« 道の終わり 多摩サイ羽田(右岸の終点) へ | トップページ | ブログランキングやSEO対策にも有効!自転車ブログの記事のリンクや写真の投稿を募集します »

多摩サイ河川敷の公園 狛江自由ひろば

2011年12月10日 土曜日

多摩サイ下流の終点羽田まで行った帰りの話です。

上流に向かって走っていますが、六郷過ぎのこの大きな蛇行するところ。
なかなか良い景色なので、写真を撮りました↓

100_0904resized
行きと同様、左岸をどんどん走って、狛江のダートに入る。
しかし、狛江市は一向に多摩サイを舗装する事には金を使う気にはならないようで。何時まで経ってもダートのまま..

この、狛江のあたりは70年代に台風で川が氾濫して家が流された事がありました。
ドラマ作家、山田太一の最高傑作と言われている「岸辺のアルバム」がその流された家の家族を題材にしていました。

狛江の「自由広場」という河川敷の公園に「多摩川決壊の碑」というのがあります。

100_0906resized
なぜ、ピラミッド型なのかは不明。
アースウインドアンドファイアのライブビデオを思い出すな...

側面を見ると当時の川にえぐられた地形の航空写真。

100_0907resized
残りの一面にたしか、この碑の説明が書かれていたように思います。

つまり、書きたいネタが3つだったからこの形になった?多分。

それはともかく、このひろば、なかなかいい感じの空間です。

100_0909resized
珍しくも、クリケットをやっている人がいた。

100_0914resized
クリケットで思い出したけど、このあいだ六道山公園でバグパイプを吹いている人を見かけたな...

まあ、それもともかくとして...

そうそう、公園から見えるこの堰が原因で川の流れが曲がって家が流されたんだったはず。

100_0908resized
この堰が元凶だっていう訳で、ダイナマイトで爆破していた記憶がある。
しかし、すばらしく頑丈な堰はビクともしないで、家がどんどん流された。
テレビで生中継してたもんね。

さて、私の自宅は国立なので、再び自転車に飛び乗ってもう暫く走ります。

|

« 道の終わり 多摩サイ羽田(右岸の終点) へ | トップページ | ブログランキングやSEO対策にも有効!自転車ブログの記事のリンクや写真の投稿を募集します »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/43575323

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩サイ河川敷の公園 狛江自由ひろば:

» 東京多摩地区自転車ガイド:狛江自由ひろば [東京多摩地区自転車ガイド]
1974年、台風16号の際にこの地点の民家19戸が流出した災害を記録する「多摩川決壊の碑」がある多摩川河川敷のひろば。 [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 20時07分

« 道の終わり 多摩サイ羽田(右岸の終点) へ | トップページ | ブログランキングやSEO対策にも有効!自転車ブログの記事のリンクや写真の投稿を募集します »