« 飲んでばかりの社員旅行 | トップページ | Facebookページ「東京多摩地区・自転車ガイド」を公開しました »

盆堀林道から入山峠越え

2011年06月04日 土曜日
なにしろ、マウンテンバイクのスクールで突き指した左の人差し指が2週間以上も経っても痛むので、医者でレントゲンを撮ったら亀裂骨折していたことが判明しました。
とは、いっても治療法は樹脂の型を取ってそれを昼間だけ絆創膏とネットで固定して置くだけで、2週間たったら、それを外して徐々に指を動かして慣らしていってください、ということ。
しかし、今更、固定するったって、すでにもう、ライブでギターを弾いたり←Cを抑えるのがキツい。指が曲がんないので.野球の練習にいってバッテイング練習までやってたんだけど..←しかも、ノック受けてコケて右胸強打したし
どうりで、打っても飛ばないし、ギター弾いても下手だった訳だ!←ギターは元々下手だろ

で、いよいよ医者の言う2週間が過ぎて、そろそろリハビリも兼ねて、自転車でスカッと走りたい気分になっておりました。

今年は梅雨入りが早くて損した気になっておりますが、今日は梅雨の晴れ間という事でしょう、神様が土曜日に良い天気をプレゼントしてくれたようです。

スクールで懲りた訳じゃ無いけど、私の場合、あまり険しい道に挑戦するよりは、山道でも安全な道を自分のペースで走りたいと思っております。

そこで、本日は、久しぶりに八王子側から入山峠を登って、五日市に降りる全線舗装のコースを走ることにしました。

入山峠は五日市側から登って、また五日市側に帰るパターンが多かったので、久しぶりに八王子側にある山奥の入山トンネルも見てみたいし、ひょっとしたら、まだ見たことのないモリアオガエルにも会えるかもしれない。

自宅国立から本日の走行路↓

より大きな地図で 入山峠2011-06-04 を表示

↑なぜか行きのルートしか示されていませんが、興味がある方は、入山峠2011-06-04のリンクを押せば帰りも見られます。

国立から30km程走って、盆堀林道の入り口に到着。

100_0090resized

盆堀林道は全線舗装路なので、あえてマウンテンバイクを持ち出す必要もないのですが、今日は私のMTB Giant xtc4に乗りたい気分もあったし、軽いギアがある分安心なので、この自転車で来ました。

林道はこんな感じの立派な道です。

100_0092resized

ガンガン登って行くと思ったより早く、入山トンネルに遭遇。

100_0093resized

これ、標高600m近い地点だと思います。これって、心霊スポットじゃなかったよね?私は実はトンネル恐怖症なので。

5年前にここに初めて来たとき、真夏だったけど若い登山服姿の男女がトンネルの中で添い寝をしてました。

トンネルの中は涼しいからだろね。彼らは僕が来たので慌てて、顔をあげてキョロキョロ見回していたけど。それほど、このあたりは誰も来ないような道だった。今日はなぜか車やバイクが結構追い越して行ったけど。←車両通行止めのはすなのに?

トンネルを過ぎると、良い眺め。

100_0097resized

途中、木を伐採している現場がありました。

100_0096resized

これをちょっと解説しますと、まず、木を切って倒しておきます。その箇所の上の上空に何とかして仮設のケーブルを張り巡らせます。それで、切った木をケーブルで持ち上げて林道の車が横付け出来る場所に下ろします。そこで電動ノコで適当な大きさに切ってトラックで運ぶ訳です、

左側一面、木を切っちゃってますよね。これを全部運び出そうって訳です。

我々、山登り自転車乗りは、林道関係者以外立ち入り禁止の道も、それなりに走ることにかけては、すでに林道関係者な訳で、こういった現場の様子も勉強になります。←意味不明?

と、いう訳で、入山峠到着。

100_0098resized

この後は、五日市側に降りて帰って来ました。

本日の走行距離 73.0 km

|

« 飲んでばかりの社員旅行 | トップページ | Facebookページ「東京多摩地区・自転車ガイド」を公開しました »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/40263273

この記事へのトラックバック一覧です: 盆堀林道から入山峠越え:

« 飲んでばかりの社員旅行 | トップページ | Facebookページ「東京多摩地区・自転車ガイド」を公開しました »