« 天然のクーラー 日の出町白岩の滝 | トップページ | 天国の道 奥多摩周遊道 »

金剛の滝 行きつけず

2011年07月17日 日曜日
先日、日の出町の白岩の滝に行って、十分涼しい思いしたので、他にも近場で滝がないかしらん、とばかりネットで検索すると...

あきる野と八王子の境あたりに、「金剛の滝」というのがあるらしい。

場所は、私の土地勘から行くと、五日市側から、入山峠に向かう道を横に行ったあたりのように思える。これはけして遠くは無いので、行って見ることにしました。

初めて行く場所なので、とりあえず悪路に耐えるマウンテンバイク xtc4 の方を選択して、出かけました。

多摩サイから今日は暑いので、睦橋通りではなく、秋川沿いの道を通って、武蔵五日市駅に到着。

100_0164resized

ここからGoogle Tracksをスタートさせて、その後の道のりを記録したのが↓です。


より大きな地図で 金剛の滝2011-07-17 を表示

武蔵五日市駅から、檜原街道に入って小中野から左折して旧道方面に向かいます。橋を二つ渡った直後に、川沿いに向かう道に左折する。(ここでまちがえて少々行き過ぎた)

すると、道が森の中に入っていって林道風になってきます。

100_0165resized

すると、左側の川を渡る橋があるので、ここを左折してさらに山奥方面に向かいます。

100_0166resized

ここから、道は未舗装になります。岩だらけのような道ではないので、それほど苦労はしないにしても、水たまりが多い結構な山道です。マウンテンバイクを選択して正解だった。クロスバイクだったら、ここで断念して帰るしかなかった。

先に行くと、車が数台止まっている所で、行き止まり風な感じになった。

ここから先は、自転車では無理です。自転車を置いて徒歩で向かいます。

すると、いきなり川があって、橋が現れた。

100_0167resized

この橋、なんか朽ち果てかけているような状態で、非常に不安。試しに渡ろうとしてみたが、めちゃくちゃ恐い。しかも、半分行ったところで、蛇がいた!

ビビって、後ずさりして戻る。

なんて、険しい道のりなんだ。どうしようかな..断念して帰ろうかな?

車で来ていた人たちが、河原でくつろいでいるので聞いてみた。

「この先行くと何があるんですか?」

「良い感じですよ。滝とかあって」

なるほど、道は間違ってない。確かにこの道の先に滝はあるはず。

あの危険な橋を渡るのは断念して下から川を渡ることにした。

川は浅いので、ひょいひょいと渡る事ができたが、向こう岸から崖を登る必要がある。高さは私の身長程だけど、一応、途中に手をかけたり足をのっけられそうな、木の幹や枝があるので頑張れば登れそう。

どうしようかな...こういうの慣れて無いんだよね。登山靴履いているわけでもないし。自転車ジャージスタイルでアドベンチャーっても似合わないよね。でも、河原で、さっきの人たちがこっちを見ているような気もするので、このまま引き下がるのも恥ずかしい..

えい!と、ばかりに登ってなんとか突破しました。厳しい道のりだ、と先にすすむと、向こうから、ごく普段着のオジサンが歩いてきました。

「こんにちは」

と挨拶したけど、あの人余裕だな...さすが、山道を慣れてる人にとってはこのあたりも何でも無いのかも知れない。

ふと、後ろを振り向くと、↓

100_0168resized

あれ、俺今、どこから出てきたんだっけ?道なき道のような感じなので、下手をすると、道に迷って戻れなくなる危険性も。上の写真は万が一道に迷った時に確認できるように撮ったものです。

さらに進むと、また橋が登場!今度は、さっきの倍ぐらい恐い!

100_0169resized

しかも、今度はご丁寧にも「橋通行禁止」と張り紙がしてある。公に認められた危険度大の橋って事だ。だったら橋を撤去しろよ..と内心思う。

と、いうことは、またさっきのアドベンチャー方式で突破するしか無いってことね。と、下に降りて川の様子を見ると、今度の川は結構水量がある。これを渡るとすると、びちゃびちゃと足首あたりまで水に浸かる事を覚悟に行かないとならない。

ただ、ちょっと、上流方向を見ると、少々都合の良さそうな岩が並んでいるので、そこを行けば、いけるかも。ところが、なんと、その岩のすぐ隣で、

お姉さんが読書してるんだよね...

いや、すごい..こんなアドベンチャーな蛇が出るようなところで、読書とは...←確かに涼しいけど

あの余裕のお姉さんの横でドタバタとサイクリングジャージを着た場違いなオジサンが悪戦苦闘する姿を思い浮かべると....かなり気持ちがメゲてきた。

しかし、いつもなら、諦めずに前進する私なのですが、実は、今日夜、うちのバンドのライブがあるんだよね。私はリードボーカルで、ガンガン歌うんだよね。夕方には確実に家に戻って少々喉を温めるために、大声でビートルズを歌ってウォーミングアップの時間も必要と考えると、しかたがない、今回はここで引き返して、次回覚悟の上で再挑戦しよう。

しかし、圧倒的に観光化している、「払沢の滝」とはえらい違いだな。でも山道に慣れている人にとっては何でもないような所なのかもしれない。

P.S. ライブの当日になんでこんなアドベンチャーやっているんだという意見もあるかもしれませんが、せっかくの休日十分楽しまなくっちゃ。

本日の走行距離 55.1km

|

« 天然のクーラー 日の出町白岩の滝 | トップページ | 天国の道 奥多摩周遊道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/40861873

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛の滝 行きつけず:

« 天然のクーラー 日の出町白岩の滝 | トップページ | 天国の道 奥多摩周遊道 »