« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

絶対遭難しないオフロード 狭山周遊

2010年08月28日 土曜日
朝寝坊して、うだうだしていたら、お昼を過ぎてしまった。
しまった、今からだと自転車で走りに行くとしてもあまり遠くには行けない。最も近場でそこそこ走れる所というと...
多摩湖・狭山湖周遊
前日に雨が降った場合などは狭山湖周遊のオフロードは水たまりばかりで快適じゃ無いのだけれど、ここ数日晴れ続きで路面も乾いていると予想されるし。
自宅国立からMTB Giant xtc4に乗り、立川通り→けやき通りと走れば、武蔵大和駅前、ここまでわずか8km程でもう多摩湖周遊自転車道に入れます。
普段はここから多摩湖の堤防を渡って左回りに狭山湖周遊へと向かうのだけれど、もう何度も走った道なので、今日は試しに多摩湖周遊を直進していつもと逆の右回りに走ってみることにしました。
しばらく多摩湖周遊を走ると、左に狭山湖周遊へつながるポイントがあります。

カブト橋

Photo

カブト虫は「武蔵野の道」というここから始まる遊歩道のマークになっておるようであります。武蔵野の道はここから「番太池」というあまりキレイでない池を囲むようにUターンしてトンネルへと向かいます。

Photo_2

御岳トンネル。ここは昔、多摩湖建設時に線路を敷いて資材を運ぶトロッコを走らせるために作られたものらしい。←有名な話

同様のトンネルをここからさらに2つ抜けて信号を渡ると

Photo_3

「武蔵野の道」はカブト虫のマークと共にこの先も続きますが、この道は行かずに右折します。ちなみに「武蔵野の道」は多摩サイ終着点の多摩川、羽村の堰から多摩湖に水を送っている地下のパイプの上を走っている遊歩道です。ただ、この道を行っても米軍、横田基地にぶつかって終わってしまうので、羽村の堰までは行けません。

右折して武蔵村山給食センターの横に、狭山周遊に入る入り口があります。

Photo_4

ここら先がいよいよ森の中のオフロードになります。

Photo_5

マウンテンバイクというのは自分の手足の様に自由に操作したいものだけれど、今年新しく買ったこの自転車 Giant xtc4 にもようやく慣れてきて、今日は機敏に走ります。odoメーター見ると通算走行距離 774km。この位の距離を走ると慣れる様だね。1km程走ると「六地蔵」。

Photo_6

ここから2kmで六道山公園

Photo_7

ここから約4km「トトロの森」に向かって森の中のオフロードが続きます

2

しかし、ここの道は湖側が金網で反対側が森という構造なので、これだと遭難する危険はまったくありません。

武蔵五日市から向かう、いつも走っている色々な林道。そちらの場合だと片側が沢だったり、崖だったりするので、仮にそっちに落ちるとかなりの確率で遭難という危険性をはらんで走るという緊張感があるだけど、ここはインナーギアを使う程の坂も無いし、お気楽な道です。本格的なマウンテンバイク野郎には物足りないだろうけど、私の場合、全然本格的で無いので、楽しく走れます。

しかし、今日は初めて右回りで走ってみたけど、右回りの方が、アップダウンの登りが急で下りが緩やかになる傾向があるので、はるかに走りやすいです。私の場合、急な下り坂というのが一番苦手なので。

森を抜けると狭山湖の堤防です。

Photo_8

ここから、多摩湖周遊道に戻ってしばらく走ると、今度は多摩湖の堤防

Photo_9

ここを抜けると、またスタートの武蔵大和駅前の交差点に戻ります。

多摩湖、狭山湖まとめて周遊1周約27km程。マウンテンバイク初心者の方にはお勧めコースです。

本日の走行距離 43.35km

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

檜原村 払沢の滝 夏まつり

2010年08月21日 日曜日
今日も猛暑。こういう日は山方面に向かって涼むに限る。いつものように自転車に乗って颯爽と出発したいところだが、昨日の国立リバプールでのライブ出演の後、飲みすぎて少々疲れぎみ。あまり険しい道は避けて、涼しいところというと....

檜原村、払沢の滝!

恐らく、檜原村最大の観光地。あまりに観光化していて秘境探索的な面白さが無いので、最近行ってなかったけど。

払沢の滝なら、舗装路と一般道のみで激坂も無いので、マウンテンバイクを登場させるまでも無いので、クロスバイク Escape R1に乗って出かけます。なにしろ、こっちの方がマウンテンバイクより断然早いから。
さて、自宅国立を出発してすぐに、体調が今シーズン最悪状態な事に気づく。二日酔いで頭が痛い、というのは過去に何度もあったけど、今日はなぜか胸やけがひどい。6km程走った時点で腹痛もしてきた。こりゃマズイと思って八高線の鉄橋前のベンチで一休み。この猛暑の中、体調が悪いならサッサと帰って休めば良いじゃないかと思うかもしれないが、そうはいかない。猛暑の中自転車で走りまくる事で血行が良くなり、体調も良くなると信じているので、めげずに走る。なにしろ私の場合、長年悩まされてきたアトピー性皮膚炎が、毎週末、自転車で走るようになって、わずか1年で完治した経験があるのです。持病と思っていた肩こりも無くなったしね。
多摩サイ→睦橋通り→武蔵五日市駅と走り、左折すると檜原街道。ここから7km程で檜原村に入ります。このあたりで、明らかに涼しくなります。確かに、武蔵五日市駅から登りなので高度も上がるんだけど、なんだか不思議な感じ。檜原村役場の先の突き当たりを檜原街道は左折しますが、今日はここを右折。するとすぐに払沢の滝の入り口。自宅から33km程で到着。

Photo

ここで自転車を置いて、徒歩で1km弱?程で滝まで行けます。数日前に行った日の出町の白岩滝とは違って、滝に向かう道も観光化されていて、お気楽にサンダル履きでも行けます。途中にお土産屋兼郵便局みたいな店もある

Photo_2

川沿いの道を歩いていくと家族連れの観光客が多い。子供がお母さんに質問..
「この水ってしょっぱい?」「海じゃないんだから、ここは川なんだからしょっぱく無いよ」「えー川って、もっと水汚いじゃない?」
確かに、街の川とはまったく異質の清流だからね。こんな川を見るのは初めてなんだろうね。確かに感動的な程、透き通った、きれいな水です。
しばらく歩いて、滝に到着。日本の滝百選に選ばれた「払沢の滝」です。

201008

いやー、涼しいね。まさに天然のクーラーだ。岩に腰かけて、武蔵五日市駅のコンビニで買ったメンチカツサンドをいただきました。
ここで、ある事に気づいた。これはいったい何だ?

Photo_3

これ、当然、岩から竹が生えてきた訳では無い。岩の上に竹を切ったものが置いてあるだけです。たまたま1個だけここにあるのなら別に疑問に思わないが、良く見ると滝壺の回りに無数にこれがあるのです。

Photo_4

上の写真をクリックすると拡大しますので、じっくり見てください。不気味に沢山あるんですよ...

これって、海外ドラマ「ロスト」並の不気味な謎だ。

読者のみなさん、この謎の正体、解りますか?

これで水をすくって飲んでくださいとでも言うのかな?思って手に取って中身を見て謎が解けました。中に蝋燭が入っている。
つまり、夜になったらここに火を点けて蝋燭の明かりでライトアップしようって訳ね!
家に帰って、ネットで調べたら、
8月21日(土)、22日(日)開催の「払沢の滝ふるさと夏まつり」
に伴い、2日間だけのライトアップだそうです。
駐車場の近くの小学校でお祭りのイベントをやっていたので、ちょっと覗いてみた。

Photo_6

払沢の滝ライブカメラでも、普段pm6時で中継終わりになるところ、2日間だけ21:30まで延長して中継しています。今、そのライトアップされた映像を見ながらこのブログを書いています。こんな感じです。

Photo_5

色合いも時々変えているようで..

2

目の前で見たらキレイだろうけど..夜自転車に乗って檜原村まで行く気にはならないしね。
本日の走行距離 67.0 km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

避暑 白岩滝

2010年08月16日 月曜日
今日は暑い。ひょっとして今年最高の暑さ?やっぱり、こういう日はマウンテンバイクで山に行くしかないね。ただし、この猛暑なので、体力の消耗を考慮すると、あまり険しくなく、近場で涼しそうな場所は無いか?と考えた結果、今年6月に行った「白岩滝」を思いつきました。
早速、マウンテンバイクxtc4に乗り、自宅国立を出発。多摩サイ→睦橋通り→武蔵五日市駅右折→つるつる温泉入り口左折、でつるつる温泉方向に向かいます。つるつる温泉に向かう道はじわじわと高度をあげて行くような、緩い登りですが、途中「さかな園」の当たりまで来ると、結構涼しい。多摩サイ時点で、自転車に付いているサイコンの温度計が45度と、今年最高タイ記録だったけど、登りとはいえ、あきらかに快適な走りになってきた。つるつる温泉手前1km程で白岩滝バス停が現れるので、ここを左折。1km?程登ると道の終点となります。ここに看板がある。

Photo_6

ここから遊歩道を3分程歩きます。

Photo_7

ここは、一応、遊歩道があるのだけれど、あまり観光化されていない、というか、この遊歩道、距離は短いけれど、サンダル履きで歩けるほど甘くは無いです。水場も子供が遊べるような感じでは無いので、家族連れや、お気楽観光で行くのなら、ここよりも、武蔵五日市から逆方向に行った、檜原村の「払沢の滝」の方をお勧めします。
では、どのような人がここを訪れるかというと、多分私のように誰もいないところで、ちょっと涼みたい(しかも自転車で片道32km走って)という様な、まあ良く居るタイプですね。←イナイ、イナイ
と、いう訳で今日も絶対、誰も居ないだろうなと、思ったら、なんと若い男女のカップルが居て、仲睦まじく滝をバックに彼女の写真等を撮っている。
私の方はそれとは関係なく涼みながら、武蔵五日市駅前のパン屋で買ったコロッケサンドをいただきました。白岩滝です↓

Photo_8

森の中で、十分避暑地と言えるくらい涼しいです。

Photo_9

自転車で行ける範囲に避暑地があるというのは、なかなかうれしいです。
あまりに涼しいので、今日はひょっとしてあまり暑くない日になったのか?と思いましたが、帰りに走った多摩サイはやっぱり、猛暑だった。お盆休みとは言え、今日はウィークディのせいもあるのでしょうが、この猛暑、帰りの多摩サイは空いていました↓

Photo_10

本日の走行距離 66.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山 日影林道

2010年08月15日 日曜日
例によってネットでマウンテンバイクで走れそうな林道を探していると、高尾方面で日影林道というのが見つかった。早速、本日はそこを目指して出かけます。
自宅国立からマウンテンバイクxtc4に乗って浅川サイクリングロード→高尾→甲州街道→右折して旧甲州街道→日影バス停先を左折
で、日影林道の入り口に到着

Photo入り口から少し行くとキャンプ場がありました。

Photo_2

さらに登って行くと分岐点が現れる。

Photo_3

左に行くと高尾山の山頂まで行けるようだ。実は、ここは高尾山に登る裏ルートになっていて、そのせいか登山客が多い。

高尾山、山頂というのは、付き合いきれないので、とりあえず右に行ってみよう。

右に行くとこんな感じ。

Photo_4

序盤は未舗装ながらさほどの坂ではなく、走りやすい。

途中、道の真ん中で地面に向かってビデオカメラを撮影しているおじさんが居た。自転車を降りて様子を見てみると、どうやら地面に止まっているアゲハ蝶を撮影中の様子。なかなか撮影が終わらないので、自転車を押して近づくと蝶が逃げた。おじさんようやく私に気づく。

「あ、どうも... 自転車でどこまで登るんですか?」「いや、とりあえず、行けるとこまで」「この先、小仏峠まで道は悪くないですよ...いやあ、目的のものが撮れましたよ...」「すいません、逃しちゃって」「いや、また戻ってきます。ここが水飲み場だって、わかってますんで。」

この先、道は悪くないと言われて、再スタートしましたが、この先途中から坂の斜度が急激にアップする。途中舗装路もあるが、未舗装になると、かなり岩まじりの道になり、走り難い。しかも、登山客が多い。なにしろ、私の場合マウンテンバイクに乗っている割には、テクニックもパワーも持ち合わせていないので、林道入り口から2km程↓

Photo_5

この辺で、断念、Uターンして引き返しました。

しかし、下りは下りで大変。登山客が多いので、うかつにスピードが出せない。岩場の激坂を下る場合、ゆっくり降りようとブレーキを使いすぎるとタイヤが滑って結構危険。仕方が無いので、自転車を押して行く。坂がなだらかになったところで再び乗って走って行くと、また、カメラのおじさんが地面に向かって撮影中。今度は自転車降りるのが面倒なので、蝶が逃げるのもお構いなしで、「すみませーん」と言いつつ通過。

家に着いて、ネットで再度調べてみると、この林道、あの先を登ると小仏城山、山頂となって、いい感じの場所に出るらしい。再度、この林道に挑戦するときは、日曜日は避けて、もう少し登山客が少なそうな時を狙って来よう。

本日の走行距離 62.1km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国立スタジオレベルマックスで練習

2010年08月14日 土曜日
とりあえず、曇り空のなか60km弱を自転車で走ったあと、16:00より国立スタジオレベルマックスでバンドの練習をしました。
バンドといっても、我々はギター2本、ボーカル2人のデュオなのですが....

次回のライブ予定 

8月21日 土曜日 国立リバプール 18:30

にむけて練習しております。
以前まで、国立リバプールに出る場合はビートルズディばかりで、おのずと演奏曲はビートルズナンバーばかりでしたが、次回はすべてオリジナルナンバーでいくことになっておりますので、ご贔屓の皆様は、ご期待いただき、お誘い合わせのうえ、御来場いただければ幸です。
相棒のKozyです↓

Dscf2308

今日は、練習の途中で、私がポップ曲のイメージが浮かんで、練習をちょっと中断して、「ダラララララ-] てな感じで作曲活動に一瞬突入。過去にもこんな感じで、何曲も作ってきたんだよね。
Kozyが
モンキーズみたいな曲だな
たしかに、そのイメージあり。これでひさしぶりに新曲できるかも?
練習後、国立駅前の居酒屋でKozyと二人で歓談。
今回のようにオリジナルが発表できる場があるのなら、新曲も作ってみよかな..



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイアンツ球場 野球観戦

2010年08月08日 日曜日
数年前から自転車に乗ってイースタンリーグ(日本プロ野球の2軍のリーグ)の試合を観戦するのが楽しくなって、良く出かけます。

贔屓のスワローズ、本日の日程は、よみうりランド、ジャイアンツ球場。
ジャイアンツ球場は入場料が必要だけど、落ち着いて観戦できるのでひさしぶりに行ってみることにしました。
国立の自宅からクロスバイクGiant Escape R1に乗って多摩サイを下流方面に走ります。多摩川原橋を渡る

Photo

私は、最近までこの橋の名前を「たまがわげんばし」だと思っていた。実は「たまがわらばし」が正解。まあそうとも読めるけど...←普通そう読む?
ここを渡って山の上にあるよみうりランドへの登り坂を登って、自宅から18km程で到着。
大人1人1000円のチケットを購入して中に入る。

Photo_2

入るとこんな感じで観戦できます。

Photo_3

スワローズの先発は左腕の赤川君。このところ、私がイースタンのゲームを見にいくと、3戦連続で先発が赤川君なんだけど、どうやら、ローテーション的に、彼は日曜日に登板するようになっているんだろうね。

彼も期待の左腕だが、どうもボールに威力が無いよね。今日も5回を3失点とゲームは作っているが..

ゲームの方はスワローズの打線が今ひとつで、2-4の敗戦でしたが、ひとつ収穫は2番手ピッチャーのルーキー平井君

Photo_4

この投手を見るのは今回が始めてだけど切れの良い球を投げます。この球場は球速表示が出るのだが、150km/hrが出てました。赤川の最速が140km/hrだったので、その差が際立って見える。

彼、まだ19才。今後に期待したい、注目選手です。

本日の走行距離 35.1km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小坂志林道 東京都で一番原生林な場所

2010年08月07日 土曜日
そろそろマウンテンバイクで走るネタも尽きてきたので、私の技量で走れるような今まで行ったことのない林道は無いかな?と、ネットで調べていると...

檜原村 「小坂志林道」と「矢沢林道」

どちらも未舗装のピストン林道だけど、なかなかいい感じの道らしい。じゃあ、この辺に行ってみようかな。
マウンテンバイクに乗り、自宅、国立から多摩サイを上流に走っていると、多摩サイに救護隊員が入っている。どうしたのかと思ったら、ロードバイクの自転車野郎を担架にのせて救護している。事故があった様子も無いのでどうやら熱中症で倒れたみたいだ。この暑さだからね、まったく人事じゃないよ、気を付けないと。
その後、睦橋通りから武蔵五日市駅へ

Photo

ここを左折して檜原街道に入ります。
檜原街道を走ること12km程で、小坂志林道方面に曲がるポイントがあります。

Photo_2

ここを左の道に入っていくと小坂志林道の入り口が現れます。

2

ここから道が未舗装になります。
普通、林道というのは山の斜面をジグザクに登っていくイメージがあるのだが、ここは珍しく、直線的にしかも緩やかな登りで川に沿って進んでいく。川沿い道で森の中なので、涼しいです。夏走るのにはいいです。

1

横を流れる川の川辺に簡単に行ければ楽しそうなのだけど、残念ながら、道から川までかなり高度のある谷になっていて簡単に近づけそうに無い。多分、川辺に行けるポイントは探せばあるんだろうけど、今日は初めての道なので、それを探している余裕は無い。
これだけ直線的にしかも3kmを越えるような距離を進むということは、ずいぶんと山奥へと入って行ってる訳だよね。しかし、行けども、行けども、先がある、という感じ。
家に帰ってからネットで地図を確認したら、Google MapもYahoo Mapもこの辺は詳細な地図が無く、広域地図しか無いんだよね。そのくらい山奥ってことか。
3.4km走ってとりあえず終点に到着。

Photo_3

ここから先は、落石等で危険だから入らないように、と注意書きがある。この先の様子は

Photo_4

ここまでの道とは打って変わって激坂です。未舗装でこの激坂は、私の技量では無理なのであっさり諦めました。
横に看板がある。

Photo_5

檜原南部都自然環境保全地域。家に帰って調べたところ、この辺は東京都唯一の自然環境保全地域だそうです。簡単に言うと、この辺が東京都で一番原生林な場所という事らしいです。
今日は初めての道だったので、少々余裕が無く、終点まで行ってただ戻って来るので精一杯だったけど、次回はもうちょっと原生林を味わうようにしたいね。
本日の走行距離 82.5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍畑から梅の木峠 東京都レンジャー

2010年08月01日 日曜日
今日も暑いけど、とりあえず休みの日は自転車というのが習慣になってしまったので、今日も出発します。

暑いときは山登だろ! 山の上は涼しいし

新たなルートをネット情報で探す時間も無かったので、ついこの間登った梅の木峠に、今回は前回と逆方向、軍畑方面から登る事にしました。
マウンテンバイクで自宅国立を出発して
多磨サイ→羽村→奥多摩街道→青梅→青梅街道→軍畑
と走って軍畑大橋↓

Photo

を渡って対岸の吉野街道に移ります。軍畑大橋から見る多摩川はこんな感じ

2

吉野街道を少々登って、左に梅の木峠への入り口があります。そこを入っていくと

Photo_2

ここを少々登ると、林道の入り口になります。

Photo_3

この林道、反対のつるつる温泉側から登ると2.9kmで峠に到着しますが、こちら側からだと、4.7kmあります。しかも4.7kmのかなりの部分が激坂という結構厳しい道です。もっとも全線舗装路なので、元気の良いロードバイク野郎はガンガン登ってますが。
2km程登った所で、登って来た道を振り返るとこんな感じ

K

この林道はさらに色々な林道に枝分かれしているようで、林道の入り口が結構現れます。まず「林道桧岩線」、結構険しそう..

Photo_8

次に、「林道三門口線」

Photo_5

この林道は

2_2

試しに行ってみても面白いかも..

私の方は例によって激坂は速度を落として

登りながら休む走法

で走るのですが、横を3人組のロードバイク野郎が追い越して行った。

しかし、ロードバイクのギアでこの激坂を登れるだけでもすごいと思うけど、あのスピードはすごい。やっぱり若い奴にはかなわない。

途中、踊り場のような所があった

25k

最近気づいたのだが、主要な林道には途中にこういう平坦な広場のような所が設けられている場合が多い。それがどこも同じような感じの作りなんだよね。自転車で登る立場から言うと一休みするのに非常に便利。これはやはり林業の作業上の必要性からあるのでしょうか。

同じ場所を谷側を見るとこんな感じ

25k2

峠直前に景色が開けるところがあります。

2_3

で、梅の木峠到着

Photo_6

峠に着くと、そこに

いかにもトレッキングスタイルという感じの男女と一緒に

高そうなビデオカメラを持った男という構成の一団が居た。

私が峠に到着直後、やれやれ、と思っているところに、トレッキングスタイルのお姉さんの方が話しかけてきた。

「こんにちは」「あ、こんにちは」「これから、また登るんですか?」「いや」つるつる温泉の道の方を指して「もう、こっちから降ります」 私が登って来た道を指して「こっちはどのくらい登って来たんですか?」「こっちは4.7kmくらいありますよ」「じゃあ1時間位で?」「いや、私はすごく遅いですけど1時間はかからなないですね」「下りは速いですよね」「そりゃ、下りは、あっという間」「いつも、自転車で山登りしているんですか」「そうですね」「この辺りの道を走ってるんですか?」「ええ」梅の木林道の方を指して「この道も行ったことありますよ」「ああ、私もこっちは行ったことあります、わからない道に入って迷ったりしませんか?」「いや、わかってる道しか走らないから..」「そうですか..実は私は東京都レンジャーと申しまして、この辺の登山道の整備を仕事としているものです」と、手のひらサイズのパンフレットをくれた。「ああ、そうなんですか」「山道はくれぐれもお気をつけて走ってくださいね」「は、わかりました!」

そばに居たカメラのお兄ちゃんが、「実はカメラはフジテレビのものでして、この度、東京都レンジャーさんの活動を同行して取材しております。今の映像をテレビで使用させていただくかも知れませんが、その際はよろしくお願い致します」

「はあ、そうですか..」

なに、今のカメラで撮ってたの!

その際はよろしくお願い致します、ってなによそれ、勝手に俺の映像テレビに出しちゃうの?それは非常に実はうれしいけど..

と思っている間に、彼らはスタスタと登山道を登って行く。

あ、そうだブログ用に、こっちも逆取材してカメラに奴等を撮っちゃおう、と思って慌ててカメラを用意して撮影。

Photo_7

林道に消えゆく後ろ姿を辛うじて収めるに留まった。

梅の木峠からの眺めです。

3

本日の走行距離 75.2km

フジテレビ、放送するかな?

いまいち話がつまんなかったからボツかな?

わかってりゃ、もう少し面白い事言ったのに...

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »