« 今シーズン最終戦 大泉中央公園野球場 | トップページ | ちゅうごく地域イノベーションパートナーシップで講演 »

秋の狭山湖

2010年11月21日 日曜日
昨日、高校時代のプチ同窓会があって、少々飲みすぎたせいもあり、朝起きてウダウダしていたらお昼を過ぎてしまった。
しかし、せっかく天気が良いのだから、近場で、狭山の周遊でもマウンテンバイクで走ってこよう、と、xtc4に乗ってでかけました。
自宅、国立から行くと、立川通り、けやき通りと走って、8km強で武蔵大和駅近辺で多摩湖の自転車周遊道に入ります。ここから、右回りに多摩湖と狭山湖のまわりをグルッと回ってくるのがいつものパターンで、一周すると26km程。
多摩湖側の自転車周遊道は舗装路だけど、狭いし、ジョギングしている人が居たりするので、危なくてあまりスピードが出せない。したがって最近は横を走る一般道の方を走るようにしています。
多摩湖を右回りに3分の1程走ると、今度は狭山湖の方へ進路を変えるポイント、カブト橋があります。

Photo

この辺りは、時間が無い時に走るのには便利なので、何度も来ている。夏に来たときはブログにも書いたけど、秋は秋で、また趣きも異なるでしょう。

ここから、道が未舗装になってきて、いよいよマウンテンバイクの本領が発揮される訳です。もっとも、全体に渡って全然険しい道では無いのでお気楽ですが。

ちょっと行くと、けして綺麗ではない、番太池のまわりをグルッとUターン。

Photo_2

その先は、多摩湖、建設当時走っていたトロッコ列車の線路を思い起こさせるような、トンネル。

Photo_3

武蔵村山給食センターの脇を入っていよいよ、森の中に入って行こうとすると、色づいたモミジが目に入りました。

Photo_4

ここから、オフロードを快調に走って行くと、六地蔵を過ぎて、六道山公園に到着。

Photo_5

ここは、住所的には瑞穂町に属するというのがなんだか不思議。ウチのかみさんの実家が瑞穂なのだけれど、瑞穂というと、もっとはるか西にあるイメージなのだが..

ここから、5km弱、森の中のオフロードが続きます。いわゆるトトロの森の方に入って行く訳だ。

ここの道はお気楽に楽しめるオフロードで、好きなのだが、最近マウンテンバイクというと険しい山道ばかり必死に走っていたのに比べると、イージー過ぎて、走っていて、頭に雑念が沸いてきたりする(ふと気がつくと仕事の事とか考えていたり...イカンイカン、せっかくの休日のサイクリングなのに)

森を抜けると狭山湖の堤防に出ます。

Photo_6

この先から、再び多摩湖の舗装された、自転車道に合流。

多摩湖は実は真ん中の堤防を挟んで2つの貯水池に分かれているのだ。これは真ん中の堤防あたりから、西側の湖を見たところ。

Photo_7

なんだか↑の写真、光の加減でいやに神秘的な湖のように写っていますが、実態はただの貯水池です。

1週してスタート地点の狭山公園に戻ってくると、こちらにも色づいたモミジがありました。西武園のジェットコースターをバックに↓

Photo_8

本日の走行距離 42.0km

 

|

« 今シーズン最終戦 大泉中央公園野球場 | トップページ | ちゅうごく地域イノベーションパートナーシップで講演 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/39211589

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の狭山湖:

« 今シーズン最終戦 大泉中央公園野球場 | トップページ | ちゅうごく地域イノベーションパートナーシップで講演 »