« 北区中央公園 今シーズン第10戦 | トップページ | 今年3度目 梅の木峠 »

得に何もない林道 タルクボ線

2010年09月19日 日曜日
今日はマウンテンバイクに乗って山登り、林道へ行きたいな、と思っているのだが、行き先が決まらない。自走していける範囲の主な林道はほとんど走破してしてしまって、ネタが無くなってきた。後、残っているのは私の実力では走れなさそうなところか、つまんなそうな所しかない?
かと言って、過去に走った所に行くのも、面白味が無いし..
考えあぐねて思いついたのが、今年6月に行った白岩滝の手前にあるタルクボ林道。ネットの情報によると、見晴らしの良いポイントも無いし、得に何もないピストン林道らしいが、距離は2km以上あるらしい。前に林道入り口から覗いた感じでは、何とか私の実力でも登れそうな感じだったので、とりあえず今日のターゲットは林道タルクボ線で決定。
さて、MTB Giant xtc4に乗って自宅国立を出発。
多摩サイ→睦橋→睦橋通り→武蔵五日市駅→秋川街道→つるつる温泉入り口左折、つるつる温泉の手前の白岩滝バス停から左折して山登りが始まります。1km弱?程でタルクボ線への分岐地点に到着

Photo

林道の入り口から先を見ると

2

しかし、林道の看板は草で被われているし、道も草だらけで、世間から見放された道という雰囲気が感じられる。とりあえず、行くだけ行ってみましょう。
道は当然未舗装で時々岩場になりますが、さほど悪くない。斜度もこのすぐ近くにあって以前挫折した焼岩線程ではないので頑張れば、私の実力でも登って行けます。

3

しかし、舗装路であればギアを目一杯軽くしてゆっくり登れば大抵の坂は余裕で登れるのだが、こういうオフロードとなると、登りの斜度がある上に石やら岩やらを乗り越えて走らなければならないので、どうしても足にパワーを掛けないと自転車が前に進まない。当然、自転車は前に進まないと倒れてしまうので、常にパワーを使って登ることになる。さらに、きつい坂で一旦止まると、自転車の再発進が非常に困難。だから、坂の斜度がある範囲は一気に登ってしまわないとならない。

しかも、林道は、ほとんど片側がになっているケースが多い。舗装路ならばガードレールがある場合が多いのだが、未舗装の道ではそれも無い。下手にコケるとそのまま崖から落ちて遭難する危険性大
結局、のんびり山登りをしたい私の場合、オフロードの登りはパワーを消耗するから苦手なんだよね。←MTB乗りがそんな事で良いのか!
途中、見晴らしも期待できないはずだったけど、一部視界が広がるところもありました。

Photo_2

自分としては、苦手な割に良く頑張って登ったと思える、1km過ぎあたりで、また視界が少々開けた

Photo_3

とりあえず、ここでひと休み。腰かける場所もないので、道の真ん中に座って、途中のコンビニで買ったハムカツサンドをいただきました。どうせ、こんなとこ絶対誰も来ないので、道の真ん中に座っていても一切問題なし。
さて、食べ終わってこの先また頑張って登っても何にも無いだろうから..と今日はこのまま帰る事にしました。
ところで、今日は五日市近辺のお祭りの日だったようで、ちょうど午後3時から五日市街道が車両通行止めになっていました。

Photo_4

ちょうど、通行止め開始したタイミングだった。自転車はOKとの事で、道の先を見ると

2_2

おー、車がまったくいない!これ、五日市街道を占有して走れる千載一遇のチャンスじゃない!、とばかりに張り切ってスタート!
しばらく、快調に走れたけどお祭りの現場に遭遇して、警官から「自転車は、押して降りて行ってください。じゃない、降りて押して行ってください。」←警官の発言かんでいた

2_3

お祭りを眺めながらしばらく、自転車を降りて押して通過。
本日の走行距離 67.8km

|

« 北区中央公園 今シーズン第10戦 | トップページ | 今年3度目 梅の木峠 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/39211613

この記事へのトラックバック一覧です: 得に何もない林道 タルクボ線:

« 北区中央公園 今シーズン第10戦 | トップページ | 今年3度目 梅の木峠 »