« アンドロイド携帯 au is03を使ってみて その1 地図系アプリ | トップページ | 青梅市郷土博物館 »

アンドロイド携帯 au is03を使ってみて その2 音楽系アプリ

2010年12月19日 日曜日

音楽プレーヤー

3度のメシより音楽が好きな私にとって、スマートフォンの使用時間比率でいうと、恐らくその用途の95%以上は音楽再生であります。
私の場合、所有する4000枚を越えるCDを管理しきれなくなったため、4年程前からPCからそのすべてを1枚々読み込ませてサーバーのハードディスクに格納することにしたのです。←全部入れるのに半年掛かった
聞く場合はPCをオーディオに繋いで聞きます。検索して聞くことができるので、CDを一々探しまわることも無く非常に便利なりました。
スマートフォンの方では、これらの音楽ファイルの中から、その都度ピックアップして、聞きたい順番ににダウンロードして専ら通勤時に聞いている訳です。
IS03を使うにあたっても、何よりも音楽が聞ける環境を用意するのが、喫急の課題、とばかりに音楽プレーヤーアプリを探しました。
結論から言うと、今使用しているのが、Power Ampというアプリです。
有料のアプリですが、2週間無料でお試し期間があります。気に入ったので購入しました。
このように、待ち受け画面上(一番下の方)にもガジェットという形で曲名が表示され、操作ができます。

Pa1_2x


アプリを開くとこんな感じ↓

Pa2

私はオーディオマニアではないので、そんなに音の詳細にはこだわらないのだが、やはりイヤホンで聞く場合、グラフィックイコライザーで調整ができるものの方が良い。

また、この製品の場合、曲やアルバムの情報から、勝手にネットでジャケットを探して表示してくれます。さらに、searchというボタンを押すと、googleの検索に飛んで、曲の情報を調べたりできます。

それから、イヤホンを刺すだけで、前に中断した箇所から自動的に再生が始まるのも非常に便利。携帯の画面が表示されていないロックされた状態でもOKです。また、逆にイヤホンを抜くと自動的に再生が中断します。

私の場合、あらかじめ聞きたい順番に曲をサーバーからダウンロードしておくので、素直にファイルの作成日順に再生する様になっていて欲しいのだが、以外にほとんどの音楽プレーヤーアプリはこれができません。以前の機種の場合はこれが出来たのに...(他に大した機能は無かったが)

Power Ampでは様々なsort optionがあって、ファイル名順とか、曲名順とか曲の再生順が調整できる。しかし、ファイルの作成日の降順にsortはできるのだが、作成日順には出来ない。←惜しい!

しかたがないので、PCでファイルリネームソフトを使って作成日順にファイルの頭に番号を付ってからIS03の方に転送する事でとりあえず凌ぎました。

しかし、これも面倒なんだよねー。アンドロイドでファイル名を変更するソフト無いかな.. いっそのこと

自分で作っちゃおう

私もITエンジニアだし、Javaの開発は得意だし、出きるんじゃない?と、ばかりに、この土日で、アンドロイドアプリの開発のネット記事を参考にして作りました。大したもんじゃないけど。↓

Renum

私の要望を満たすためだけのアプリですから公開なぞ恐れ多くてしませんが、

非常に便利!

今後もこの分野の研究は必要だし、やる気になったうちに勉強してしまおうと、この後、本も買ってきました↓



FMトランスミッター

会社帰りの電車から駅から家までの帰り道、その間ずっと音楽を聴き続けている訳ですが、家に付くと普通は、いつもそのまま風呂に入ります。この際、風呂の中にお風呂用FMラジオがあるので、FMトランスミッターをスマートフォンに繋いでそのまま続きを風呂の中で聴きます。←幸せ!
以前の機種では外付けのトランスミッターを一々持ってきて繋いでいたのだが、IS03は内蔵のFMトランスミッターを搭載しているのだ。これは、実は購入する前から少々期待していた機能。外付けの機器を持ってくる手間が省けそう...
さて、購入して使ってみると...????
まず、第一に、トランスミッターをonにする設定がどこにも見つからない。一生懸命探したら、

なんと、auから提供されているLismoという音楽プレーヤーで再生する時にしかonに出来ない事が判明!

また、このLismoが使えなくて、wmaファイルを再生できないので、私の場合、まったく選択肢のうちに入らないようなもの。こんな事で、一般の音楽ファンを囲い込み出来るとでも思っているのだろうか?
大きな会社の考える事というのは往々にして一般の消費者から見ると非常識な事があるのだが、これにはアキレタ。KDDIっていう会社も、ある意味その典型?まあ、ドコモよりはマシかも。

しかし、アンドロイドの世界はヘコたれない。ネットで探してみると、なんと、裏技で任意にこのFMトランスミッターをon、off出来るアプリを開発した人がいる。エライ!
さっそく、このアプリをインストールして、晴れて使えるようになったのだが....

電波が微弱過ぎる...

ラジオにへばり付く位にIS03を近づけてなんとか受信できる...って、これじゃ実用性無いんじゃない?と、思ったが、色々試行錯誤した結果、改善方法が解ってきた。

  1. IS03のワンセグ用のアンテナを目一杯出す
  2. 音量は可能な限り最大にする
  3. FMラジオ側のアンテナを水平方向に傾ける

これで、なんとか脱衣場に置いてあるIS03からお風呂ラジオになんとかギリギリ電波が届くか..いや、それでもノイズが多くてギリギリ不合格って感じ。

やっぱり、今まで通り外付けのトランスミッターを使わざるを得ないか、と思ったが...
まてよ、
ワンセグ用のアンテナを伸ばすのが効果がある事から考えて、ワンセグのアンテナ強化グッズなどと言うものが仮にあるとすれば、それを使ったら良いのでは?
ネットで調べて見ると、結構ありました。その中で、一番手っ取り早い方法として、ストローにアルミホイルを巻いて、アンテナに付ける、という方法があるらしい事が解った。
早速、やってみましたよ、こんな感じ↓

Dscf2539

見た目、アンテナが非常に強化された感じです。これを、風呂場の方に持っていって試すと、なんと、電波状況が格段に改善!ようやく実用レベルになりました。素晴らしすぎる!

しかし、見た目は、激しくカッコ悪いように思えるけど..まあ人前でやるような事じゃないから良いけど。

subsonic

あらかじめスマートフォン側に音楽ファイルを転送して置くのではなく、オンディマンドで家のサーバーから曲を検索して聴けたら良いよね。実際、今でも家で音楽を聞く場合は、サーバーにある曲を検索してPCからストリーミング再生しています。

私の場合、CD4000枚以上、さらにその他の音源も含めると、Windows Mediaplayerなどでは曲数が多すぎて、遅くてまったく使い物にならないので、数年前の正月休みに自分でJavaで開発したアプリを使っています。この、手作り感がある画面がそのアプリです↓

Screenshotnefertitimiles_davis_mo_2

IS03からもこのアプリは使えるのですが、アンドロイドからだと、いまいち使い勝手が悪い。実は同様な事が可能なアプリがこのsubsonicです。

まず、サーバー(ubuntu)側にsubsonicサーバーをインストールして音楽メディアが入っているフォルダーを設定します。

今まで、この手のアプリを試した事があったが、我が家の膨大な曲数の量でまともに動くサーバーは無かったのだが、

これはスゴイ!

あっという間に我が家の全曲の情報をデータベース化してサクサク表示します。

PC側の情報を見ると、アーティスト数 8,209、アルバム数 6,531、曲目数 135,922 となっている。これだけの量のメディアをこんなに軽快に扱えるサーバーはかつて無いです。

IS03側ではこんな感じで使うことができます。↓これはアーチスト「Aron Neville」を選択したところ。

Subs1

これで、どこにいてもインターネット経由で我が家のサーバー上の曲を聞くことができます。

さすがアンドロイド。音楽アプリに関しても、なかなか面白い世界が広がっています。次回はまた別の分野のネタで投稿しますのでヨロシク。

|

« アンドロイド携帯 au is03を使ってみて その1 地図系アプリ | トップページ | 青梅市郷土博物館 »

IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/39211572

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロイド携帯 au is03を使ってみて その2 音楽系アプリ:

« アンドロイド携帯 au is03を使ってみて その1 地図系アプリ | トップページ | 青梅市郷土博物館 »