« 金剛の滝 行きつけず | トップページ | 心霊スポット 小峰峠 旧道 »

天国の道 奥多摩周遊道

2011年07月23日 土曜日
スポーツ自転車に乗るようになって5年以上が経ちますが、私の場合、

奥多摩周遊道をグルッと走ってまわる

というのを、当面の最終目標としておりました。

実は奥多摩周遊道というのは、このあたりでは自転車野郎の定番コースみたいなものです。
しかし、私の場合、自宅国立から、必ず自走して行って帰って来るという主義なので、それを考えるとかなりタフな道程になります。
国立から行くと、武蔵五日市駅まで行って、檜原街道をひたすら走って、帰りは青梅街道で帰って来ると、軽く全長120kmは越える計算になります。しかも、途中には東京都の道路としては最高峰、標高1100mの風張峠を越えないとならない。

しかし、今まで、かなりタフな道を克服して、体力も付いてきたので、いつか挑戦してやるぞ、と思っていた訳です。
それが、実は、

挑戦するなら今日しか無いのでは?

と思えた訳です。なぜなら、

今日は天気が良い、のに涼しい!

先週まで猛暑だったのに、台風が行って以降、数日涼しい。ただし、それも今日までらしい。

次に、

なんとか朝8時過ぎに起きた。

いつものように、寝坊すると時間が無くてNGとなってしまうのだが、昨日、自宅でビールを飲みながら午前2時過ぎまでプログラムを書いていたが、やはり、行くなら今日だ!という気合で起きた!

よし、条件は揃った、行くぞ。クロスバイク escape r1のタイヤの空気圧を調整して出発。

自宅国立から多摩サイ→睦橋通りと走って武蔵五日市駅に到着。

100_0181resized

ここまで、自宅から24km弱。ここから、檜原街道に入って30km登った先の「都民の森」が当面の目標。そこでの体調を見て、その先行くかを判断しよう。

武蔵五日市駅から都民の森までのルートです。

より大きな地図で 都民の森まで2011-07-23 を表示

今日は涼しいので、ここまでは快調! 檜原街道は荷田子を越えたあたりからは信号も少なく、サイクリングロードのような感じで快適に走れます。←ひたすら登りだけど

武蔵五日市駅から17km程で、上野原方面との分岐点。

100_0182resized

ここを右折。ここから登りのキツさがワンランクアップします。

さらに、7km程登ると数馬温泉センターに到着。

100_0183resized

ここから2kmで奥多摩周遊道の入り口。まだ奥多摩周遊道の手前とはいえ、ここからの斜度は林道級になります。

100_0185resized

2km登って、旧奥多摩周遊道のゲートに到着。

100_0186resized

ここから、3kmで都民の森まで行けます。ちょっとその前に、この先のすぐ左横に、檜原村、滝シリーズのひとつ

夢の滝

というのがあります。

100_0189resized

よろしければ、動画も撮りました。暑い夏には涼しげかも..

滝に涼しいパワーをもらって、3km弱の登りを登って、当面の目標、都民の森に到着。

100_0193resized

この地点で標高1000m。

100_0194resized

ここで一休みして、おにぎりを食べる。

以前にもここまでは何度か来ているんだよね。問題はこの先です。ここまでの走行距離:53km。さらに登って東京最高峰の風張峠を突破して、さらに先の奥多摩湖を周遊するパワーが残っているか?今までは、ここで断念して引き返していたのですが、今日は元々ここを突破するという目標意識で来たので、問題ない!結論はGO!です。

ここから先の走ったルートです。スマホの電池が途中できれてしまった。それでもGoogle

MyTracsは電池が切れるまで記録してくれたところがすごい。


より大きな地図で 都民の森から風張峠2011-07-23 を表示

先の道は..

100_0198resized

そこそこの登りだけど、3kmで風張峠で、その先はもうすべて下りだ!頑張ってGO!

さて、登ってみると、斜度的にはこれまでと変わらずそんなに激坂ではない。

100_0205resized

もともと、この道は一般道なので、いつも私が登っている林道のような激坂では無く、実際のところ、ここまでもそんなにキツくは無かったのです。

途中に、「浅間尾根駐車場」というのがあって、さすが、標高1000m越えの景色が眺められます。

100_0201resized

いやーこんなところまで自力で来れちゃうのは、自転車山登り野郎の特典だね。うらやましいでしょ。車やバイクで来るのと達成感が違うよ!

ここは天国のような道だ!

自転車野郎が定番として走る理由が今解った。

しかし、恐れていた残り3kmの登りですが、実際には楽勝でした。最初の1kmはそこそこの斜度だったけど、後はほぼ平坦。で、最高峰の風張峠に到着。

100_0203resized

 

あこがれの風張峠にしては単に駐車場があるだけだった。

100_0204resized

さて、ここからは下りだ。少々行くと「月夜見第二駐車場」というだだっ広い駐車場がありました。あまり眺めが良いポイントは無い。ここから道路を見ると..

100_0206resized

上の写真でわかるように、この道は交通量も少なく、眺めも良く、まるで天国のような素晴らしい道です。バイク野郎が大量に出没するという噂がありましたが、今日はそんなこともありませんでした。

先に進むと今度は「月夜見第一駐車場」が登場、ここはお勧めですよ!眺めが良い!

100_0210resized

いよいよ、奥多摩湖が見えてきた!

100_0211resized

しかし、さっきから、このキツい登りをゼッケン番号を付けて歩いたり走ったりする人々とすれ違うんだよね。この駐車場にもゼッケンを付けた若者2人が居たので聞いてみた。

「なんかレースやっているんですか?」

「えー99kmマラソンっていうんですよ。僕らここで56km地点なんですが..」

「そりゃすごいね!」

99kmマラソンって、自転車で120km走るより遥にすごいと思う。しかもこんな標高1000m越えの峠を抜けて..

このあと、奥多摩湖畔の「山のふるさと村」という施設

100_0214resized

の方に間違えて入って行ってしまって、時間と体力を消費してしまった。しかし、この「山のふるさと村」って、一般道と間違えるくらいの広い入り口の道だし、規模としてはすごい大きさのようです。

ここから、一気に下り坂を走ると、出し抜けに目の前に奥多摩湖が現れた。

100_0215resized

ここから見ると神秘的。

森と! 泉に! か~こまれて! 静かに! ねむ~る! by ブルーコメッツ

てな感じだよね。

さて、「森とんかつ、泉にんにく」と歌いながら先を進むと、橋をいくつか渡る事になります。

100_0217resized

橋は3っわたりましたが、それぞれ、白、黄色、赤に塗り分けられていて楽しいです。

ここからトンネル恐怖症の私が一番恐れていた、トンネルの連続となりましたが、オーバーグラスをサングラスからクリアの物に付け替えて、なんとか耐えました。

100_0219resized

ダムが見えて来たので、これでぐるっと一周終わりだね。

100_0220resized

ここから先は青梅街道でひたすら帰る。ここから家までまだ50km以上はある。

帰りの青梅街道は、下りなので楽ですが、行きの檜原街道と違って、交通量が多いので快適ではないです。少々疲れたけど、無事に家に着きました。

本日の走行距離 128.1km

|

« 金剛の滝 行きつけず | トップページ | 心霊スポット 小峰峠 旧道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/40927630

この記事へのトラックバック一覧です: 天国の道 奥多摩周遊道:

» IKEA家具のことならおまかせください [Witch House]
IKEA(イケア)正規取扱店 Witch House です。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年7月26日 (火) 09時25分

« 金剛の滝 行きつけず | トップページ | 心霊スポット 小峰峠 旧道 »