« 若駒の郷から梅ヶ谷峠 | トップページ | 城北中央公園で試合 »

謎の中国人「錦」の送別試合

2011年09月25日 日曜日

いつの頃からか、うちの会社の野球チームに謎の中国人「錦(ニシキ)」という選手が居る。
むろん、我が社の社員では無いのだが、なぜか居る。
その錦がこの度、日本人の女性と結婚して、なぜかカナダに帰国するとの事なので、今日は錦の送別試合をやることになりました。

場所は、二子玉川の河原のグランドなので、自宅国立から、自転車で多摩サイ一本で行ける。
最近の週末の多摩サイは、下流に向かうと混んでいてまともに自転車で走れないね。

100_0453resized
さて、グランドに到着。

100_0454resized
これが錦です↓

100_0455resized
横に居る金髪は、錦の友達のスウェーデン人のデビット。スウェーデンには野球などという物は影も形も無いそうで、今日が野球初体験。

まずはウォーミングアップのキャッチボール、ということで、我がチームの監督兼左のエース。ハエが止まるストレートで相手を翻弄するザッキーです。↓


今日の対戦相手は、錦がウチのチームに参画する前から居候しているチームです。つまり、錦はウチと相手のチームと両方のメンバーという事なのだが、錦は相手のチームのメンバーとして出場するとのこと。←それは有利かも..

それで、今日の主役ということで、相手の投手は、先発ピッチャーこれが最初で最後、という錦。

100_0457resized

私の方は、この試合、初めてのクリーンアップ昇格の5番で先発出場したのだが、錦の超遅い球にタイミングが合わず、4打席連続ピッチャーゴロを含む5打数無安打に終わった。

一昨日、100円バッティングセンターで75km/hのスローボールを打つ練習をしたのに、錦の球はそれよりさらに遅かった。

試合の方は、我が軍このところ好調の右のエース、星野がなんとかゲームを作って、8-6の勝利でした。

100_0458resized

ドヤ顔の監督↑それは良いけど、どこを見てるんだ←目が寄ってる

最後に、錦の前途を祝して、胴上げ↓

中国人の錦には最初、胴上げの意味がわからなかった模様だが、いい体験になったでしょう。

それでは錦くん、お幸せに。

ちなみに、スウェーデン人のデビットは今日の初体験でセンター前ヒットを一本打って、野球にハマってしまったらしく、次週のゲームにも来ることになるのです...

なお、帰りは、夜になってしまったので、真っ暗な多摩サイを走るのは以前の経験で懲りているので、今日は府中街道の方に回って帰りました。府中街道は意外にも走りやすくて、暗くなった際の多摩サイの代替としては良さそう。

本日の走行距離 49.2km

|

« 若駒の郷から梅ヶ谷峠 | トップページ | 城北中央公園で試合 »

自転車」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/42179680

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の中国人「錦」の送別試合:

« 若駒の郷から梅ヶ谷峠 | トップページ | 城北中央公園で試合 »