« 今日はのんびりと狭山湖周遊 | トップページ | 近すぎて行かない所、その3:国営昭和記念公園でコスモスを見た »

金剛の滝 またもや行きつけず なぜか、みなと区民の森へ

2011年10月08日 土曜日

さて、今日も天気が良いので、自転車で出かけたいところだが、さて、どこに行こう?

歳を取るにつれ、寒いのが苦手になってきて、気温とテンションが比例する傾向があって、私の場合、実は真夏が一番チャレンジ精神が旺盛なのだが、今の季節、ぐっと気温が下がって、

「100km以上走るとか、超激坂とかはやめとこ..」

という、かなり消極的な気分。

そこで、今年の夏、自転車を降りてからの道が険しすぎて断念した、「金剛の滝」にもう一回チャレンジすることにしました。
位置的には武蔵五日市駅からそれほど距離が無いところなので、自転車で走る部分は楽勝。問題はその先、自転車を降りてから、歩いて向かう森の中の道が難関。今回は、前回たどり着けなかった、幻の「金剛の滝」まで行きつけるか?
まあ、季節が変われば状況も変わっているだろうし、とりあえず、行ってみよう。

マウンテンバイク、xtc4の方を選択して、自宅、国立から多摩サイ→睦橋通り、と走って武蔵五日市駅に到着。

100_0484resized
ここを左折して、檜原街道に入る。
暫く、走って、旧道方面の標識を左折。橋を二つ渡ったら、左折して、川沿いの道を行く。
道は森の中へと向かう。
この先にあるこの橋がポイント、左折して、この橋を渡ってさらに森の奥へと向かう。

100_0485resized
橋を渡った先からは未舗装の山道になるので、マウンテンバイクで無いとキツいです。もっとも、車はなんとか走れる道だが。

この道を、じりじり登って行くと、車が止まっている行き止まりとなる。

100_0492resized
このあたりは、結構その筋では有名なスポットなのか、結構車で来て河原でバーベキューをやっていたり、テントを張って、キャンプするの?という人々が多い。

武蔵五日市駅からここまでのルートです。


より大きな地図で 金剛の滝手前2011-10-08 を表示

まず、最初に、前回ヘビに遭遇して、ビビって渡れなかった、この橋ですが↓みんな平気で渡っています。

100_0486resized
しかも、今日はボーイスカウトの制服を着た少年たちが先ほどから闊歩している。
これは心強いね。彼らはこの分野の玄人だから、彼らの後を付いて行って滝まで行けたらラッキー。
と、彼らに付いて橋を越えて行くと、橋を越えたすぐ先の当たりに、彼らはキャンプを設営中でした。
で、この先はやっぱり、このトレッキングド素人のおじさんの一人旅。
しかし、夏に来た時はまさに道無き道を行く感じだったけど、秋になった今では、明確に道らしきものがあるので、これは助かる。

100_0487resized

この先を行くと、右手に、前回断念した「橋通行禁止」という張り紙があった、危険お墨付きの橋が現れた。

100_0488resized

と、いう事は、いつの間にかあの橋を渡らなくて済む迂回路に入っていたようだ、ラッキー!

この先は、なんの危険も無い道で無事に滝まで行けたらいいな..と希望を持って歩いていたら。なんだか前方に恐い風景が...

100_0489resized

なんか、恐い崖を下っって、さらにその先に、例の恐さ満点パターンの橋が二つもある。

まったく、「サスケ」じゃないんだから、なんでこんなに次々難易度が上がるチャレンジポイントが現れるんだ。

崖を恐る恐る、やっとの事で下りて、橋の前まで来た。

100_0490resized

ここの道の橋ってみんなこの、同じ構造なんだけど、絶対間違ってるよね。悪い標準化の見本だ!こんなの、チンパンジーなら楽に渡るだろうけど、トレッキングド素人の現代のおじさんのしかも目が悪くなってきて自分のバランス感覚に自信が持てない、私には恐くてとても渡れない。

橋を渡らず行く方法を考えると、横から下になんとか降りられそうなポイントがあるんだけど、降りた先が川なので、まるまる靴が水に沈んでしまう。それを覚悟すれば、下には降りられる。

しかし、仮に下に降りたとしても、対岸から上に登れるかどうかは不明。

それとも、覚悟を決めてこの橋を渡るか?ここは通行禁止とは書いていない所を見ると、一般ハイカーはここを常識的に渡っているのかもしれない。

でも、この橋、最初の当たりが明らかに左に傾いていて、後半は逆に右に傾いているんだよね。

なにしろ、私は高所恐怖性だし...もっともこの程度の高さなら、高所恐怖症を云々言うレベルでは無いけど。橋には苔がけっこう張り付いていて、これが滑るんだよね。まあ、仮に滑って下に落ちても絶対死なない高さで、川でびしょ濡れになった上で、そこそこ痛い目に合う程度だと思う。周りに誰も居ないから落ちても恥をかくことは無い。ただ、誰も居ないだけに落ちた時に運悪く骨折でもすると、誰も助けてくれない....

などと、橋の手前で延々悩んだ結果、結論!

こういう道は私には合っていない!

人生それぞれだから、自分に合っていない道を無理に進む必要は無い。きっと自分に合った道は別にあるはず...と自己啓発系書籍にありがちな理屈を無理やり適用して引き返す事にしました。

駐車場まで戻って自転車に乗って戻り、先ほど左折して森の奥へと入った橋のポイントまで戻ってきた。

このまま、帰るのもつまらないし...さっきはここを左折したけど、このまま先に登っていったら何があるのだろうか?試しに行ってみようか!

と、いう訳で、この道を登ることにしました。

この道は、結構荒れてはいるが、一応舗装路。すぐに行き止まりになるかと思ったら、行けども行けどもまだ先がある。

これが私の進む道!とばかりに走って行くと看板が。

100_0493resized

「みなと区民の森」?

家に帰ってからネットで調べると

港区があきる野市から20ヘクタールの市有林を借り受け、区民の皆さんとともに2年がかりで整備していきます。長く手つかずだった森を整備し、森を元気にすることによりCO2(二酸化炭素)の削減を図ります。

なんだか良くわからないが、そういう事だそうです。

さらに進むと。「みなと区民の森」の地図が。

100_0494resized

これを見てもまだ良くわからない。なにしろ自分が地図のどの地点にいるのかもわからない。

まあいいや、と、先に進むと。舗装路がここで終わった。

100_0495resized

先ほど登って来る途中に、刈寄山登山口はこっち、という立て札があったので、恐らくこれがその登山口のようです。

刈寄山と言えば、入山峠の山だよね。

この先も、マウンテンバイクならまだ行けそうなので行きます。

しかし、ここを過ぎて、すぐに、登山道なのか、道無き道のようになって、私の技術では進むのは無理のようになったため、ここで終わりにしました。

100_0497resized

先ほどの橋のポイントからここまでルートです。距離にして2.4km。結構走れました。


より大きな地図で 刈寄山登山口2011-10-08 を表示

でも、誰も居ないこんなところでのんびりするのは贅沢だよね。自転車乗りの特典です。

本日の走行距離 60.7km

|

« 今日はのんびりと狭山湖周遊 | トップページ | 近すぎて行かない所、その3:国営昭和記念公園でコスモスを見た »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/42376937

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛の滝 またもや行きつけず なぜか、みなと区民の森へ:

« 今日はのんびりと狭山湖周遊 | トップページ | 近すぎて行かない所、その3:国営昭和記念公園でコスモスを見た »