« 林道大入線で梅ノ木峠 | トップページ | 謎の中国人「錦」の送別試合 »

若駒の郷から梅ヶ谷峠

2011年09月24日 土曜日

前回、梅ノ木峠を越えて、つるつる温泉の道に入って来たところで、その続きです。

この道を、さかな園のあたりまで下って来ると、林道 西の入り・ホオバ沢線の入り口が左側に現れます。ここに入って行くことにします。

100_0445resized

先ほどの梅ノ木峠は難なく越えてきたのですが、こちらの林道は、距離こそ先ほどの「林道 大入線」の半分も無いものの、いきなり林道最強レベルの激坂になります。

ここは、距離が短いので、気楽に入ると意外に苦戦します。今日も梅ノ木峠楽勝のお気楽気分で入ったら、坂のキツさにかなり消耗しました。

しかし、キツい部分だけではなく、緩くなる部分もあるし、なにしろ距離がそれほど無いので、なんとかなる。

斜度が緩んだところで写真を撮った。こちらも台風の影響で路面に木の枝がかなり散乱している。

100_0446resized_2

距離は短いとはいえ、激坂を登って来ると、かなりの高度まで来てる感じです。

100_0447resized

激坂を克服して、峠を越えると、若駒の郷があります。今日は馬が一頭いた。

100_0448resized

馬を眺めて、一休みして、この先、道を下って行くと梅ヶ谷峠の道にぶつかります。

林道を抜けてみると、なにこれ....

100_0449resized

林道を抜けて ぶつかった道を右折すれば、下って行って武蔵五日市駅方面に出られるのだが、なんと土砂崩れで通行止めになっている。

と、いうことは、今下って来た激坂林道をまた登って戻らなきゃならないって事?

そりゃ、よそうじゃないの...なんか手は無いのかい?

残された選択肢は2つ、

一つは、通行止めを無視して、強行突破を図る。

私としてはたまにやる手だが、さすがにちゃんとした一般道がこれだけ強力に通行止めと言っているのを無理やり行くのはさすがに危険だろ。

そうなると、最後の手は..

通行止めの反対側に向かって走って梅ヶ谷峠を越えて吉見街道に出て、青梅方面から帰る。

幸いにもここは、ほとんど梅ヶ谷峠のピークすぐ手前の地点なので、ちょっと登ればすぐ向こう側に行ける。

それしか無いね、と反対側に向かって走り出したが、なにしろこの道、通行止めという告知がされているせいか、車が全然来ない。快適だね!

道、独占状態。

で、吉見街道に出ました。

100_0451resized

ここで、写真を撮っていると、自転車のペダルに大きなトンボがとまっている。

100_0450resized

あまり意味がないかもしれないけど、林道から、吉見街道に抜けるまでのルートです。


より大きな地図で 若駒の郷から梅ヶ谷峠2011-09-24 を表示

 

本日の走行距離 77.3km

|

« 林道大入線で梅ノ木峠 | トップページ | 謎の中国人「錦」の送別試合 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

佑樹さんのブログではないですかsign02
違っていたらごめんなさいsweat01

投稿: よっこ | 2011年9月25日 (日) 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/41981924

この記事へのトラックバック一覧です: 若駒の郷から梅ヶ谷峠:

« 林道大入線で梅ノ木峠 | トップページ | 謎の中国人「錦」の送別試合 »