« 近すぎて行かない所、その3:国営昭和記念公園でコスモスを見た | トップページ | 滝山街道から二ツ塚峠へ:街中にある林道風の道 »

旧萬地トンネルから小作取水堰へ

2011年10月23日 日曜日

東京多摩地区・自転車ガイドで紹介されていたブログで、あきる野と小作の間に旧萬地トンネルというのがあるのを知った。
新トンネルが出来て、旧トンネルは旧道とともに、歩行者、自転車専用になっているという、旧小峰トンネル旧吹上トンネルと同様のパターン。

面白そうじゃない! 行ってみよう。

という訳で、クロスバイク(自転車)、escape R1に乗って出かけました。

自宅国立から、多摩サイ、睦橋通りを走って、油平の交差点。

100_0535resized
ここを右折して、滝山街道に入ります。

しばらく走って行くと「東海大菅生高校」の看板が見えた。
これって、ずっと 「とうかいだいかんせい」 って読んでたんだよね。
「とうかいだいすがお」が正解です。←常識?

菅生(すがお)というのはこのあたりの地名だったのでした。

地名が菅生になったとたんに現れました、「新萬地トンネル」

100_0536resized
あれ、ということは、この手前に旧道の入り口があるはず?と見渡すと、道の右側にありました。

100_0537resized
なるほど、ここの場合、歩行者や自転車は新トンネルには入れない。小峰峠の旧道とかとは違って、旧道は今でも無くてはならない現役の道って事です。

さて、旧道に入ってみるといきなり分岐点が現れた。左の道は激坂登りとなる道。右は逆にやや下りになる。
右の方が本線っぽいので、とりあえずそちらを選択。下って行くと森の中に落ちていくような感じで、少々薄気味悪い。
しかし、普通トンネルに向かう道は登りだろ..下るくらいならなんでトンネルが必要なんだ。ところで、ここは心霊スポットじゃ無いよね..私は本当はトンネル恐怖症なのだ..
等と考えながら走っていたら出し抜けに現れました!ギョギョ!

100_0538resized
旧萬地トンネル! 不気味!

と思ったけど良く見ると、このトンネル煉瓦作りでなかなかおしゃれなトンネルです。
でも周りに誰もいないし、いつの間にか森の中だし、一人でいるとやっぱり結構怖いよ。
旧吹上トンネルに比べれば、全然恐くない。と、自分に言い聞かせて、えい!とばかりに自転車に飛び乗り通過!←なにがやりたくてにここまで来たんだか!

トンネル内には色々落書きがありました。
帰って来てからネットで確認したところ、ルパン三世とかマリオとかの落書きが結構面白いらしい。けど、ゆっくり見てる余裕もなく通過。

抜けた先の道は、これもなかなかおしゃれな、いい感じの道。

100_0539resized
しかし、残念な事に距離が短すぎるよね。旧道全体で1kmにも満たない。せめて、小峰峠程度あればもう少し楽しめるんだけど。

旧道のルートです↓


より大きな地図で 旧萬地トンネル を表示

トンネルを抜けて少々行くと、1車線規制になっている箇所がある。滝山街道が崖崩れで通行止めになっていた情報があったけどここがその現場らしい。

100_0541resized

その先の左側に林道の入り口風の道を発見。

100_0543resized
道標によると、浅間岳に向かう道?

100_0542resized
ちなみに、これは「あさまだけ」じゃ無くて、「せんげんだけ」が正解。←ローマ字で書いてあるもんね...
ここをやり過ごして、ちょっと行ったところで、ふと思いついて、この林道風の道、試しに行ける所まで登って見ることにしました。
入り口まで戻って、道を登って行くと..

100_0544resized
道が荒れて来て、しかも激坂になってきて、しかもあんまり綺麗な雰囲気じゃ無い。クロスバイクでは心細いので、ここで断念して戻りました。こんどマウンテンバイクで登ってみるかな。

滝山街道に戻って、先に進み、友田交差点を右折して、多摩川を渡ります。

渡ったところが小作取水堰のすぐ近く。

ここは、多摩サイ終点の羽村の堰と同様に、多摩川の水を一旦せき止めて、その水を地下水道管を通じて、多摩湖に送り込んでいるのです。

そうだ、スポーツ自転車に乗り出した5年以上前にこの取水堰を見物した事があった。羽村の堰と比較にならない程の水量に圧倒された記憶がある。

久しぶりに覗いてみよう。

100_0545resized

やっぱりすごい!

堰で止められて、多摩川がここだけあふれるばかりに一杯になっている。この大河が一杯になっている様子はここでしか見られません。これは堰というよりはダムです。

奥多摩手前の白丸ダムなんかより、ずっと迫力ある。よっぽどダムって感じだけどね。

本日の走行距離 46.4km ←かなり走り足らない感じ

|

« 近すぎて行かない所、その3:国営昭和記念公園でコスモスを見た | トップページ | 滝山街道から二ツ塚峠へ:街中にある林道風の道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

地元ですが、旧道があったなんてぜんぜん知らなかった。太いタイヤの自転車の方が色々と遊べそうだね。

投稿: sasaki | 2011年11月 3日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/42648892

この記事へのトラックバック一覧です: 旧萬地トンネルから小作取水堰へ:

« 近すぎて行かない所、その3:国営昭和記念公園でコスモスを見た | トップページ | 滝山街道から二ツ塚峠へ:街中にある林道風の道 »