« 林道 梅の木線 | トップページ | 林道 北大久野線 あの世の道 »

大垂水峠 相模湖

2010年05月04日 火曜日
GWはまだ続きます。今朝起きて、また良い天気なので、どこに行こうかとネットで検索。さんざん調べた挙句、よしここの林道でいこうと、はりきってマウンテンバイクに乗ろうとしたら..

後ろのタイヤがブヨブヨ!

昨日
、帰り道に後ろのタイヤの空気が抜けて自転車屋で空気を入れてとりあえず復旧した話は書きましたが、復旧したので一時的に空気が抜けただけかと思っていましたが、一晩過ぎて、また空気が抜けてしまうと言うことはパンクと判断せざるおえない。
そこで、後ろのタイヤを外してチューブをあらかじめ用意していた予備のチューブに交換。この作業、あまり慣れていないので結構大変でした。パンク修理というと洗面器の水にチューブを沈めてパンク箇所を探してパッチを張るのが一般ですが、走っている最中にパンクした場合そんな事はやってられないので、予備のチューブを用意しておいてそれと交換してしまいます。これが可能なのはタイヤをレバー操作だけでクイックリリースできる自転車だけに通用する技ですが。チューブ自体は800円弱で買えるので自分で直すなら、パンク修理を頼むより安いし。
これでとりあえず復旧。

ただ、スペアのチューブがなくなったのと、昨日の一件で今使っている携帯用空気入れがまったくあてにならない事が判明しているので、とりあえず、自転車屋によってチューブと携帯用空気入れを買うことにしました。
行きつけの自転車屋でチューブを買ったのですが、携帯用の空気入れで英式のバルブに対応してるものは無いという事。仕方が無い、空気入れはネットで買うことにして、今日はまだ後ろのタイヤが不安なのでマウンテンバイクは一晩たってOKかどうかわかるまで置いておこう。

そういう訳で、一旦自宅に帰ってクロスバイクに乗り換える事にしました。何だかんだで、もう時間も13:00をまわってしまったので、とりあえあずクロスバイクで手っ取り早くいけるところと考えて浮かんだのが

相模湖

途中の大垂水峠も一般道で、クロスバイクで問題ない程度の斜度だし。時間的にもそんなに遠くないのでOKでしょう。

と、時間が無いのでクロスバイクで走り出しながら決めました。

(他にも候補はあったんだけど走りながら決めた)

相模湖の場合、とりあえず高尾まで、浅川サイクリングロードで行く事になります。浅川サイクリングロード、日野から乗ってから南浅川に分岐し、10km程行ったところで、浅川自体を何やら工事中。

Photo

付近の人の話を聞くとここの川の上に施設を作るとか言っている。それはないでしょう!せっかく良い雰囲気の川を暗渠にするというのは?真意の程はわかりません。

さらに先に進むと今度はこんな景色が

Photo_2

そういえば、明日は端午の節句ですよね。すごい鯉のぼりの数。なにやら端午の節句のお祭りをしている模様。ここのお祭り箇所を抜けるのにはすごい人ごみで苦労しました。途中屋台でうまそうなものがあったが、時間が無いのでパス。

さらに行くと浅川サイクリングロードの終点というか行き止まりです

Photo_3

ここを左に行くと甲州街道に出られます。さらにちょっと行けば高尾の駅前を通過します。甲州街道をさらに行くと高尾山口駅

Photo_4

高尾山がミシュランの三つ星をもらってから大人気で、特にGWの今日は大混雑のようでした。
さて、ここから登りになって大垂水峠に至ります。ここはロードバイクの自転車野郎が多い。足を鍛える練習コースとしては有名らしい、私は坂がきつい、と思ったら登りながら休む走法!でいくのでロードバイク野郎の比じゃない低速走法。(登りながら休む走法!に関しては養沢源流 を参照)。時々

がんばって!

と、声を掛けながら追い抜いて行くロードバイク野郎がいますがはっきり言って

余計なお世話です!

こっちはちゃんとポリシーを持ってあえてゆっくり登っているのだ!←負け惜しみ

そうこうしているうちに大垂水峠に到着

Photo_5

正直いって林道の峠をさんざん登った経験の私にとって見ればこの程度の坂は大した事ないね!←さんざん追い抜かれたくせに

ちなみにここの峠の名称は「おおたるみとうげ」です「おおだるみとうげ」のように「た」が濁らないのが正解。なぜ「おおたるみとうげ」と名付けられたのだろうか?なにか非常にたるんだものがあるのだろうか?まわりの風景は

2

こんな感じで、いわゆる切り通しの峠で眺めもなにもありません。とくに「たるんでいる」様子も無いけど。

峠を越えてからは当然下りで、6k弱で相模湖に到着

2010

ここは人造湖なのだけれど歴史が古いせいか、射的場があったり、「遊覧船のりませんかー」という客寄せの声があったり、昭和の鄙びた観光地を感じさせるところがあります。何となくそんな懐かしい感じが私は好きで、時々来たくなるのです。遊覧船のスタイルも昔ながらの白鳥型だし。今、急に思い出したけれど私がまだ小学校に上がる前に両親に連れられて箱根の芦ノ湖の遊覧船に乗せてもらった事があった。多分その印象と重なるのでしょうね。

ところで、目的地に着いたので、おにぎりを食べる訳ですが、最近私が専らおにぎりと一緒に飲むのがこれ

2_2

野菜と果物!、これ結構おいしいですよ。

 

さて、帰るとするか。ここの場合また大垂水峠をもう一回逆から越えなきゃならないんだよね。まあ、自転車野郎としてはそれも楽しいんだけど…

本日の走行距離 73.6km

|

« 林道 梅の木線 | トップページ | 林道 北大久野線 あの世の道 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482710/39211712

この記事へのトラックバック一覧です: 大垂水峠 相模湖:

« 林道 梅の木線 | トップページ | 林道 北大久野線 あの世の道 »