線になったものの、自転車レーンが取られるようになったためなかなか走りやすい。
この先もひたすら登りをぐいぐい登って行くと、くじら橋。

100_1021resized
この周りは、稲城中央公園となっておりまして、いい感じです。

100_1022resized
ここ過ぎるとようやく登りが終わって、降りへと転じる。

ありがてえ!ようやく峠を越えたぜ!

くだりだ! くだりだ! くだりで~い!

と、威勢良く駆け下りると...

あれ...また登り?

降りは一瞬で、また登り。

どうも、いやに登るね...しかし、こう登りばかりだと...少々疲れるね....

と、落語「愛宕山」の幇間の「いっぱち」みたいな感じになってきてへろへろ登る。

しかし、この道の周りは、公園やら大学のキャンパスやらの連続で、実に良い環境だね。
途中の若葉台公園(稲城第三公園)↓

100_1023resized
今でも住宅地を造成しているようだけど、結構住むにも良いところかも。

そうこうしていると、道はこんな感じになります。

100_1025resized
とりあえず、山は登り切った感じだけど、今度は、登ったり降ったりの連続で平坦な部分というのが無い。
文字通り、尾根を走っている感じ。
自転車乗りからすると、これは確かに楽しいかも!

登り降りしているうちに、突然見覚えのある景色が目に入って来た。

あ! オレ、ここ知ってるよ!

アクアブルー多摩です。

100_1026resized
なぜ知っているかというと、湘南海岸へ向かう時に境川サイクリングロード向かう途中、この道をここで横切るのです。

なるほど、いつも横切っているこの道が尾根幹だったわけね!

さらに進むと、ギョギョ!オレの苦手なトンネルか!

100_1027resized

幸いにも、トンネルはすぐに抜けて、その先は道幅が狭くなり、実に俗っぽい一般道になってしまいます。
しかし、その先はすぐに終点。小山交差点。

100_1028resized
この先を良く見ると、そこにある川は境川で、なんと、境川サイクリングロードに直結しています。

100_1029resized
境川サイクリングロードの上流方面は下流に比べるとパットしないので、私はこのあたりを走った事は無いけど、こんなあたりまで続いているとは思わなかった。

さて、私の場合、ここから帰るのにも、不便なので、結局来た道を折り返して、都合、往復走りました。

さて、ただの一般道と思っていたこの道ですが、実際走って見て思ったのは。

ただの一般道です。

しかし、走りやすいのと、程よいアップダウンが楽しい道ではあります。周りの環境も良いしね。

たとえば、気持ちよく走るのなら、境川サイクリングロードの下流側の方が、信号も車も無いので良いけどあっちはアップダウンが無いし、かといって登りが目玉の檜原街道から奥多摩方面は登ってばっかりだし、

と、いう訳で、たまに走るのは良い道かなと思いました。

近いしね...

本日の走行距離 61.3km

| | コメント (2) | トラックバック (1)

多摩サイ河川敷の公園2 多摩川親水公園(府中)

2011年12月10日 土曜日

多摩サイ下流の終点羽田まで行った帰りの話の続きです。

だいぶ上流になって、府中に入って来たあたりの河川敷におもしろい公園があります。

多摩川親水公園

ここが、多摩サイから降りる入り口↓

100_0916resized

ここの目玉は、多摩川を模した大パノラマが公園と一体になっていること。

これです↓

100_0917resized

奥多摩湖から始まって、羽田の河口まで多摩川を模した人工の小川が流れています。

100_0919resized

橋もいくつか架かっていて、実際に渡れます。

これは、橋の上から、秋川との合流点を見た様子

100_0923resized

残念ながら秋川には水は流れていない。

ここが最上流の奥多摩湖です。

100_0920resized

さらに上流の丹波川も一応ある。水は無いけど。

100_0939resized

奥多摩湖から下流方向を見た感じ↓

100_0921resized

下流に行くと石の橋もある。

100_0924resized

解説がありました。

100_0926resized

河口近くの橋は、今日渡った大師橋にきっと違いない↓ 形が似てるもんね。

100_0932resized

ここが今日行って来た羽田の河口です。

100_0934resized

なぜか、東京湾は水が枯れている。

100_0935resized

だから、何なんだ?という意見もあるでしょうが、私は面白いと思います。

ただ、ここでどう遊べば良いのか解らないのか、あまり子供が遊んでいる姿は見えない...

100_0938resized

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ブログランキングやSEO対策にも有効!自転車ブログの記事のリンクや写真の投稿を募集します

6年程前に、スポーツ自転車に乗り初めて、一番参考になったのは、ネット上の自転車ファンが書いたブログの情報でした。

金曜日の夜に、自分が自走して走って楽しそうなスポットを見つけては、土日に走りに行くという繰り返しでした。

その経験から、自転車乗りのための情報を集約するページを作ろうと思い立って、半年程前からfacebookで、「東京多摩地区・自転車ガイド」というページを作って運営しています。

私の地元、多摩地区の地域密着型のページとなっております。

さて、このページも半年ほどやって、今日現在、ファンが143人ほどとなりましたが、

いまいち盛り上がっているのかどうか...なんかパッとしないんだよね。

そこで、ここで一発、前から考えて、着々と冬のオフシーズンの土日の時間および正月休みを費やして、ようやく公開の運びとなりましたこの企画!

自転車ブログの記事のリンクや写真の投稿を募集します!

なにそれ...

と、思うかも知れないが~。

これが、どこがすごいかというと、

このfacebookのページにブログの記事のリンクや写真を投稿すると、自動的に場所にひもづいて、各スポットのページにも掲載されてしまうという仕組みになっているのです!

え、まだ良くわからない?

だからね、facebookページ「東京多摩地区・自転車ガイド」のウォールというのがこんな感じになってまして↓

Image_display6
ここから、写真とかリンクを投稿できるのですよ。

このページとは別に、多摩地区の自転車で行くお勧めスポットやら道案内のページが、100ヶ所分くらい用意されてまして....
それでね、上の画像のページで投稿するときにコメントを付けられるのですが、そのコメントに、その関連するスポット名を含めて投稿すると、システムが自動的に判断して、

そのスポットのページにこんな感じで掲載されるんです↓

Image_display5

だから何?

と思う方にさらにメリットをご説明します。

  1. 自分のブログを見てもらえる機会が増えます。よって、ブログランキングに参加している方の場合、ランキングアップにつながります。
  2. 自分のブログの記事のリンクが追加されるため、SEO対策になります。
  3. 自分で撮った写真を場所にひも付けて公開することができます。
  4. ウオールの投稿はどんどん流れて行ってしまいますが、個々のスポットのページに掲載される事で、記事のリンクや写真が永続化されます。

どのようなスポットのページがあるかは、「ようこそ」のページから「すべてのスポット」の一覧や、「地図から検索(キーワード検索)」のページへのリンクがありますので、それを見てください。

なお、ウオールから投稿するには、facebookページ上部の「いいね!」ボタンをクリックする必要があります。

→なにそれ?

つまりね、「いいね!」ボタンはfacebookページの機能で、これを押すと、このページのファンになる、って事で、、ウオールにも投稿する事ができるし、このページの投稿が、自分のfacebookのニュースフィードにも連動して流れてきます。

1回押せばいいだけだから、ともかく押しましょう。

→それって、そもそもfacebookに登録してなきゃだめって事?

その通~り!

世界No.1SNSのfacebookです、この際、登録しましょう。

以上 よくある質問コーナーでした。

それはともかく、

この仕組み、作るの結構大変だったんだから。

facebookとgoogleとsalesforceのクラウドbig3の機能を連携させているのです。←さすがIT屋....と自画自賛

→なんで、大変な思いして、わざわざこんなもんやっているの?

また質問ですか..それはね、単に面白いからです。

私は、根っからのIT技術屋なので、アイディアが浮かぶとどうしてもやってみたくなるのです。

なお、こちらにも、ガイドを載せていますのでよろしかったら見てください。

とりあえず、差し当たっては、私自身がサクラとなってボチボチ投稿していこうと思います。

さらに、ウチの会社の社員を投入して...←禁じ手

しかし、これだけPRして誰も反応しなかったら悲しいな...

みなさん、サクラでも結構ですので、是非、投稿をお願いいたします。

よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »