« 境川サイクリングロードから湘南海岸 | トップページ | 今シーズン最終戦 大泉中央公園野球場 »

MTB xtc4で鋸山林道 大ダワ 走破

2010年11月06日 土曜日

天気予報通り、今日は素晴らしく良い天気。例によって自転車で出かけます。
数日前からどこに行こうか考えていたのだが、自走して行ける範囲の主な林道は走り尽くしてネタが無い..などと言いながら、実は超大物がまだあるのです。それは..
檜原村から奥多摩へ抜ける、大ダワという峠を抜ける..


この道はこの辺の自転車野郎の間では非常に有名な道なのだが、なにしろ、
  1. 檜原村から奥多摩へ抜けるというスケール感(遠いし)
  2. 標高994mという高さ
  3. 大ダワ」という変な峠の名前でしかも「大」が付いているという威圧感
という理由で、
私なんかには、とても、とても、恐れ多い..怖くて近づけません..

と、思っていたのですよ!

しかし、良く考えてみると、自宅から檜原村、鋸山林道直前の神戸岩までは行ったことがあるし、奥多摩側は青梅街道で奥多摩湖まで行った事があるので、林道の前後の道ははすでに既知の道。ざっと計算しても全体工程で100km程。標高的にも標高1000mの都民の森に何度も行ったことがある。3日前に湘南海岸まで110km走って平気だったことを考えると..

行けるんじゃない?...
行くなら天気の良い今日しかないんじゃない?
決定!今日の行き先は鋸山林道

険しい林道を想定して今日はMTBのxtc4の方に乗ります。
自宅、国立を出発して多摩サイ→睦橋通り→武蔵五日市駅→檜原街道、と走って、まずは神戸岩を目指します。
檜原街道を走ること、武蔵五日市駅から10km程で檜原村役場の先の丁字路にぶつかります。ここを払沢の滝 に向かうと同様右に行きます。払沢の滝 の入り口過ぎてさらにしばらく進むと神戸岩に向かうポイントが現れます。

K


ここを右折して神戸岩に到着。神戸岩は、東京都指定天然記念物です。神戸岩を下から見上げて撮影↓

Photo

その下には、鋸山林道へと続くトンネルがあります。

Photo_3

そもそも、この林道に近づけなかったのは、このトンネルが怖いから、という理由も実は大きいのです。なにしろ..
トンネルの中に照明が一切無く中が真っ暗
もともと「トンネル恐怖症」の私は←他にも色々恐怖症を患っている..こんな怖いトンネル絶対生涯通れない!と思っていたのだが、ここまで来たからにはここで引き下がるわけにはいかない!自転車用ライトを頼りに、恐る恐る、自転車を押して真っ暗闇を通過しました。←実は距離はすごく短い。曲がっているので向こうの明かりが見えないだけ?

やった、やった!俺も一歩成長した..
通り抜けた抜けたトンネルを振り返る↓

2

このまま無事に峠を越えて奥多摩側に降りられれば、もうこのトンネルを再度通る必要は無い

よし、私は後ろは振り向かない。ここまで来たら、何としても峠を越すぞ!

さて、ここから先は未知の領域。私はTVゲームは一切やらないけど、ゲームで障害を乗り越えて未知の領域に入るとワクワクするんでしょう?私もワクワク、少々不安もあるけど。(遭難して死んだら簡単にリプレーはできない訳で)
その先を行くと、いよいよ鋸山林道の入り口が現れました。

Photo_4

看板にデータが書かれている。延長13.3kmということは上りはその半分の6km強を覚悟しておけば良い訳だ。それでは、元気を出して出発!
序盤の上りは一般の林道並の斜度でしかも時々緩くなるところもあって、快調に登れます。道の感じは、常に横に清流の沢が流れている森の中のコースで素晴らしくいい感じです。下の写真、暗くて恐縮ですが、森の中で影になっていたせいで、こんな感じになってしまいました。

Photo_5

さらに走ると、山に沿ってジグザグに進む山岳コースの感じになってきます。ガードレールの下は断崖絶壁(もっとも杉の林が茂っているが)。3.5kmほどのところで杉の林を抜けて景色が開けた。

Km

別の方向にもいい景色が..

Km1

山の上の方には色づき始めた紅葉?が見える

Km2

さらに登って5kmをすぎたあたりで林道沿いに綺麗に色づいた木があった。

Photo_6

ネットの紅葉情報では、今日現在この辺では、まだまだ早いと出ていたけど、この高度になると気温も下がるだろうし、いい色合いになっているのかな。

ここまで登って、印象としては、いつも登っている標高702mの和田峠と比べると同等?実はこちらの方がちょっとだけ楽かも、という感じです。距離はあるけど途中に斜度が緩む箇所が結構あるのが楽ですね。

もうすぐ峠という地点での眺め↓

Photo_13

さすが標高994mの眺め!

峠に近づくと、994mの山の上から一望出来る感じになってくる。この林道今まで登ってきて、私以外の人に出会っていない。

まわりには誰もいない。この大自然の中で私1人だけ..と思うと、ちょっと心細くなったりする。
 
今頼りになるのはこの自転車だけ。


さらに、頑張って登っていると。

ようやく大ダワに到着!

結局、予想よりちょっと短い6kmちょうどで到着。

Photo_8

到着時にまず目に入るのがこの駐車場とトイレ

Photo_9

せっかく苦労して到着したのに、なんだか殺風景だな。峠に付いたら、コンビニで買ったメンチカツサンドを食べようと思っていたのに。こんなトイレの前で食べる気になれない..
さて、日が暮れる前に家に着きたい私は、メンチカツサンドを食べずに、このまま奥多摩側に降ります。
道は急勾配の下りの山岳コースで、実は高所恐怖症の私はブレーキを掛けながら恐る恐る降ります。
仮にスピードを出しすぎてガードレールに激突して体が断崖絶壁の方に投げ出されると、多分どこかの杉の木に引っかかるとしても、遭難!です。しかし、その状態で怪我をしていたら身動きとれず、だれも私の存在を知れず(そういえば、家族にどこに行くかを知らせていない)記録上「行方不明」ということで、私のガイコツが人知れずこの山に眠る...
という、いやな妄想を抱えながら、ひたすら降りる。
大体、高所恐怖症+マウンテンバイクのテクニック下手、の状態で山登りするからいけないのだが、それを勘定にいれても自転車で山登りする魅力があるんだよね。
ようやく、降りきった。いきなり青梅街道に直結。出口の様子↓

Photo_10

青梅街道に入れば、あとはかつて知ったる道なので右折して帰るだけ。
少し走ると奥多摩駅入り口の交差点が現れたので、ちょっと駅に寄っていきましょう。

Photo_11

駅前は登山客というか観光客が沢山で、楽しい雰囲気だね。それを眺めながら、駅付近のベンチに座ってメンチカツサンドをいただきました。
さて、なんとしても日没までに帰りの多摩サイを走りきるぞ、と再スタート。
青梅街道をノンストップで20km弱走って青梅に到着。青梅の昭和レトロ博物館です↓

Photo_12

隣は赤塚不二夫記念館。
さらに走って無事多摩サイは日暮れ前に通過して帰ってきました。
本日の走行距離 98.6km

|

« 境川サイクリングロードから湘南海岸 | トップページ | 今シーズン最終戦 大泉中央公園野球場 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

林道タマチャリンの横尾です。
鋸山林道の記事を拝見致しました。

実は私もトンネル恐怖症でして、
鋸山林道は前々から行きたい林道なのですが
恐ろしくて未だ神戸隧道に近づけづにおります。

社長の行動力と勇気は凄いですね。

他にも色々気になる場所はあるのですが、、、
トンネルが、、、、。

暑いので熱中症にお気を付けて下さい

それではまた。

投稿: yokohisa | 2012年7月28日 (土) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/39211592

この記事へのトラックバック一覧です: MTB xtc4で鋸山林道 大ダワ 走破:

« 境川サイクリングロードから湘南海岸 | トップページ | 今シーズン最終戦 大泉中央公園野球場 »