« 多摩サイ啓明学園グランド前の迂回路を発掘 | トップページ | 青梅の街中の裏の激坂 万場坂通り »

檜原村 時坂峠の峠の茶屋

2011年11月04日 金曜日

今日はめずらしく、ウィークデーに休みが取れた。しかも、狙い通りの良い天気なので、当然、自転車で出かけます。

前回同様、東京多摩地区自転車ガイドで紹介されていたブログからの情報で、払沢の滝の先に自転車で登るのに良い峠があるらしい。

名前は時坂峠。峠に茶屋がある。

多摩地区で自転車で登れる峠は大抵行き尽くしたと思っていたが、まだあるんですね..
東京多摩地区自転車ガイドはエライ!

さて、情報では全線舗装路らしいが、初めて行く場所なので、念のためマウンテンバイク xtc4の方に乗って行きます。

自宅国立から、多摩サイ→睦橋通り→武蔵五日市駅→檜原街道、と走って、檜原村役場前の丁字路

100_0609resized_2
このあたりのモミジもようやく色づいて来た感じ

100_0608resized
ここを右折すると、すぐに払沢の滝入り口となる。

100_0610resized
この左の道を入って、滝に向かう遊歩道に入らずに、そのまま真っ直ぐ行けば良いらしい。
すると、道が林道風になった。

100_0611resized
道は、左右にうねりながら登って行く山岳コース。入り口から3kmあまりで峠の茶屋に到着するらしい。
斜度は、それ程キツくないです。梅ノ木峠と同等位かな?今日はマウンテンバイクだけど、これなら私の脚力でもクロスバイクで登れそう。
登り初めて、2kmを越えたあたりから景観が開けてきて、こんな標識があった。

100_0626resized
なぜか、武蔵野市が協賛している。何に協賛しているのかもわからないが...
ともかく景色はいいです!

さらに進むと、こんな感じの、断崖絶壁の道になります。

100_0622resized
ガードレールが無いんですけど...
一応、ちょっとだけコンクリートの柵があるにはあるが。すごい断崖なのでコワイ...
実は高所恐怖症の私は、なるべく山側に寄って恐る恐る登る。
ここなんか、
コンクリートの柵も無いもんね...

100_0624resized

しかし、ここは眺めは最高よ!

100_0623resized
ここの100mあまりの区間は、ほぼ180°良い眺め、こっちの方も

100_0625resized

ガードレールが無い分、景観が圧倒的に迫ってくる感じ。
これ、眺めが良いからあえて、ガードレール作らないのかも。

そもそも、こんな眺めの良いポイントを自転車に乗ってすーっと通り過ぎてしまうのはもったいない。と、いう訳で、この区間、帰りは自転車から降りて景観を楽しみにながら、歩いて通過しました。←コワイしね。

ここを過ぎてさらに登ると、分岐点が

100_0621resized
どうやら、時坂峠自体は右のようだが、見晴らし最高と言われている、峠の茶屋は左なので、左に進む。
500m程で、
峠の茶屋に到着。

100_0612resized

払沢の滝入り口の駐車場からのルートです。


より大きな地図で 払沢の滝入り口から時坂峠の峠の茶屋 を表示

その茶屋ですが、誰もいませーん....

100_0615resized
一応、扉は開いているのだが。別に何かたのむつもりも無いから良いけど...
さて、こ茶屋のまん前が、期待通りのすごい眺望です。

100_0613resized
いやー、天気が良かったのもあるけど、これは最高です。270°くらい見晴らし抜群。

100_0614resized
私が到着した時点では、車で写真を撮りに来ていた4人ほど男性が居たのだが、彼らが帰ってしまったので、この眺望、完全に貸切状態で眺めています。

さほどでもない斜度の登りを3kmあまり登っただけなので、それほどの高度では無いと思うのだが。帰って、ネットのツールで調べたところ標高530m程のようです。高尾山の山頂と同等かな?

普段、目的地に着くと、ほとんどトンボ帰りに帰路につく気の短い私ですが、今回は感動で、しばらくここに居たい気分。コンビニで買ったパンとジュースで昼食をとりながら、特等席で眺めを満喫!

陣馬山山頂も見晴らしでは有名で、360°の景観が楽しめるのだが、こちらの景色の方が数段感動的です。
せっかくなので、動画も撮りました。

自宅から40km弱にこんな所があるなんて、知らなかったなー。

さて、この後、帰り道で、先ほどの分岐点のところを今度は右に行くべきところを間違えて真っ直ぐ行ってしまって、知らない道に迷いこんでしまいました。

しばらく、下って、道を間違えた事に気づいて自転車を止めたところ、偶然にもそこが時坂峠でした。

100_0619resized

ここは、峠ということで、登山道の交差点になっているようだ。

しかし、単に森の中で何があるという訳では無い。この先の道を見ると峠のはずなのに登りになっている。

100_0620resized

あえて、この先を登るのも何だから、引き返します。

本日の走行距離 79.8 km


|

« 多摩サイ啓明学園グランド前の迂回路を発掘 | トップページ | 青梅の街中の裏の激坂 万場坂通り »

自転車」カテゴリの記事

コメント

是非今度、峠の茶屋より奥にあるそば屋にもお立ち寄り下さい。土日営業ですが。

投稿: たかはし | 2012年4月18日 (水) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/42894036

この記事へのトラックバック一覧です: 檜原村 時坂峠の峠の茶屋:

« 多摩サイ啓明学園グランド前の迂回路を発掘 | トップページ | 青梅の街中の裏の激坂 万場坂通り »