« ちゅうごく地域イノベーションパートナーシップで講演 | トップページ | 冬の梅の木峠 林道梅の木線 »

鳥居観音 名栗湖 紅葉見物?

2010年11月28日 日曜日

ネットの紅葉情報のページで飯能の鳥居観音をマークしていたのだが、いっこうに「見頃!」状態にならない。これはひょっとして、情報が放置状態にあるのでは?実はもうピークを過ぎていたりして..
なぜ、鳥居観音かというと、自転車で行ったことがあるからです。
東青梅からの成木街道が走りやすいし、近くには名栗湖というダム湖もあって、自転車で行くには良いところです。

という訳で、今日は自転車で鳥居観音を目指す事にします。

その手前のなちゃぎり林道、および常磐林道 には今年行っておりますが、小沢峠を越えて飯能まで行ったのは去年の秋以来。

国立の自宅から多摩サイに乗って上流に向かう。秋深い多摩サイの模様↓

Photo

羽村で多摩サイは終点になって、奥多摩街道で青梅方面へ、東青梅付近の青梅マラソンスタート地点あたりの銀杏がいい色になってます。

Photo_2

東青梅から成木街道に入り、快調に走ると、やってきました、

吹上峠

今年、5月9月にも来ましたが、ここは、成木街道沿いの新吹上トンネルを進まずに、横にある、心霊スポット

旧吹上トンネル

を通って行きたい訳です。
なぜなら、こちらの道は今は自動車は入れない。自転車天国になっているからです。
その代わり、因縁話が語られていて、幽霊が出るという怖い場所でもあるのです。
さて、もう何度も通って慣れてきたし怖くないよ、とばかり向かったのですが、遠目に見るとなぜかいつもに増して怖い雰囲気..
それも、そのはず近づいて見ると、なんと、トンネルの中の照明が点いていない!

Photo_3

 

中は真っ暗で、怖くてこれ以上近づけない..

すると、トンネルの中から

ギー

と重い木の扉を開くような音がして、そのあと

カランコロン、カランコロン

と低い鈴の音がする...

その後、ギーカランコロンが何度か繰り替えされて...その音がある時ピタッと止まると、なにやら、人の話す声のようなものが聞こえてきた..

怖すぎる!

逃げよう、あわてて180度振り返って自転車に飛び乗って今来た道を戻る!

なんだよ、今のは?

ゲゲゲの鬼太郎でも出てきそうなリアリティだったな。

あんな怖いトンネルをあえて越えたらネタ的には非常に面白いが、臆病な私にはとても無理です。

しかたがないのでこちらの新吹上トンネルを行きます。

Photo_4

しかし、私は普通のトンネルでも嫌いなんだよね。もはや「トンネル恐怖症」だね。その理由は5月の記事に書きました。

ここを抜けて、快調に走って行くとまただよ

Photo_5

松の木トンネルです。成木街道は走りやすくて好きなのだが、トンネルが難点だな。

ここを過ぎると小沢峠に差し掛かり、登りとなります。峠まで登りきると、またトンネル。

Photo_6

↑はトンネルを通った後、逆から撮ったもの。

トンネルを越えると、その先は2k弱ほどの下りです。帰りはこの坂を登らないとならないのだけれど、私は、ここに峠があるのが逆に走っていて一つのアクセントになっていて楽しく感じます。

峠を越えて数km走ると鳥居観音に到着。

Photo_7

そういう訳で、ここは、紅葉の名所なわけで、駐車場にもこんなかんじでモミジが↓

Photo_8

さて、と、自転車を駐車場に止めて、とりあえず中に入ってみましょう。すぐに本堂があったのでここでお参り。

4

ちゃんとお賽銭を差し上げて、マジで専ら「交通安全」を祈願しました。これからも楽しく自転車で走れますように!

先を行くと、これって紅葉?

3

ここから先はお金がかかるようだ。お金がかかるから、というよりは、徒歩で行くと40分掛かるとさっき書いてあったので、時間が無いのでここで引き返します。←なんのために来たんだ!

駐車場で自転車に乗って、今来た道を少々引き返して今度は名栗湖を目指します。

名栗湖前の道は一気にダムの上まで上がる道のため、結構な激坂です。小沢峠よりよっぽどキツい。で、

Photo_9

Photo_10

しかし、紅葉見物ってなんだか良くわからない。
なんか、行けば「すごい、感動の風景!」というのが目の前に広がるのではないだろうか、と、とりあえず行くだけ行ってみよう、という曖昧な姿勢に問題があったな。

元々紅葉見物に期待する具体的イメージを私自身持っていないのがいけない。予習不足でしたか..

そもそも、「もみじ」と打っても「こうよう」と打ってもなぜか同じく「紅葉」と変換されるのはなぜだ?「もみじ」と「こうよう」は同じもの?

と同様に、「いちょう」と打っても「ぎんなん」と打っても「銀杏」と変換される。「いちょう」と「ぎんなん」は絶対別物と思うけどなー。

後でWikipediaで勉強しておこう。

さて、帰り道、新吹上トンネルで行きに遭遇した

「ギー、カランコロン」の妖怪

に命を奪われるのでは?(トンネル内でダンプに轢かれて死ぬとか)と、心配しましたが、鳥居観音のお賽銭が効いたのか、無事に帰って来れました。

本日の走行距離 82.0km

|

« ちゅうごく地域イノベーションパートナーシップで講演 | トップページ | 冬の梅の木峠 林道梅の木線 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/39211587

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居観音 名栗湖 紅葉見物?:

« ちゅうごく地域イノベーションパートナーシップで講演 | トップページ | 冬の梅の木峠 林道梅の木線 »