« 2008年9月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

今シーズン第2戦

先週の土曜日今シーズン野球、第1戦の後、高校時代の集まりがあって、泥酔状態で帰ってきてそのままバタンと寝てしまった事は以前にも書きましたが、どうも翌朝起きてみると左側 の歯が上下とも違和感がする。
私は酔っぱらって寝ると歯軋りする癖があるので、以前にも歯が痛いので歯医者に行ったら、

虫歯じゃなくて圧力がかかったのが原因でしょう

と言われて、ほっときゃ直るみたいな感じで薬だけもらって、帰ったことがありました。
実際、ほっといたら直ったんだけど。

そう言えばその際に歯軋り対策マウスピースみたいなものをわざわざ歯形に合わせて作ったんだけど、それを付けると気になって眠れないんだよねー。←無意味

そうか、泥酔したときだけでもあのマウスピースを使えば効果があるんだ、と自覚。

今度からそうしよう!

ただ、泥酔状態で寝る前に、マウスピースを付ける必要性、などという論理的な思考が働くがどうか、という点で実現性に疑問が残る。

で、その日は違和感ぐらいで済んだのですが、翌日の朝には明らかな痛みとなってきて、翌々日、火曜日の朝には激痛状態。
たまらず歯医者に行ったんですが。かみ合わせの再調整をして。

軟膏塗っときました、薬出しときましょう

というだけで終わりでした。基本的はほっときゃ直るというスタンスは変わらず。
軟膏って効くの?気分的には注射針で膿をキューと吸い取ってもらって、「すかっり痛みが無くなった」という展開を期待していただけに少々落胆。

まあ、虫歯じゃないので治療のしようがないのでしょうが...
結局3日間にわたり激痛状態。なにしろ同じ箇所が上も下も痛いので性質が悪い。下あごの辺りは明らかに腫れて膨らんでくるし...

しかし、4日目になると改善の兆しが見え始め、翌日の土曜の朝は

完全復活!

さすが、週末に遊びたいという強い潜在意識の効用であろうか。

前振りがえらく長かったですが、ココから本題。

本日は先週に引き続き、またまたAM9:00から今シーズン第2戦であります。
例によって朝7:00に自宅の国立をクロスバイクで出発。目的地は光が丘公園。府中街道→五日市街道→青梅街道→千川通り、と快調に走り西武線の踏み切りを渡ったところで、右折して線路沿いを行けばそのまま千川通りなのですが(先週の小豆沢公園へのルート)今日はそのまま北に上がる道を走ります。

このまま、単純に道沿いに行くと、不思議な事に光が丘公園にぶち当たるという事になっているので、楽勝、楽勝!

楽勝、楽勝と走っていったら、いやに道が狭くなってきた。

これ、道間違ってない?

という不安がよぎるが、初心を曲げずに道沿い走り続けたら、案の定大きい道に突き当たってしまった。
さすがに地図を出して確認したところ、道が狭くなった直後の信号で微妙に右の道にスイッチする必要があったようです。

なるほど、ひとつ学習、というわけで、難なくリカバリーして現地に到着。

さて、野球の試合の方ですが、

4-6の惜敗!

なかなか、野球のスコアらしくなってきたじゃないの

ちゃんと7回までやってこのスコアだよ。

成長したな!

私も1打席目に今シーズン初ヒットを打ったし。守備機会もそれなりに無難にこなしたし、おまけに試合後に都立公園のスポーツ施設の利用者登録もしちゃったし。OKOK!

1

↑惜敗にも余裕の我がチームの勇士!

この調子で、来週、健保大会の1回戦でありますので、更なる成長に期待しましょう!

本日の走行距離 53.3 km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津久井湖周遊

3連休3日目。
3日連続で天気が良い、ということは、3日連続で自転車で出かけることを意味しているわけで、今日も出かけました。
このところ青梅、五日市近辺が多かったので、今日は相模原方面、津久井湖に行くことにします。津久井湖の北側に、なかなかいい感じの道があって、そこを含めてぐるっと1週するという事で決定。自宅の国立から多摩川石田大橋を渡って左折すると通称・浅川サイクリングロードに入れます。その後、湯殿川→八王子南野→東京家政学院大、と通過して後は町中のごちゃごちゃした道を行って都井沢信号先を右に入ると津久井湖を回る県道に入れます。

20101

このまま行くと三井大橋をわたってショートカットして戻ってきてしまうので、橋に向かう手前で右の道に入ります。ここから、道の雰囲気が一気にローカルな感じになるのですが、しばらく行くとさらに道が細くなる。

Photo

左側にある注意書きが五七五なのが渋いね。
ここから先は林道のような雰囲気になります。ただ、林道と違うのはこんな狭い道なのに結構車が走ってきてめんどくさいところ。しかも見通しの悪いカーブからいきなり車が現れたりするので厄介。この道、こんなに狭いのに一応県道のようです。普通絶対すれ違えないような、こんな道、車で走りたくないよね。(途中に何箇所かすれ違い用のスペースがあるけど)きっと、地元の人には貴重なルートなのかもしれない。

Photo_2

林道風の狭い道を抜けてしばらく行くと「名手橋」に出ます。実は高所恐怖症の私には眺めを見る余裕が無い。

1週してきてココでちょっと一休み。

Photo_3

昨日は梅干買ったし、なんかビールのつまみになりそうなお土産は無いかと探したところ。

自家製キムチ\500!

Photo_4

「自家製だからおいしよ」と朝鮮人風のおばさんに言われて買いしました。しかし、津久井湖とキムチの関係は?ないよね。

家に帰ってビールを飲みながらキムチを食べながらこのブログを書いていますが、確かにおいしいです。後から辛さがジワっと来るのが自家製独特の感じかな?

さて、帰りの八王子南野の以前マウンテンバイクで平地自己最高の42km/hrの速度が出た道で、若干の追い風をいいことに、ためしにクロスバイクで踏み込んで加速してみました。すると出ました新記録。

44.5km/hr

本当はもっと踏み込めばさらに記録が出そうだったけど、少々怖くなってしまって自粛しました。

本日の走行距離 60.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホオバ林道

今朝、起きると我が家のubuntuサーバーの電源が落ちているのを発見。
このサーバーは通称sweetieサーバーと呼ばれ、結構活躍しているものなので、マズイマズイと慌てて立ち上げました。
どうやら昨晩、午前3時過ぎに我が家の付近で停電が発生したらしい。

「昨日、夜遅く、風と雨がすごくて大変だったから..」

とカミさんが言っているので多分そのせい?
私のほうは昨日、野球から帰った後、高校時代の友人の集まりに出かけて、
泥酔状態で戻ってきてバッタリ寝てしまったのでまったく気づかず。
(数十年ぶりの再会という訳で盛り上がって、ビールを大量に飲んだ)

さて、今日も天気が良いので林道にでも出かけましょう。頭痛がするけどこんなのは走ってりゃ治まる。今日はマウンテンバイクの方を選択して出かけました。

自宅の国立から多摩サイ→睦橋通り、で武蔵五日市駅到着
今シーズン初林道なので、少々軽めの林道という事で、ホオバ林道に行きます。
とりあえず、右折して秋川街道をつるつる温泉方面に向かおうと思ったら、

駅にいました、青春号です

Photo_2

なんか、好感が持てるんだよね、日出町営、がんばってるなーとい感じで。青春号というネーミングも、よろしいんじゃないでしょうか。ちなみに、青春号は日の出町立のつるつる温泉と武蔵五日市駅を結ぶ交通機関であります。
さて、秋川街道から「つるつる温泉入り口」みたいな信号を左折してじわじわ登って行くと、後ろからさっきの青春号が追い越していきました。
これって、よくあるテーマパーク内を走っている乗り物風ですが、それとは全然格違いの立派に一般道をガンガン走るバスの一種(クラスタのマスターが「特殊牽引なんとか」の一種と言っていた。多分トレーラーの仲間)なので、尋常じゃないような迫力で追い越されるので少々怖い。私の尺度で行くとダンプカーが一番怖くてその次がバスなのですが、青春号はダンプカーとバスの中間くらいのすごさ!
さて、それはやり過ごして、「さかな園」を過ぎたあたりで右側に林道の入り口があります。

Photo_3

西の入り・ホオバ沢線というようです。ホオバというのは木の名前らしい。カミさんが「ホオバの葉は料理に使うのよー」と言っていた。でも、ホオバって発音しにくいよね。私だけ?







昨日の大風の影響で木の枝が折れかかって邪魔しています。写真ではよくわからないですが、入り口から少々は結構な激坂です。

2_3

激坂の連続といっても登りの距離で1.7km程度なので、「やっぱり来るんじゃなかった」などと泣き言を言う前に終わってしまう感じです。

さて、この林道の魅力は実は峠を越えた先にあります。

201001

「若駒の郷」という乗馬クラブの牧場があります。いつも思うのですが、馬はいるのだが、(この馬が結構人なつっこい)人が誰一人見当たらないんだよね。
以前、最初にこの林道を登った時は驚いた!峠の先にこんな風景があるなんて想像していなかったのでまるで夢の中の出来事のようでした。
今日も誰も人が見当たらないので、草の上に腰掛て景色を堪能しながら、コンビニで買ったおにぎりをいただきました。

この風景、貸切状態!幸せ!幸せ!

峠を超えて抜けた先は、梅ヶ谷峠 の道に突き当たるのでここを左折して梅ヶ谷峠を越えて、青梅の方に行くことにしました。吉野街道に突き当たる直前に発見。

Photo_5

梅干、1パック100円から

青梅といえば、「梅」
先週、吉野梅郷に行ったよなー。梅といえば梅干か、無人販売なので、「お金を入れてください」と書いてある缶に200円入れて200円のパックを買いました。
梅干って、結構ビールのつまみになるんだよね。家に帰って食べてみたら、結構すっぱい。普段食べているスーパーで買ってきたものと比べると塩分が少なくてすっぱさが強い感じ。カミさん言わせると

「本来の梅干はすっぱいのよ」

ということでした。なるほど。

さて、帰りの多摩サイですが昨日からの強風で行きは逆風で我慢の走りだったのですが、帰りは追い風!

快調、快調!と、見通しのよいところで、ためしにギアをトップにして、エイとばかりに踏み込んでぐんぐん加速したら

なんと40km/hrが出ました

平地でマウンテンバイクでとしては準最高記録です。

(最高記録は42km/hr八王子南野、ただ若干の下り坂なんだよね)

本日の走行距離 62..2km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球シーズン開幕

3月20日今シーズン最初の野球の試合です。
朝7:00にクロスバイクで国立の自宅を出まして、板橋に向かいました。
目的地は「小豆沢公園野球場」←なんと読むんでしょう?

まさかコマメサワ公園じゃないよな、アズキサワ公園もいまいちゴロがわるい

などと考えながら府中街道→五日市街道→青梅街道→千川通りと走る。
土曜の早朝なので道がすいてて快調!
と、思ったのだが、練馬のあたりから道が不案内で地図を確認しながら、
なのに加えて道がぐちゃぐちゃで信号ばかりあってスローダウン。
9時試合開始、7時に出れば余裕だね!
と思っていたが、少々あせる..

9時試合開始なので念のため8時集合!

などと理不尽な事を言っているうちの監督の顔が浮かぶ。

しかし、人に道聞くにしてもなにしろ目的地の読み方がわかんないしなー。

などと考えているうちにとりあえず無事時間前に到着しました。
(あずさわ公園が正解でした、これって常識か..)

さて、試合の方は、

2回以降は互角の展開

でしたが..
なにしろ、先発のエース件監督が初回からフォワボール連発。
たまらず出したリリーフも同様で、

1回の表に10点とられた!

審判もよく数えたよな..

私も2打席ノーヒットなので偉そうなことは言えないけど
(ショートフライ、サードゴロ)

と、いうわけで元気に自転車+野球を楽しみました。

Photo

←大敗にめげない我がチームの勇士!











本日の走行距離 61.6km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺滝

今日も天気がいいので、当然2日続けて自転車で出かけます。
自転車で出かけるという決意は微動だにしないのだが、どこに行くか決めてなかった。

なにしろ、朝起きてから行き先探しているので、早く決断しないと時間がなくなる。

昨日は青梅方向に行ったので本日は檜原村にしよう。ネットで檜原村を調べると檜原村のホームページに檜原滝めぐり というのがある。

よし、じゃあ滝に行こう!

払沢の滝は何度もいったし、天狗の滝は山の中腹まで上るのが大変そうだし、龍神の滝ってコレがよさそうだけど、数馬まで行くほど元気がない。

そうなると吉祥寺滝

コレで行くか。ネットで評判を見ると、

「滝というより単なる濁流」

という評価。まあいいや、消去法の結果コレしかないのだから。
という訳でで行ってきました。

武蔵五日市駅を左折して檜原街道に入り、10km弱じわじわとしたのぼりを走る。檜原村役場の先のT字路で右に行くと払沢の滝、ここを左に行くとすぐに、ありました「吉祥寺滝」バス停。バス停のちょっと先に川に下りる階段に吉祥寺滝の案内がある。
さっそく自転車を止めて階段をおります。
すると、早くも行く手を阻む難関が。

Photo

←倒木が階段をふさいでいる!この滝、誰にも相手にされてないって雰囲気が..昨日の吉野梅郷の観光地化とえらい違いだな。
まーいいや、誰も来ないって事は貸切みたいなもんだから。倒木をくぐって難なく通過。
自転車用ヘルメットとグローブが大いに役に立つ。





さて、結局その「吉祥寺滝」は多分コレです↓

Photo_2

多分、というか予想通りただの濁流だったので..たぶんこれがそうなんだろうな、というしかないです。

だれもいない川べりに腰掛けて濁流を眺めながらコンビニで買ったおにぎりを一人で食べて帰って来ました。

本日もいい天気の中、自転車で走れて満足、満足!

本日の走行距離 67.2km

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

自分自身に対する動機付け

良い仕事をするのに一番大事な事は「動機付け」じゃないかと私は思います。常に新鮮な気持ちで新しいアイディアを模索しながらどんどん前に進んで行く。その思いを維持する事、それが自分を、周りを幸せにするキーなのだと思います。

そのためにも、私は休みの日は一旦仕事の事はすっかり忘れることにしています。

このブログは、今のところ休日に書く習慣になっていますので、内容は自然と、自転車、野球、音楽といった話になっておりますので、ひとまずご承知置きください。

なお、ブログ中の写真はクリックすると拡大いたします。山中の風景などは、より一層のリアリティが感じられると思いますので、ぜひ、お試しあれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野梅郷から二つ塚峠

さて、今年の自転車シーズンもいよいよ開幕。久しぶりに天気のよい週末です。
やっぱり今の季節、梅でしょ。いつも青梅近辺を走っているのに、行ったことのなかった梅で有名な青梅の名所を見物するには今しかない!とばかりに、出かけました。吉野梅郷です。

Photo

自転車で走っている最中に「しまった、日向和田の駅からの地図を印刷するの忘れた!」と気づいたのですが、心配する必要は無かった、駅から公園まですごい人並み。自転車も途中から押して歩くような状態。

2

たしかに見事なほどの梅の木ですが、ちょっとピークを過ぎていたのかもしれない。それほど圧巻という印象はなかった。

というよりも、元々自分には梅の風情を味合うような趣味は持ち合わせていなかったのだ、ということに歩きながら気づきました。じゃあ、何でわざわざ 来たのかというと、まあ、

自転車で走るのが目的

だからいいのです。なにしろ白い梅の木を見てると、どう見てもポップコーンが木になっているように見える。

売店でポップコーン売ったら売れるだろうな、

などと考えながら歩く。梅見、梅見、ウメミといえば、ウメミオーラというNFLの選手がいたな..どんどん関 係ない方向に思考が走る。万が一タイトルを見てこれを読んだ正統派梅見系の方がいましたらごめんなさい。たんなるバカ話です。

5

さて、このまま走って帰ってしまうと走行距離が物足らないので、青梅から秋川街道に入り、二つ塚峠を越えて五日市方面に向かうことにしました。

二つ塚峠を素直に越さずに今日は峠の信号を左折。日の出町の最終処分場跡地の方向に行って見ました。

GoogleMapとかで航空写真で見ると、ここだけ広大に山が切り開かれていて気になるんだよね、どんなところか。サッカーのグランドらしきもの もあるし、池のようなものもある。以前からここが原因となって地下水が汚染されているとか、されていないとか..議論されていますし。

個人的には梅よりも 興味あり。

信号を左折してしばらく下り道が続いていきます。思ったとおり殺風景なところだなと思っているとグランドらしきものが見つかりましたが、金網の 中にあって近づけない。

うーん実に怪しい。

Photo_3←グランドの照明が見えるでしょう、でも中に入れません。ここで行き止まりです。

2_2

右側に「日の出斎場」があります。斎場の中に入ればもう少し先が見えそうで出したが、自転車野郎の恰好で一目で「斎場」と関係ないと思われるヤツが中に入るのも迷惑だろうと自粛しました。しかし、金網の中で近づけないグラウンドってなに?グラウンドも含めて金網の中に人影は一切無し。

謎だ!

というわけで、梅と最終処分場というなんのポリシーもない記事になりましたが、結局、

自転車で走るのが楽しいだけですから...

本日の走行距離70.1km

 

続きを読む "吉野梅郷から二つ塚峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2010年4月 »